”雲を呑むかの如き” 極薄皮のワンタンも旨い!ジンワリ沁みる醤油ラーメン

酒田のラーメンを考える会 with 癒庵 (1)

酒田のラーメンを考える会 with 癒庵@福岡ラーメンショー2015
山形・酒田の自家製ふわ・とろワンタンメン 酒田盛り

 

福岡ラーメンショー2015第二幕の5杯目は「酒田のラーメンを考える会 with 癒庵」です。

第一幕のキーワードのひとつは「北海道」でしたが、第二幕では「東北」がポイントのひとつ。

昨日は「秋田稲庭中華そばの会」の一杯を頂きましたが、東北2杯目はこちらの「山形」です。

 

山形県は「中華麺の消費量が日本一!」と言われるほど、ラーメン王国

ラーメン外食費用ランキング 全国1位!

人口10万人あたりのラーメン店舗数 全国1位!

といったデータにも表れているそうです。

 

今回登場するのは、「酒田のラーメンを考える会」というグループ。

日頃、福岡では決して味わえない一杯とあって、非常に楽しみです (^^ゞ

 

ブース

酒田のラーメンを考える会 with 癒庵 (8)酒田のラーメンを考える会 with 癒庵 (7)メニューは「山形・酒田の自家製ふわ・とろワンタンメン」です。

文字通り、”まるで、雲を呑むような食感”と謳われた、究極のワンタン(雲呑)メン

メッチャ美味しそうですね~♪

酒田のラーメンを考える会 with 癒庵 (9)

トッピングは、「庄内産しゃぶしゃぶ肉が2枚」「味付玉こんにゃく2個」「岩のり」が乗った、酒田盛りを用意。

できれば単品で追加したかったですが、ブランド豚のしゃぶしゃぶ肉も、ケンミンショーで見た玉こんにゃくもやっぱり気になる~(^^ゞ

と言う訳で思い切って追加しました。

 

ゆったり&くつろぎの一杯。魚介ダシの優しい味わいに思わずホッコリ♪

酒田のラーメンを考える会 with 癒庵 (1)具材が多過ぎてスープが見えない^^;

マイレンゲですくい上げてみると、なんとも優しい琥珀色をしたスープがお目見え。

酒田のラーメンを考える会 with 癒庵 (3)

では早速・・・じんわり旨いねぇ~♪

トビウオ&煮干しなどの魚介ダシに昆布を合わせた、たおやかな味わい

心からくつろげる、ホッコリ仕様でございます^^

 

舌触り・ノド越し・味わい、全てが新鮮!博多・長浜と真逆の特徴を持つ麺

酒田のラーメンを考える会 with 癒庵 (6)自家製麺率が80%を超えるという酒田のラーメン。

もちろん全国でもNo.1の自家製麺比率だそうです^^

登場した麺は、超多加水中太ちぢれ麺

なかなか味わったことが無いほど、チュルチュル&プリプリ独特の食感が面白いです。

「低加水」「細麺」「ストレート」「スルスル&サックリ」のという、博多や長浜系のラーメンとは全てにおいて真逆の特徴をもっています(笑)

オモシロ旨いねぇ~♪

 

優しいスープが様々な上質素材を包み込む♪雲呑は期待に違わぬ旨さ

酒田のラーメンを考える会 with 癒庵 (2)具材はデフォのチャーシュー、メンマ、ネギ、そして雲呑がオン。

酒田のラーメンを考える会 with 癒庵 (4)

まずはやっぱり、なんと言っても気になる雲呑から。

透けるほどの極薄生地を手包みしたという雲呑は、この上なく滑らかで舌の上で蕩けそう♪

これはイイね~。

厚い皮のモッチリ感よりも、チュル&トロリの方がグッと僕の好みです (^^ゞ

酒田のラーメンを考える会 with 癒庵 (5)続いて ”酒田盛り” のトッピングを。

お米を食べて育ったブランド豚のしゃぶしゃぶは、オーダーを受けてからダシの中でしゃぶしゃぶして仕上げてくれます。

これが実に旨いっ!

脂の甘みと風味が素晴らしく、非常にコクのある味わいです。

少し前にケンミンショーで見た ”玉こんにゃく” にも初遭遇。

踊る様な弾力感が楽しく、想像以上に味が浸みており、こちらも上々の旨さ♪

岩のりもスープと良く合いますね~


 

いや~旨かったぁ~(^o^)

酒田盛りはチト値が張りますが、旨さの満足感は充分でした。

今回は全店的にトッピングのお値段が高めかも(汗)

でもこの時だけなんで、これは!というアイテムは是非とも味わっておきたいです^^

 

雲呑は期待通りの旨さでした。

できれば麺半分、スープタップリ、雲呑タップリで再食したいっ (^^ゞ

こんなにも色とりどりのラーメンを福岡で楽しめるのは、1年を通じてこの時のみ!

残る期間もトコトン、味わい尽くしたいと思います(笑)

 

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA