【中国菜 四合院凛丹@中央区西中洲】味もコスパも最強の本格中華

中央区西中洲にある、「中国菜 四合院凛丹」をご紹介します。

昨年ご紹介した中国菜 凛丹@中央区六本松の、西中洲店。

さらに、平尾にもお店を構える人気店です。

 

10 揚げ茄子と木野子・挽き肉の味噌炒めのせ 黒胡麻ソース冷麺(2018年6月)

極上のたっぷり具材♪ ピリっとスパイシーで奥深い旨味が箸を止められない美味さ

私たちが大好きなお店のコチラ。

リーズナブルに本格的な中華が楽しめ、質&量ともに申し分ない最強のお店です。

毎年?!絶品の冷やし系麺メニューがいくつも登場。

昨年は

天使の海老と海鮮三種・青梗菜のサラダ塩酢冷麺
帆立貝とズッキーニ・アボカドの葱山椒風味塩酢冷麺
茶美豚茹で豚と胡瓜・サラダの香料醤油かけ 白胡麻ソース和え冷麺

と3種の冷麺を頂きましたが、どれも本当に最強のウマさ

今年もそろそろ…と、楽しみに行って参りました!

 

アクセス

国体道路から一本裏に入った通り。

スクエアビル20という建物の2階にお店があります。

 

店舗外観

エレベーターで2階に上がるとすぐ左手に入口が。

 

店舗内観

コンパクトな店内はテーブル席がいくつかとカウンター席があります。

奥には個室もあるようです。

お客さんが多かったので、カウンターしか撮影できませんでした。

 

おしながき

こちらは2018年6月現在のおしながき。
グランドメニューの構成に大きなチェンジはなさそうです。

麻婆豆腐酢豚など1,000円のセットと、

様々な種類の土鍋ごはんが楽しめる1,200円のセットがあります。

また、お昼でもアラカルトメニューが楽しめるのも魅力。

そして、こちらが今年2018年の「冷麺」各種。

今年も気になるものばかり。
これはまたもやリピ確定だなと思いつつ、今日は「黒胡麻ソース冷麺」を頂くことにしました。

合わせて、「黒酢スブタ定食」と「牛カルビと茄子のトウチ炒めかけ御飯」もオーダーしました。

 

極上のたっぷり具材♪ ピリっとスパイシーで奥深い旨味が箸を止められない美味さ

まずは、メインの「揚げ茄子と木野子・挽き肉の味噌炒めのせ 黒胡麻ソース冷麺」より。

高く盛り付けられた美しいビジュアル。

キュウリ水菜?のような野菜に、ゴロっと大き目に揚げた茄子エリンギなどが目を引きます。

細めのモッチリ麺に絡むソースは、ピリッとしたラー油胡麻のコクが広がります。

麺もソースもキンキンに冷やされており、スーッと体の温度が引いていくよう。

冷やし系と銘打ったメニューなのに、ぬるい仕上がりに出会うことも少なくなく、テンションがダダ下がりすることもありますが、コチラではその心配はなし!

熱いものは”熱く”
冷たいものは”冷たく”

美味しさも然ることながら、温度管理も非常に重要なポイントだと思います。

キーンと締められた麺は、細めながら非常に強いヒキを持っており、食べごたえも満点。

見た目以上にボリューミーで結構お腹いっぱいになります。

肉味噌もた~っぷりで旨みの嵐
全体的にまとまりの良い一杯です。

 

9 豚肩ロースの黒酢スブタ定食(2018年6月)

先日の福岡国際センターで行われた「&SAKE FUKUOKA」で頂いた酢豚がバリウマだったので、次回来た時はマストで食べようと心待ちにしていました。

4種の前菜に、スープ、ごはんがついたお得なセット。

酢豚も結構たっぷりでボリューム感があります。

豚、玉ねぎ、ピーマンと具材的にはシンプルですが、満足感は相当なもの。

柔らかい豚肉、シャクっと食感の玉ねぎ、ほろ苦さがクセになるピーマンと最高の組合せです。

ソースも全く甘ったるくなく、ほのかなビター感を感じる大人な仕上がり。

ごはんがバリ進んじゃうので、おかわり必須です。

 

8 牛カルビと茄子のトウチ炒めかけ御飯(2018年6月)

こちらは「牛カルビと茄子のトウチ炒めかけ御飯」です。

これがかなりの絶品でした。

柔らかく、上質な脂が乗った牛カルビに、ナスや赤ピーマンなどの野菜を合わせ、トウチで炒めたものを白ごはんの上に。

そりゃあ合わない訳がないというくらい、相性バツグンの組合せです。


 

何を食べても絶品の「凛丹」
今のところ、私たち的に美味しさ、ボリューム、リーズナブルの3冠王です。

次は、大人数で来て、冷麺を制覇したいな~♪

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

7 天使の海老と海鮮三種・青梗菜のサラダ塩酢冷麺(2017年8月)

新鮮&大ぶりの海老やホタテがゴロゴロと♪ 味もコスパも抜群の凛丹の夏麺。

 

西中洲の路地裏にありながら、予約もなかなか取れないほどの人気を誇るコチラ。

運良く予約が取れたので、行って参りました。

 

おしながき

ランチタイムはリーズナブルなセットメニューが人気。

麻婆豆腐や酢豚など1,000円のセットと、

様々な種類の土鍋ごはんが楽しめる1,200円のセットがあります。

また、お昼でもアラカルトメニューが楽しめるのも魅力。

そして、こちらが「冷麺」各種。

色々と気になるものばかり。

今回は大人数で訪問したので、思いっきり楽しむことにしました。

 

天使の海老と海鮮三種・青梗菜のサラダ塩酢冷麺

まずは、麺メニューより。

こちらは「天使の海老と海鮮三種・青梗菜のサラダ塩酢冷麺」です。

実は数日前に訪問した際に食べた「帆立貝とズッキーニ・アボカドの葱山椒風味塩酢冷麺」が美味しかったので、再訪してオーダーした一品。

シャキシャキと食感よく仕上げられたたくさんのグリーン野菜

しっかり噛みながら食べるので、想像以上に満腹感を感じます。

麺は細めのストレート

キュッと冷たく仕上げられ、スルスルと心地良く胃の中へ収まっていきます。

思った以上にボリュームがあるので、かなりお腹いっぱいに。

海鮮は天使の海老、ホタテ、イカなど。

大ぶりで気前良く乗っているので贅沢に楽しめます。

サッパリとした酸味に海鮮の自然な甘みがマッチし、一気に完食しちゃいます。

 

6 帆立貝とズッキーニ・アボカドの葱山椒風味塩酢冷麺2017年8月)

詳しくはこちらをタップ

こちらが「帆立貝とズッキーニ・アボカドの葱山椒風味塩酢冷麺」です。

アボカドのまったりとしたコクと、優しい酸味が良く合います。

ズッキーニの食感も良いですね。

 

5 牛カルビと白菜・椎茸の醤油あんかけ煎り焼きそば2017年8月)

詳しくはこちらをタップ

こちらは「牛カルビと白菜・椎茸の醤油あんかけ煎り焼きそば

柔らかい上質な牛肉が入った贅沢なとろり餡は、一口で幸福感に満たされるほど激ウマ♪

高級感溢れる味わいの餡をまとった麺は、しっかりと焼き目がつけられ香ばしさが楽しめます。

 

4 茶美豚茹で豚と胡瓜・サラダの香料醤油かけ 白胡麻ソース和え冷麺2017年8月)

詳しくはこちらをタップ

最後の麺メニューは「茶美豚茹で豚と胡瓜・サラダの香料醤油かけ 白胡麻ソース和え冷麺

個性的なお皿に盛られたこちらは、ブランド豚である「茶美豚」がた~っぷり。

脂の甘み赤身のコクのある味わいがステキです。

チョロリとかけられたラー油的なものが、担々麺のような味わいを演出した一杯です。

 

3 煮込み豚バラ肉と青菜のオイスターソース炒飯2017年8月)

詳しくはこちらをタップ

こちらは、ビビビッときた「煮込み豚バラ肉と青菜のオイスターソース炒飯

厚めにカットされた豚バラが贅沢にゴロゴロと。

箸でほろりと崩れるほどの柔らかさ

しっとりホクホクの炒飯と頂けば、悶絶級のおいしさです。

男子必食の逸品かも♪

 

2 細切り豚肉と筍・椎茸の醤油餡かけ炒飯2017年8月)

詳しくはこちらをタップ

こちらは「細切り豚肉と筍・椎茸の醤油餡かけ炒飯

餡の美味しさは既にお墨付き。

鉄板の組み合わせです。

 

1 豆腐と海老のカニ味噌煮込み土鍋定食2017年8月)

詳しくはこちらをタップ

最後は「豆腐と海老のカニ味噌煮込み土鍋定食

アツアツの土鍋でグツグツと。

カニの香りがふわっと舞います。

優しく包み込むような味わいの餡の下には、ごはんが隠れています。

薄味だけど、物足りなさはナシ。


 

一気に7品をご紹介しましたが、どれも絶品♪

そして、どれもコスパが高い!

人気なのも納得のお店です。

本格中華が食べたいけど、お値段が気になる~という方にピッタリ(^_-)-☆

今度は夜も来てみたいです。

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

中国菜 四合院凛丹