【もも炭火焼専門店 嵐坊 平尾店@中央区平尾】 重厚×豪快な鶏白湯ラーメンが登場

中央区平尾にある、「もも炭火焼専門店 嵐坊 平尾店」 をご紹介します。

宮崎名物、地鶏の炭火焼きを始めとした鶏料理を楽しめるお店。

ですが・・・つい先日より、ランチタイム(この時点では、木・金・土・日)にラーメンの提供を開始しました。

 

2017年11月 らーめん

鶏白湯&コッテリ好きなら、まずは一度味わうべし♪ 鶏専門店が手掛ける意欲作が登場

博多のあんさんのレビューでその存在を知り興味津々 (^^ゞ
早速訪問してみました~

 

アクセス

高宮通り 平尾~平尾北 交差点の中間あたり。
博多中華そば まるげん」 の真向かいあたりにお店があります。

平尾駅方面に進むと、「つけ麺 海鳴 平尾店」 があります。

 

店舗外観

白を基調とした明るい雰囲気の外観。
もも炭火焼専門店” というと「真っ黒で重々しい」というイメージなので意外性があります^^

 

店舗内観

広めの店内にはテーブル席がいくつもあります。

 

おしながき

こちらはランチタイム(この時点では、木・金・土・日)のおしながき。

ラーメンは1種
単品に加え、チキン南蛮 or からあげ + ごはんが付く定食も提供されています。

食いしん坊な僕らは、チキン南蛮とからあげが付いたセットを1つずつオーダーしました^^

 

どこか”げんこつを思わせるパンチ”? ”双鶏級の重厚さ?” ”兼虎に通ずる豪快さ?”

やって参りましたこちらが、らーめんです。

ムムッ!? まるで特濃とんこつのようなヘビィなビジュアル。

実際にレンゲですくってみると・・・おおっ、相当ヘビィな仕上がり(笑)

ではではズズっと・・・ほっほ~っ、こりゃ旨い (^^ゞ

国産鶏と7種の野菜をじっくり煮込んだ」と謳われておりましたが、これは驚きのガッツリ感!

想像以上に濃密なスープは、どこか 「博多ラーメン げんこつ@田隈」 を思い出させるほどのパンチ力です。

双鶏@渡辺通」 の鶏白湯スープも非常に重厚かつ濃密でしたが・・・

また異なるタイプのアウトプット。
こちらは鶏ベースですが、むしろ 「麺や 兼虎@赤坂」 に通じるような豪快さを感じます。

これは面白い方向に打ち出しましたなぁ~♪

 

強いスープと強い麺が紡ぎだすケミストリー。 剛×豪の競演

合わせるのはスーパーヘビィなスープに負けない、中太ちぢれ麺

かな~り太めで、モッチモチのプリプリでございます♪

合わせる麺をかなり選ぶであろう、非常に存在感ある仕上がり。

強いスープと強い麺が紡ぎだすケミストリーに悶絶必至です♪( ´θ`)ノ

 

シンプル具材でも充分な満足感。 白髪ネギ&カイワレがグッジョブ

具材はかなりシンプル。

チャーシューは結構濃いめに仕上げたものが2枚オン。
ガツっと肉感がしっかり強めでした。

合わせて白髪ネギ、カイワレ、糸唐辛子が乗ります。

かなり強め×重めの一杯なので、白髪ネギ&カイワレの清涼感は非常に重要なポイント。

重くなり過ぎた口の中を良い感じで流してくれます。

 

定食

こちらはチキン南蛮からあげが付く定食。
ゴハンもガッツリ大盛りで登場(笑)

どちらも ”流石は鶏料理専門店” というハイクオリティな味わい♪

からあげは味濃いめ&マヨたっぷり添え(笑)

チキン南蛮もまた、太っ腹にソースたっぷりなのでゴハンがススミまくりです (^^ゞ

食が細い方以外は是非ともセットをおススメします。


 

これは驚きの意欲作でした!
一般的な鶏白湯ラーメンとはひと味もふた味も異なるチューニング。

「ラーメン専門店以外のお店が、流れに乗ってとりあえず出しました」 というアプローチなど微塵もありません。

なんともオモシロイねぇ~♪(´ε` )

みなさんのSNSを見ていても、「鶏料理のお店が手掛ける鶏白湯」 が続々と登場している様子。

これまでは醤油系が多かったですが、よりバラエティ豊かになってきました。

次はみおせるさんが上げていた 「炭焼旬彩 鶏永@綱場町」 にも行ってみたいなぁ~

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

嵐坊 平尾店