【ラーメンセンター 筑紫野本店@小郡市乙隈】 ラーメンセンターの新時代が到来

小郡市乙隈にある、「ラーメンセンター 筑紫野本店」 をご紹介します。
2017年7月にオープンした、まだまだ新しいお店。

国道系ラーメンとも言われる ”ラーメンセンター” の名を冠する(というかそのものが店名という)ニューカマーです。

九州ウォーカーの情報によると・・・「店主さんは元々、自らスープを手作りするほどのラーメンマニア。その後、福岡の有名店で修業を経てオープンへと至った」そうです。

 

1 ラーメン(2018年2月)

老若男女、コッテリ派/アッサリ派を問わず受けとめる懐の深い一杯!

あの ”丸幸ラーメンセンター” や ”丸星中華そばセンター(丸星ラーメン)」 に” に端を発する ”ラーメンセンター” というカテゴリ。

実は2017年から、新時代 ”ラーメンセンター” が再び広まりつつあります。

・2017年2月 博多ラーメンセンター 源龍@博多区立花寺がオープン
・2018年2月 博多だるまラーメンセンター@東区蒲田がオープン

ずっと気になっていたこちらのお店にも、ようやく行くことができました (^^ゞ

 

アクセス

久留米市から、筑紫野市へと続く、県道53号線
その中ほどにある 四三島交差点そばにお店があります。

 

店舗外観

トレーラーも余裕で入れる広い駐車スペースを進むと・・・

正面に黒い建物が。
この日も次々に、おっちゃん達(僕を含む)が吸い込まれていきます(笑)

イマドキ感など全くナシ!武骨な佇まいがむしろ清々しいですね (^^ゞ

 

おしながき

まずは入口を入ってスグ左手の券売機へ。

ラーメンはモチロン、とんこつ1本!
バリエーションもピリ辛チャーシュー麺と極めてシンプルです。

デフォは500円=お手頃なワンコイン設定です。

セットものは、餃子・おにぎり・半チャーハンなど。
残念ながらチャーハンの提供は、平日=14時以降となるようです。

ちょっと残念だけど、ここは大人しく単品をデフォをいただくことにしました。

 

店舗内観

大きめのテーブルが数多く並ぶ店内。
まだ新しい事もあり、清潔感があります。

店員さんの対応、雰囲気もイイ感じ。
テキパキ感はありつつ、好感が持てる感じでした^^

 

卓上調味料

卓上にはラータレ、コショウ、紅ショウガがスタンバイ。
丸幸・丸星と同じく、ゴマはナシのようです。

 

老若男女、コッテリ派/アッサリ派を問わず受けとめる懐の深い一杯!

あっという間に着丼。
このスピーディーなサーブもサービスのひとつだと思います。

いい塩梅に白濁したスープに、チャーシュー2枚と海苔が浮かぶシンプルな出で立ち。

ではでは早速スープをズズっと・・・うん、旨いっ (^o^)

しっかり熱々のスープは、充分なコクを感じさせつつ野暮ったさの無い仕上がり。

ふくよかで甘みがありつつ、しつこく後を引かないバランス感がイイですね~♪

タレの加減もまさにピシャリ
コクのあるスープの輪郭をキレイに、しかし主張し過ぎることなく描いています。

世界観は壊すことなく、しっかりと現代にマッチした味わい。

老若男女を問わず、コッテリ派/アッサリ派を問わず、しっかり受けとめてくれる懐の深い一杯です^^

 

麺もバランスの良いチューニング。スムーズ&イッキにお腹へ♪

麺は定番の細麺ストレート
ガッツリと久留米に寄ることなく、バキバキの博多寄りでもない。

非常にバランスの良いチューニングです。

適度にしなやかさを持ちつつ、啜り心地もなかなか^^
スムーズ&イッキにお腹へと収まっていきます。

麺量は100g位かな。
控えめなので、男性だと替玉・サイドメニューが欲しいところかと思います。

 

シンプル具材。しかしそれがイイ

チャーシューはイニシエ系ほど割り切らないものの、シンプルなタイプ。
脂身・味付けは控えめで、麺と馴染む薄切りにカットされています。

途中からはコショウをパラリと、紅ショウガを添えてアクセントを。
定番のパターンで楽しみました。


 

キッチリと期待に応える安定感 (^o^)

おじいちゃんから、子どもまで。
くさくて重い豚骨ラーメンが苦手な女子だって。

幅広い属性に受け入れられる、優れたバランス感を持つ一杯だと思います♪

30年、50年と愛される、小郡(筑紫野?)のソウルフードになって欲しいです。

ラーメンセンターの新時代。次はどこへ?
東区~宗像あたりのイーストエリアあたりかも?
※根拠は無いです(笑)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

ラーメンセンター 筑紫野本店