【侍.うどん@博多区博多駅前】”侍 兼 店主”が作り出す、ここでしか出会えないうどん

博多区博多駅前にある、「侍.うどん」をご紹介します。

博多の侍”こと、相馬店主が手掛けるメニューは、

こだわりにこだわった素材を用いた手打ちうどん

本格的なスパイシーカリーを合わせたカレーうどんなど。

オリジナリティ溢れるものばかり。

唯一無二の個性を持っており、博多うどんの新世界を切り拓く存在です。

これまでに、らぁめんシフク@榎田や、支那そば やっちゃんち@清川などのラーメン店、エスニック料理などジャンルの垣根を超えたコラボレーションイベントも数多く手がけてきました。

詳しくはこちらをタップ
店舗外観

そのファサードからして、只者ではないオーラがヒシヒシと(笑)

早くもそのワールドに引き込まれます^^

 

店舗内観

シックで落ち着いた店内。

オープンと同時に入店したので、写真が撮れました。

すぐにお客さんが続々と来店。早めに行って良かったぁ^^;

でもってコチラ。

スタッフの方が着ていた ”サムライサラリーマン”

侍.オリジナルユニフォームかと思いきや、なんとユニクロの商品とのこと!

スゴ過ぎ(笑)

 

おしながき


目まぐるしくメニューが変わり、同じメニューであっても常に進化しつづけるのが侍の特長

こちらが2017年8月時点のお品書きです。

侍.うどん、侍.ぶっかけ、侍.カレーが3大看板メニュー。

その他、土曜日限定の侍.スペシャルがあります。

そして、武蔵のうどんを侍流にアレンジした「宮本武蔵」なども。

お得なセットなども。

めんむすび的にはCセットがおすすめです。

 

22 侍.ギョプサル(サムギョプサル) 【限定】(2017年8月)

うどんを手で食べる、日本初?!の試み。またもや博多の侍が暴れるアレンジで登場♪

昨年、一時的に登場した「侍.ギョプサル」が、今年も帰ってきた。

「さむらい.ギョプサル」と書いて、”サムギョプサル

自由奔放なネーミングセンスが最高です!

前回の登場の際は、食べるタイミングを逃してしまったので、今回こそはと狙ってやって参りました。

オープン時間と同時に満員。

また茹でたてを提供するスタイルなので、しばしお時間がかかります。

ゆとりを持って訪問することをおススメします。

いよいよ登場♪
はいはい、来ました~。
美しいビジュアルです。

そんな中、一際目を引くのが氷水の入った大きな器

「素麺のように冷やして食べる用?!」

「お水をたくさん飲む方のための新しいお冷サーブスタイル?!」

いえいえ、
手を洗うための、フィンガーボール」ですっ!!

今回のメニューのポイントは
うどんを手で食べる!

サンチュにうどんや具材を巻いて食べる
侍風サムギョプサルなんです(^_-)-☆

前置きが長くなりましたが、早速うどんを手で取ってみます。

新しい感覚ですね。
こんな感じで具を乗せて、ガブリ。

もっちもっちのうどんと、香ばしい三枚肉の旨味に加わる特製侍.ジャン(サムジャン)の甘辛い味わいが良く合います。

旨~っ!
キムチとたくわんのコラボレーションも面白いですね。

サンチュがなくなったら添えられたダシをかけて頂きます。

因みにココからは箸でOK。

ツルリとした啜り心地、小麦の旨味が引き立ちますね。

あっという間に完食。

 

宮本武蔵 グリーンカレーver.

こちらは宮本武蔵 第4弾。

基本→辛め→トマト辛めに続く、「グリーンカレー」バージョンです。

ココナッツの甘みが効いたグリーンカレーに、うどんが意外と合うんですね。

グリーンカレーにうどんの組合せもビックリですが、それ以上に「イカフライ」を合わせるところが仰天発想

それでも合うから不思議です。


 

侍.ギョプサルは、3日間限定の予定だったようですが、来週のどこかで提供されるとの情報。

気になる方は、侍.うどん公式サイトを要チェックです。

グリーンカレーはもうしばらくあるかと思いますので、こちらも食べ逃しなく( ^ω^ )

 

良かったらいいね!お願いします♪

21 宮本 武蔵 トマト辛め【限定】(2017年6月)

つけ麺? 汁アリ? リコピンパワー満載の夏メシが侍から登場!

豪快なビジュアルの看板メニュー ”侍.うどん ” や ”侍.ぶっかけ

・スパイスロード直伝 ”侍.カレー

既に2つの大きな武器を持つ侍.うどんに、新たなキーワードとして加わったが ”武蔵野うどん

東京郊外で生まれたご当地うどん=武蔵野うどんが

うどんパラダイス福岡での国分寺甚五郎との出会いを経て、博多の地に登場しました。

前回ご紹介した 「宮本 武蔵」 に、第3のテイストとして ”トマトバージョン” がお目見え。

これは見逃せないと、訪問してきました。

トマトの爽やかなコクと自家製ラー油の辛さが魅力♪ 夏メシの本命現る

前回の宮本武蔵がメチャウマだったので、麺を特盛でオーダー(笑)

カレー然り、メニューの個性に目が行きがちな侍ですが・・・

やはりその旨さは、この自家製麺があってこそ!

お腹いっぱい、存分にいただきます (^^ゞ

ではでは早速、麺を潜らせてズズっと・・・ウホ~っ、ウンマ~イ♪

しっかり骨太な魚介ダシの旨味。

そこに惜しげも無く加わった、トマトの濃厚な旨味が加わり、想像以上の美味さに\(^o^)/

トマトの爽やかさと、自家製ラー油の心地良い辛味がまさに”夏!

イカ天の楽しい食感黒ゴマの風味もステキです。

ある程度食べ進めたら、タバスコ(赤・青) or 柚子胡椒味変するのもアリ。

お好みの辛みで、味わってみてください^^

20 リコピンたっぷり タマゴとじ(2017年6月)

武蔵を凌ぐほどの存在感(笑) ガツンとパワフルな ”リコピンたっぷり”

こちらは、リコピンたっぷり タマゴとじ

これがメニュー名というところが、まさに侍の世界

以前にどこかで食べた

ダシの旨味 + 爽やかトマトテイスト + かき玉子の円やかさ をイメージしていたら・・・

こちらもガツンとパワフル系のチューニング (^^ゞ

ややもすると、武蔵を凌駕するほどのインパクトです(笑)

半熟玉子の中から柔らかお肉が現れるあたり、どこかユッケジャンクッパを思わせる一面も。

食べ終えた後に、ゴハンを入れてリゾット風に〆るのも良さそうです♪

つけ麺が苦手→熱々が好みという方は、こちらをどうぞ^^


 

常に”想定の更に上”を行きますな(笑)

今回も侍スタイルに、心地よく翻弄されました (^^ゞ

猛暑が続く近年、多くのお店から 夏仕様のメニュー が登場するようになりましたが・・・

間違いなく、今年の暫定1位!

独創性&美味さの両面で、秀でたメニューだと思います。

 

うどんの持つポテンシャルを引き出し続ける。

予想の斜め上を涼やかに突き抜けるのが ”侍.スタイル”

「うどん?どれもそんなに変わらないでしょ?」

という方にこそ、足を運んで頂きたいお店です。

 

良かったらいいね!お願いします♪

19 宮本 武蔵【限定】(2017年4月)

国分寺の名店がもたらした種を侍が咲かす! 博多の地に武蔵野うどんが堂々の登場

ジャンルを問わず、様々な飲食店とのコラボレーションを精力的に行っている、侍.うどん。

1月には、福岡ウォーカーの企画で 「支那そば やっちゃんち@清川」 とタッグを組んで ”Japanese steamed egg custard UDON” をリリース。

2月はタイミングが合わず行けなかったものの、ラストとなる3回目は再び朝7時に訪問(笑)

更に進化した、ここでしか味わえない一杯を存分に堪能してきました (^^ゞ

更に3月後半には、あの 「二○加屋 長介@薬院」 とタッグを組み、うどんパラダイス福岡へ参戦!

スパイシーチキンカレーうどんを提供し、好評を博しました^^

その流れを受け今回、早くも2017年Ver.の ”夏麺” が登場!

なんと! うどんパラダイス福岡に登場した 「国分寺甚五郎@東京リスペクトなメニュー

武蔵野うどん” が登場しました\(^o^)/

僕が知る限り、博多で武蔵野うどんを食べられるお店は皆無

しかも ”侍 Made” とっては、期待値も高まろうというもの♪

スケジュールを入れ替え、即訪問してきました(笑)

 

今回のメニュー登場に関する ”経緯=侍の想い” がこちら。

武蔵野うどん ≒ 武蔵のうどん

・・・まさかのダジャレ

いや、むしろこれが侍的 平常運転 でございます (^^ゞ

ともあれ。

国分寺甚五郎さんが拓いた道を、博多の侍が広めていく。

こうして文化は広まっていくのだとシミジミ♪

 

デフォである ふつう に加え、これからの時期にピッタリな 辛め も登場。

もちろんシェアして両方いただきます。

オプションアイテム、ごはん割り・スープ割り・生玉子もそれぞれ1ついただきました。

ちなみにこちらが2017年4月時点のグランドメニューです。

侍は ”一期一会” がキーワード。

同じメニューであっても常に進化&変化を遂げているので、常に新鮮なキモチで楽しめますよ^^

ランチには ”小さめの酢醤油うどん” がお目見えしていました。

ミニサムライカレー丼と共にいただきます。

 

博多うどん界に新章が到来!これぞ侍メイドな ”むさしのうどん” 

こちらが、宮本 武蔵(ふつう)

武蔵野うどん ≒ むさしの・・・ゲフンゲフン^^;

今日もキリッと決まった、雄々しくも美しいフォルム。

つけ汁からは既に芳しい香りが力強く立ち上っています。

ではではズズっと・・・う、うんまぁ~~\(^o^)/

厳選した魚介の旨味が効きまくったツユに、柔らかくてコクのある豚肉がパンチをプラス!

力強く小麦が香る、モッチモチの太麺がその旨さをガッツリと受け止めます♪

この旨さは、この麺あってこそ

侍に登場するべくして登場した、運命の逸品と申せましょう。

タップリ入った青ネギ・ゴマ、そしてイカフライの食感がこれまたバツグン^^

いつまでも啜っていたい旨さです!

後半は麺にレモンをまとわせて。

爽やかな酸味香りが旨味に慣れた舌を解き放ち、リズムに変化を与えてくれるナイスなアイテムです。

 

宮本 武蔵(辛め)

こちらは、辛めバージョン

エキゾチック唐辛子系の辛みと、爽やかな柚子胡椒の辛みをプラスした一品。

柚子胡椒はこんなに!?」と驚きましたが、つけ汁が重厚なのでこれ位いかないと効かないかも(笑)

こちらには生玉子をプラスして味わいました。

それはモチロン間違いない旨さです (^o^)

添えられたキャベツの甘みが、素晴らしいアクセントになっていますね♪

超辛党ではない僕ですが、さらにラー油をガッツリ効かせたタイプも味わってみたいかも (^^ゞ

 

スープ割り&ごはん割り

〆はスープ&ごはん割りで。

スープで伸ばしてからゴハンをインでも大丈夫ですが・・・

ふくめん2号がやっていた、レンゲにひと口分のゴハンを乗せてダンキン(Dunkin’)するのがベストかも!?

バランス良くお米とスープの味を楽しめます♪

ごはん割りまで行くか、麺を大盛にするか?

非常に悩ましいですね~(^^ゞ

 

小さめの酢醤油うどん

これを見たらスルーはできないっ(汗)

小さめの酢醤油うどんもいただきました。

茹で上げてキチっと〆た麺に、ジョーキュー醤油&お酢をお好みの量かけまわしてズルズルと。

これまたこの麺あってこそ!

この上なくシンプルなのに、メチャウマです^^

スリゴマの香ばしさがたまりませんよっ。

 

ミニサムライカレー丼

更に欲張って、ミニサムライカレー丼を。

本格スパイシーカレーは、言わすと知れた 侍.うどん のトレードマーク

麺に合うのでモチロン、ごはんにもピッタリ^^

+190円とお手頃ですよ~


 

まさに登場すべくして登場した一杯!

この夏、何度リピしてしまうのだろうか (^^ゞ

イベントでも大人気だった武蔵野うどんが、博多で再び味わえるチャンス!

見逃す手はありませんぜ (^o^)v

次回はサイドメニューを我慢して、麺大盛でいただきますっ♪

18 Japanese steamed egg custard UDON 【限定】(2017年1月)

独創的なアイディアに溢れる”侍.うどん”で、早朝イベントが開催

一瞬、目を疑いました!!

えっ!?7:00!?

夜ではなく、早朝の”しちじ~~~!!!”

またもや、侍.うどんが手掛けるイベントで予想もしない展開です。

 

\今回は「福岡Walkerの企画」で実現した特別コラボ/

喜多方ラーメンを提供する「やっちゃんち」と2回目のタッグです。

本格喜多方ラーメンがココ福岡に。1日限りのスペシャルイベントが開催

侍.うどん×やっちゃんち@博多区博多駅前肉そば(塩) + 醤油 + 会津若松 侍.うどん恒例のコラボイベントも今回で11回目。前回は、塩&鶏白湯らぁめんが人気の「ら…

本日1/25を皮切りに、あと2回開催。

※開催の詳細はぜひ福岡Walker誌面をご確認くださ~い。

ということで、朝6:30から並んで食べて参りました!

めんむすびとして、こんなに早く出かけたのは初めて。

真っ暗の街並みに、温かく提灯の明かりが灯っています。

写真では見えないですが、空は星が見えるほど。

イベント告知用看板ピンク色が何ともキュート♡

オープン前に並んだ人には「ミニカイロ」のサービスが。

ちょっとした心遣いに和みます。

 

おしながき

今回のメニューは「Japanese steamed egg custard UDON

所謂、”茶碗蒸し”うどんです。

酉年にちなんで、やっちゃんちの鶏スープ茶碗蒸しを掛け合わせた一杯です。

 

おかゆ

うどんの提供を待っていると、「一口おかゆ」と香の物のサービスが…(*’▽’)

早朝の胃に優しい味わいが嬉しいですね。

因みに香の物は2人分です。

 

美しすぎるビジュアルが、おめでたい感を演出

いよいよ登場♪

惚れ惚れするビジュアル。

色とりどりのアラレや、3色かまぼこなどが美しいです。

まずは、スープから。

やっちゃんち特製の鶏スープは、クリアで雑味のない味わい。

優しい旨味が、身体に染み渡ります。

カエシもスープを活かした効かせ加減。

ほのぼの、ゆったりと楽しめる味わいです。

茶碗蒸しは、出汁と玉子の旨味だけをストレートに楽しめます。

とっても上品で、鶏スープとも良い具合にマッチング

滑らかでスムースな口当たりなので、飲み物のように胃の中に収まっていきます。

うどんは、いつもより細め

モッチリ優しい口当たりが、スープ・茶碗蒸しとも良く合います。

モチモチで噛むほどに小麦の旨味を感じる仕上がり。

意外と麺量もあるので、結構な満足感です。

茶碗蒸しの下には、ゴロっとサイズの鶏が隠れてました。

しっとり柔らかジューシーで食べごたえもアリ。

やっちゃんちのトレードマークである””も健在。

染みたスープがジュワっと旨し。

程よく半熟に仕上げられた玉子も絶品です。

程よい苦みカツオ菜、贅沢の海老天香ばしいアラレなど、盛り沢山の具材で楽しませてくれました。


 

はぁ~美味しかった~(*^▽^*)

久しぶりに、スープまで飲み干してしまいました♪

お店を出ると、すっかり日が昇り、出勤される方々で溢れていました。

早起きするのは苦手だけど、早起きするとなんか得した気分♪

今日も頑張ろう!という気分になれました。

残すチャンスはあと2回。

気になる方はお見逃しなく~!

 

良かったらいいね!お願いします♪

17 スパイスロード×侍.うどんコラボイベント(2016/11)

食べれば病みつき間違いナシ。 これぞ博多カレーうどんの極み! 【動画あり】

 

16 カレーうどん「赤」 & ビーガンの「白」(2016/7)

北海道の侍.と博多の侍.の共演。 3年ぶりの登場は「赤」「白」の特別な一杯

侍うどん (18)

 

15 焦がしチーズのせ 釜玉うどん + 肉たま丼(2016/5

一人占めしたくなる旨さ♪ 麺の旨さを存分に引き出す、炙りチーズと醤油の風味

侍うどん (4)

 

14 侍.グロウ カレー御膳(216/3)

2人の個性派店主が生み出す、独創的で唯一無二の逸品

侍うどん (6)

 

13 天ぷらのそうま(2015/11)

滋味あふれる”カケ”を色トリドリの天ぷらと共に♪素材個々をじっくりと楽しむ

侍うどん (1)

 

12 肉そば(塩) + 醤油 + 会津若松(2015/11)

本格喜多方ラーメンがココ福岡に。1日限りのスペシャルイベントが開催

侍うどん (1)

 

11 アサデススペシャルうどん【限定】(2015/11)

常に進化を続ける、うどん界のEXILEが手がける新限定メニュー

侍うどん (1)

 

10 侍.ぶっかけ(2015/7)

刀は持たずとも、紛れもなく侍!名は変わらずとも進化し続ける一杯

侍うどん (1)[1]

 

9 侍.素麺【限定】(2015/6)

日本最強の素麺、博多の地に現る!

侍うどん (1)

 

8 赤い侍.巌流島【限定】(2015/6)

トマトベースのスパイシーカレーうどんは、具材が超豪華!

侍うどん (1)

 

7 侍.スペシャル(2015/5)

こんなカレーうどんは初めて♡侍スタイルは一瞬でその虜に

侍うどん (1)

 

6 至福 + 濃厚民族 鶏白湯麺 + 淡麗 鶏清湯麺(2015/4)

侍.うどん×らぁめんシフクのコラボイベント、遂に開催!

侍うどん×シフク (1)

 

5 焼うどん(2015/3)

期待を上回る!こだわりが詰まった特製味噌の焼きうどん

侍うどん (1)[1]

 

4 侍.お得セット(2015/1)

此処に侍あり。日本人の心を鷲掴みにする看板メニュー♪

侍 (1)

 

3 肉うどん 揚げ餅&丸天(2015/1)

種類が豊富でおトクなランチ!侍.うどんは”かけ”も旨い

侍 (1)[2]

 

2 侍.スペシャル(2014/10)

スパイシーカレー&ストロングな麺=侍印のカレーうどん

侍うどん (1)

 

1 侍.つけ麺(2014/10)

その個性に惚れ惚れ♪侍の名にふさわしい硬派なうどん

侍うどん

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

店舗情報はこちらから

侍.うどん

 

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA