ノスタルジックな心地良さ&旨味タップリの佐賀とんこつ♪

いちげん。 (1)

佐賀らーめん いちげん。@福岡ラーメンショー2014
佐賀らーめん 佐賀一番干し海苔入

 

前回の宮崎と同じく、僕は佐賀ラーメンについても詳しくありません。

アッサリと滋味深いタイプで、博多や久留米とはかなり異なる…そういうイメージ^^;

 

それでも忘れられないのは、今は無き佐賀ラーメンの代名詞と言える「一休軒本店」

地元に詳しい方に連れて行って頂いたことがあります。

その方の一休軒に対する想いや、本当に嬉しそうに啜る姿忘れられません

 

僕は…?

残念ながら、当時その旨さを理解することができませんでした。

これは長浜ラーメンも同様ですが、「とんこつ=コッテリ!」とずっと思ってきましたので…^^;

 

名島亭@名島や、黒門@遠賀といった「アッサリ=物足りないでは無い」というお店の旨さが分かるようになったのは、つい1~2年のことです(汗)

唐津の一竜軒はロケーションが佐賀県ですが、佐賀ラーメンとは違うらしい…。
(元々は北九州・小倉のお店です)

となると、市内の数軒で食べたことがある以外は、全く知らないということに(汗)

 

それでもこちら、佐賀らーめん いちげん。の味は聞き及んでおりました。

佐賀ツアーに行った時に…と思っていたら、まさか福岡で啜れるとは(^^ゞ

 

イベント店舗外観

いちげん。 (4)

メニュー紹介

いちげん。 (5)

 

ノスタルジックな心地良さと、しっかりした説得力のバランスがイイね♪

いちげん。 (1)

ガッツリと表層に脂が浮く or トコトン炊いて白濁、というタイプとは異なる半透明のビジュアル

特有のとんこつアロマも無く誰もが食べられそうなイメージです。

 

さて、ひと口・・・うん旨い!

初弾でKO!というより、ジワジワと旨味が広がる感じです♪

とは言えメッチャアッサリと言う訳では無く、グググッと押し寄せる出汁感&旨味がイイ^^

 

完飲出来るタイプのスープで、塩だけのおにぎりと一緒に食べたくなるな~(^^ゞ

ノスタルジックな印象もありながら、満足感はしっかり!という印象です。

 

しなやかなストレート麺が、優しいスープの味わいにピッタリ

いちげん。 (3)

中細のストレート麺

博多より少し太いけど、ガチな久留米系よりやや細めかな?

 

やや柔らかめな印象ですが、コシが弱いというのとは違うんだな~

パッキリした細麺やムチムチの麺には無い、しなやかなイメージ♪

優しい飲み口のスープとのマッチングが素晴らしいですね^^

 

スープでここまで変わるとは…海苔や玉子が新たな魅力を発信!

いちげん。 (2)

玉子の黄身と海苔は、佐賀ラーメンの特長とのこと。

正直ですね…豚骨ラーメンに海苔は要らないのでは…?

と思ってきたクチですが、これは分かるな~~♪

 

出汁感がしっかりありつつ、優しい味わいのとんこつスープだからこそ、海苔の薫りや味わいが活きるねぇ~(^o^)

海苔を追加トッピングして大正解!

 

濃いスープをマイルドにするディフェンシブな役割が多い玉子も、ここではポジションチェンジ。

優しいスープに異なる切り口の旨さをプラスする、オフェンシブな感じ♪

全体のバランス感が素晴らしいです!

 

 

期待を裏切らない、あっさり&コク旨な一杯でした。

たぶんこのお店の味は、2度3度と味わうほどに旨くなる、そんなタイプかも?

一度食べてそれっきり…というより、食べるほどハマりそうな感じです^^

 

これでむしろモチベーションUP!

またこの味を楽しみに佐賀へ行き、もっと広く佐賀ラーメンを味わってみたいと思います。

 

店舗情報はこちらから

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方からの来店等の際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA