際立つ個性より、丁寧&洗練された感がある醤油とんこつ

ガツン (1)

らーめんガツン!!@福岡ラーメンショー2014
ラーメン

 

 

第一幕に登場した、宮崎ラーメンの筆頭格と言われる「風来軒@宮崎系列のお店が、こちらの「らーめんガツン!!@宮崎」です。

 

…え~今、記事を書いていて知りましたが、こちらのラーメンは”家系(いえけい)”とのこと。

公式サイトで明言されていました^^;

 

家系ラーメンとは横浜のご当地ラーメンで、屋号に”~家”と付くお店が多いことから名づけられました。

起源である「吉村家」「六角家」「壱六家」などなど。

福岡にも「入船食堂@住吉」や「無邪気@七隈」などがあります。

 

福岡ラーメンショー2013&2014には、のべ48軒(27ブース・コラボ有)が出店してきましたが、何と「家系ラーメン」は初めて!

カテゴリーとしては一大勢力&高い人気を誇るにも拘らず、これは意外な状況。

 

いよいよラストの24ブース目で気づくとは(^^ゞ

何はともあれ、風来軒のクオリティから考えると、期待できそうです。

 

イベント店舗外観

ガツン (4)

 

際立つ個性より、丁寧&洗練された感がある醤油とんこつ

ガツン (1)

表層を覆う鶏油(チーユ)の薫りがフワリと漂います♪

豚骨に鶏を加えたスープ。

コッテリとした旨味は感じさせつつ、妙な重たさやクセはありません

風来軒もそんなイメージでしたが、地道な仕事(仕込み)をキッチリと丁寧にしている印象です^^

 

醤油とんこつなので見た目は茶褐色

ですが、過度に元ダレを立てないマイルド仕様です。

ドカン&ガッツリという家系というより、洗練された醤油とんこつというイメージ。

 

オーソドックスな太めのストレート麺。仕上がりはキッチリ

ガツン (3)

やや太めストレート麺

加水率は高めモチモチとした弾力を感じさせる”らしい”麺です。

 

この麺自体は違和感なく旨かったけど、個人的にはもう少し太めの麺で食べて見たかったかな^^;

しっかりしたスープなんで、もっと強い麺でも全然イケるのではないかと。

 

定番具材をトッピング。チョイさみしめだけど家系風のビジュアル

ガツン (2)

家系ラーメン定番の具材と言えば、海苔・ホウレン草・うずら玉子・チャーシュー・ネギなど。

1~2個でも良いんでうずら玉子は入れて欲しかったな~(^^ゞ

 

取りあえず家系の具材はある程度、乗っている感じですね。

逆に家系でキクラゲは初めてかも。

 

 

決して家系ラーメンに詳しくない僕ですが、”家系好き”な方を納得させるのは難しいかも…(汗)

逆に先入観を持たず、醤油とんこつとして食べた方は納得かな?

 

僕としては本当にモッタイナイな~というのが率直な感想です^^;

素材も吟味し&キッチリと作られていて味もちゃんとしているのに、それこそガツン!!とKOする何かが足りない感じ…。

 

敢えてバランス感を崩してでも、心情に訴えかけるようなポイントがあれば劇的に変わるのではないかと。

そもそも家系は、ワイルド感が魅力のオフェンシブなジャンルだと思うので…いかがでしょう^^;?

 

僕の戯言はさておき、食べ終えて確信しました。

「家系ラーメンは、こういったイベントに於いて圧倒的に不利なジャンルである!?」と。

 

①調味料が自由に使えない

おろしニンニク、辛味噌、コショウ、お酢など、食べ進めながら味変を楽しむのは家系の醍醐味!
味が分からない最初から入れるのもアレだし…楽しみが半減してしまいます(/_;)

 

②ごはんと食べてこそ

家系は濃いめ&カラメのスープで、ごはんと共にイッてこそ!
とは言えさすがに、ここでラーメンライスは厳しいですよね(/_;)

 

③会場にはレンゲが無い

これは家系に限らずですが、表層を油が覆う系のラーメンはレンゲなしだとツライ(涙)
丼から直にスープを啜ると、油ばっかり啜ってしまう事が多々…。
そう言う食べ方に慣れていないと、ナカナカしんどいです(/_;)

 

ハマると本当に魅力的なジャンルだけに、こういう機会にこそ出会って欲しいジャンル。

しかしそのハードルは、思いのほか高いですね~。

 

店舗情報はこちらから

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方からの来店等の際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA