帰ってきて良かった! あの山頭火が、満を持していよいよ福岡の地で復活

山頭火 (2)

らーめん山頭火 キャナルシティ博多店@ラーメンスタジアム
特選とろ肉らーめん(しお) & しょうゆらーめん

 

2002年 ラーメンスタジアム卒業から、実に14年

2007年 天神店の閉店から、9年

2010年 ルクル店の閉店から、6年

いよいよ、”山頭火” が福岡に再登場します^^

昨日の「元祖 名島亭 キャナルシティ店」と共に、2016年3月 再びラーメンスタジアムから。

 

ラーメンは好きだけど、食べ歩くという習慣がなかった当時。

僕が初めて ”旭川らーめん” という言葉を知ったのが山頭火でした(^^ゞ

なんだか懐かしい友人に再会するような想いで、昨日に続きラースタを訪問してきました~

 

アクセス

キャナルシティ博多 5Fにラーメンスタジアムがあります。

フロア右奥のスペース、先日まで「鹿児島ラーメン 復刻食堂」が入っていた場所です。

 

店舗外観

山頭火 (18)

火頭山んめーら” の看板&暖簾が懐かしいです^^

 

おしながき

山頭火 (19)山頭火 (13) 山頭火 (14)

※クリックすると拡大します。

らーめんは、しお しょうゆ みそ 辛みそ4本立て。

北海道と言えばまずは味噌旭川と言えば醤油が思い浮かびますが、山頭火といえば ”しお” でしょう♪

なおかつここは奢って ”特選とろ肉らーめん” をチョイス。

当時で1,000円オーバー。

今では1,290円と驚きのプライスですが、やっぱり山頭火と言えばこの一杯を思い浮かべます(^^ゞ

 

ふくめん2号は、”しょうゆ” を。
とろ肉はシェアして頂くことにしましょう。

せっかくなので、北海道焼き鮭めしも頂くことにしました。

今日は1軒でのお代が2,500円超えたので、駐車場代が1時間(400円)無料になりました(笑)

 

店舗内観

山頭火 (16) 山頭火 (17)ダークブラウンを基調としたシックな店内。

横長なので見た目以上に広め。カウンター席とテーブル席があります。

 

卓上調味料

山頭火 (15)

卓上のアイテムは、コショウ&一味唐辛子とシンプルです。

 

いうなれば塩魚介とんこつ♪ とろ~りスープは思わず飲み干してしまう旨さ

山頭火 (2)いよいよ登場。
こちらが、特選とろ肉らーめん(しお)です^^

ルクルの閉店間際が最後だったので、6年ぶりかな。

素らーめん&皿盛り具材という、うな重的なアプローチが独特ですね(笑)

山頭火 (6)

ではではまずはスープからズズッと・・・旨いっ♪

アッツ熱のスープは、トロリ円やかなとんこつ仕立て。

くさみの無いとんこつスープに魚介の旨味をプラスされ、奥深さを演出しています^^

ゴマの香ばしい風味もイイですね~

一見重たそうに見えますが、意外にも後口は重くなく、思わずスープを飲み続けてしまうタイプ

あとひと口、もうひと口と飲み続けたくなります。

 

めんむすびでも便宜上、”” にカテゴライズしておりますが、いわば ”塩魚介とんこつ” といったアプローチ。

オリジナリティ溢れる一杯です。

今でこそ多種多様なスープがラーメン界に存在しますが、90年代前半(20年以上前)の時点でこの形を生み出したというのは、改めてスゴイですね。

山頭火を初めて食べた時、かなりの衝撃を受けたことを思い出します(^^ゞ

 

実は思いのほかボリューム有り! モッチリと口当たりの良い中太ちぢれ麺

山頭火 (7)麺は中太のゆる縮れ麺

モッチリとした口あたりながら、プツンとした歯切れも楽しめます。

どちらかと言えば麺の主張は控えめ

スープが先行するイメージです。

 

ちなみに食べながら思い出したのですが、こちらの丼は一見すると小さめ

着丼時点では「あ~大盛りにしとくべきだったかな~」と思います。

が、見た目以上に深さがあるので、実は結構なボリューム感。

久しぶりなので忘れていました(^^ゞ

 

贅沢だけど ”とろ肉” がお薦め♪ スープに馴染む、ホロ&トロチャーシュー

山頭火 (4)まずはスープと麺をネギと共にシンプルに味わいます。

その後、おもむろに具材を楽しむのがおススメ。

 

具材の ”とろ肉” とは、豚のほほ肉

一頭から少ししか取れない、稀少な部位です。

しっとり&ホロリと優しく解ける味わいは、まさにとろ肉♪

スープと馴染むとメッチャウマです。

1枚ずつが厚みがあるうえに、7枚も乗るのでかなりボリューミー^^

2人でシェアすると、丁度良いボリューム感です。

 

メンマ、キクラゲもなかなかの味わい。

しおのトレードマークである、小梅もこの一杯のお約束です。

 

しょうゆらーめん

山頭火 (5)こちらは、しょうゆらーめん

旭川らーめん=しょうゆというほど、旭川では醤油が人気だそうです。

山頭火 (9)

醤油の風味がスープに馴染んで、ふっくら豊かな味わい。

山頭火 (10)

イチオシは ”しお” ですが、こちらも旨いですね^^

ちなみに普通のらーめんに入るチャーシューがこちら。

山頭火 (11)同じく控えめな味付けのバラチャーシューです。

で、こちらがとろ肉

山頭火 (12)バラチャーシューも普通にウマいのですが、やっぱりワンランク上の旨さだと思います(^^ゞ

 

北海道焼き鮭めし

山頭火 (1)こちらは、北海道焼き鮭めし

写真では大きさが分かりにくいですが、小ぶりなお茶碗です。

決して安くは無いですな(汗)

しかし、お味の方はなかなか♪
安い鮭フレークのようなくさみが無く、しっとりとした味わいがイイ感じです。

ゴマの香ばしさも加わって、なかなか楽しめました。


 

良かったぁ♪

なぜかと申しますと、実は半分不安だったのです^^;

初めての頃の衝撃とは裏腹に、正直な所、天神店&ルクル店共に閉店間際は、残念なものでした・・・

正直、やっつけ感さえ感じるものが出てきて、残念な思いをした記憶が忘れられず(汗)

だから、福岡での復活が楽しみであると同時に・・・

 

しかし杞憂でした。
今日の一杯は紛れも無く、あの ”山頭火” でした!

本当に良かった・・・改めて、おかえりなさい (^o^)

次回は未食のみそを頂こうかな~

いずれはつけ麺なども登場するのかな?

また来たいと思います。

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

らーめん山頭火 キャナルシティ博多店

昼総合点★★★★ 4.0

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA