【らーめん八@久留米市東合川】 熱烈ファンを持つ「八っちゃん」のイズムを受継ぐ名店

久留米市東合川にある、「らーめん八」 をご紹介します。

八っちゃん 太宰府店」で修行されたご主人が営むお店。

一度食べるとやみつきになる♪」との声も多い、久留米の人気店です。

 

2 チャーシューメン(2017年10月)

焼めしと共にガッツリと! それが八ちゃんを全力で楽しむコツ

 

アクセス

久留米インターのスグ近く。
322号線沿い 立花うどんがある交差点を路地へ入ると、右手にお店があります。

 

店舗外観

オープン前から既にかなりの行列が。
開店と共に満席になり、待ちのお客さんがでていました。

という訳で帰り際にパチリ。
黒地に赤文字の看板&暖簾が力強い印象を与えます。

店頭には駐車スペースがあるので安心です。

 

店舗内観

一瞬で満席になったので写真は難しい状況^^;
こちらは前回訪問時のものです。

非常にお客さんが多いにもかかわらず、脅威のサーブタイム!
改めて回転率の高さに驚きました。

多くの人が焼めしをセットでオーダーするにもかかわらず、この早さは驚異的ですね~

 

卓上調味料

卓上には定番のアイテムがズラリと。

 

おしながき

ラーメンはとんこつ1本!
トッピングもチャーシューのみ

その他は焼めし、ギョーザとシンプルな構成です。

~14:30まで提供のランチメニュー
ラーメン+焼めしを別々にオーダーするより100円オトクになります。

焼めしは単品サイズというところがポイントです(^-^)

 

暖簾分け店とはかくあるべき! 一歩を踏み出すその旨さが新たな世界を

スムーズに着丼。
表層に脂が煌く、迫力あるビジュアルです。

では早速スープをズズっと・・・お~っ、コレコレ♪
初弾からノックアウトを狙ってくるような、ヘビィで図太い旨さが特長です。

とんこつ感もキッチリ。
かなりハードでワイルドなタイプなのに・・・どこか品がある。

八ちゃんのイメージを背景としつつ、新たな進化を遂げた一杯というイメージ (^^ゞ

暖簾分け店とはかくあるべき
そんな言葉が頭をよぎります。

 

麺の硬さで様々な表情が。 デフォは一体感が魅力

麺はやや細めのストレート
今回は敢えて普通の硬さでいただいてみました。

しなやかでスープの絡みも上々♪
パンチの効いたスープをスムーズに持ち上げてくれます。

個人的にはカタがベストですが、基本は非常にバランスの良い仕上がり。

バリカタというオーダーも結構耳にしましたが・・・
逆にどんな感じになるのか興味あるかも (^^ゞ

 

食べ応えある、アッサリとしたチャーシューがタップリと♪

具材はチャーシュー&青ネギと極めてシンプルな構成です。

チャーシューはシットリとした赤身がメイン。
前回よりは脂が入っていましたが、総じて脂身は少なめです。

このスープで半分が脂身のチャーシューだったら・・・さすがにクドイかも(笑)

味の濃さは控えめ、スープの味を壊さないバランス感。

しっかりとした食感を楽しめるチャーシューがタップリと入るので、食べ応えバツグンです♪

 

焼めし

ここに来たら確実に食べておきたいのが焼めし

ピンクの蒲鉾、天ぷら、豚肉、人参など。
豊富な具材と共に炒め、ホワっと仕上げた絶妙な一皿

そのままでもバツグンですが、ラーメンと共に味わえば旨さが2倍に膨らむのは皆さまご案内の通り (^o^)

久留米ではハシゴするので流石にそこまでは辿り着きませんが、できれば大盛をひとり占めしたいです(笑)


 

行列のできる人気店は、待ち時間が気になって気軽に足を運びにくい面も^^;

しかし、らーめん八は非常に回転が早いので、非常にありがたいですね~♪

ただし、お昼は11:30~14:30の営業(土日含む?)と意外にタイト。
ピンポイントに訪問したいですね。

こうなると再び(笑)
太宰府 八っちゃんも恋しくなるね~(^^ゞ

 

良かったらいいね!お願いします♪

1 チャーシューメン(2015年3月)

らーめん八 (1)

熱烈なファンを持つ「八っちゃん」のイズムを受継ぐ名店!

太宰府の「八っちゃん」、そして薬院の「八ちゃんラーメン 薬院店」

それぞれに熱烈なファンを擁する、福岡における重要案件のひとつ(笑)

今回の「らーめん八@久留米」は「八っちゃん 太宰府店」で修行されたご主人が営む、これまた人気店です。

…が、久留米における人気とは裏腹に、実は「はっちゃん」があまり得意でない僕は、今まで未訪だったお店だったりします^^;

しかしあまりに評判が良いので、どうしても気になる(^^ゞ
と言う訳で、行って参りました。

 

アクセス

久留米ICからほど近く。
野々下の交差点からIC方面へ、ひとつ目の交差点を左折すると右手にお店が見えます。

 

店舗外観

らーめん八 (10)

黒地に大きな赤文字の看板が目印です。

お店の前が専用の駐車スペースになっています。

 

店舗内観

らーめん八 (8) らーめん八 (9)

土曜の午後ということもあり、ランチ終了間際の時間でもお客さんが一杯

カウンター席、テーブル席共にほぼずっと満席でした。

すっごくお客さんが多いにもかかわらず、脅威のサーブタイム!

そのため回転率がビックリするほど高かったです^^

 

卓上調味料

らーめん八 (7)

卓上調味料は、コショウやゴマなど定番のアイテムが揃います。

 

メニュー

らーめん八 (5) らーめん八 (6)

メニューは「ラーメン」「焼めし」「めし」「ギョーザ」とシンプル。

焼めしや、ギョーザ&めしが付く、お得なランチセットがあります。

半チャーハンとかじゃなく、単品サイズと言うトコがステキ(^^ゞ

この日はチャーシューメンと、焼めし(大)をお願いしました。

 

コッテリとパンチが効いた味わいなのに、後口は思いのほか軽やか♪

らーめん八 (2)

先述の通り、サーブタイムは驚きの早さ!
あっという間に登場です。

ではではズズッと・・・こりゃ~旨いっ♪♪

コクとパンチのあるスープですが、コッテリと濃厚なのに後口が重くないんです^^

モチロンくさみは感じさせず
それでいて、とんこつらしい充実感は失っていないのがイイですね~

元ダレが過度に立つでも無く、弱くてボンヤリでもない。
ビシッ!と決まった絶妙のチューニングです。

 

久留米ではむしろレア!シャッキリと旨い細麺ストレート

らーめん八 (4)

麺は細めのストレート
適度にとろっとしたスープに良く絡み、何とも旨い^^

久留米の地にあって、博多ラーメンの細麺は何ともレアな存在。

いつも久留米系を食べていると、かなり細く感じるでしょうね~

カタでお願いしたところ、僕の好みにジャストでした♪

 

コッテリスープにしっとりとしたモモチャーシューがあ~う~

らーめん八 (1)

具材は超シンプルにチャーシュー青ネギのみ

僕はキクラゲがあまり好きでは無いので、むしろウェルカム(^^ゞ

チャーシューはモモを使ったしっとり赤身系

脂強めのスープにバラチャーシューを合わせないあたりが、心にくいですな♪

パサつきの無い上質なチャーシューでした。
食べ応えアリアリです(笑)

 

焼めし(大盛)

らーめん八 (3)

焼めしは大盛をシェアして頂きました。

このピンクのカマボコ…既にこれでシビれます♪

焦がし醤油が香ばしい、ふんわりウマウマの焼めしでした。

思いっきり一人で頬張りたい旨さですな(^^ゞ


 

いやはや想像以上の旨さに驚き!
失礼ながら僕の知る「八っちゃん」を遥かに上回る旨さなのですが(汗)

ちょっと忘れないうちに、太宰府に行ってきます^^;

 

参考:八ちゃんラーメン 薬院店

参考:八ちゃんラーメン 薬院店

ちなみにこちらは薬院の八ちゃん
こちらとは明らかにタイプが異なると思います(笑)

しかし「秀ちゃんラーメン@警固」もリニューアルバージョンがツボにハマったし…薬院も再訪すべきかも?

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

らーめん八