【久留米ラーメン清陽軒 小郡店@小郡市大板井】 久留米×老舗の味を小郡で

小郡市大板井にある、「久留米ラーメン清陽軒 小郡店」 をご紹介します。

1951年(昭和26年)に創業し、2009年に復活を遂げた久留米を代表する老舗である清陽軒。

こちら小郡店は2014年にオープンしました。

 

1 まぜそば【限定】+温泉玉子(2018年6月)

お手頃&ウマウマ♪ 自分好みのトッピング&調味料で変化を楽しむ”まぜそば”

今年5月に登場した清陽軒の新メニュー ”まぜそば”

小郡店・イオンモール熊本店・ゆめモール柳川店限定で販売されています。

なんせ、汁なしメニューには目が無いもので (●´ڡ`●)
食べてみたいと思っておりました♪

この日はちょうど近くを訪れたので、小郡店に突撃してきました~

 

アクセス

西鉄小郡駅から800メートルほど。
甘木鉄道 大板井駅から300メートルほどの場所にお店があります。

近隣には 「ラーメン キラメキ。」 が。
ぐ~んと4キロほど北上すると 「麺屋 我ガ」 があります。

 

店舗外観

清陽軒らしい、レトロ調の立派な外観。
バス停を模した出入口の看板がでているあたりもシャレています^^

今となっては逆に新鮮な、登り龍の暖簾も見事ですね♪

 

店舗内観

ゆったりと広めの店内。
落ち着いた雰囲気で清潔感があります。

フロアの一角にはセルフコーナーがあります♪

 

おしながき

こってり系の ”屋台仕込み” とすっきり系の ”すっぴん” がメインメニュー。

兄弟店(といって差し支えないハズ?)の ”大砲ラーメン” でいうところの、昔ラーメン と ラーメン にあたります。

もちろんどちらもバツグンの旨さ

しかし今回のお目当てはコチラ!

デフォは並盛・大盛共に、480円とワンコインを切るリーズナブルな設定です。

お手頃価格でプラスできる、トッピングメニューもアレコレとあります。

この時はお腹が空いていなかったので並盛にしたハズが・・・
ついウッカリ、焼きめしをセットにしてしまいました。

3回も悩んだものの・・・どうしても清陽軒に来たらスルー出来ない存在です^^;

お品書きには、清陽軒の歴史も載ってます。

 

まずはシンプルに→こがし一味&にんにく醤油でエクストリームな旨さへ!

麺が太めなので少々待っての着丼。
こちらがデフォの まぜそば(並盛)です。

今回はトッピングで温泉玉子をプラスしてみました。

ではでは全体をよ~くかき混ぜ、丼の底のタレを行き渡らせてからズズっと・・・うんウマイっ♪(´ε` )

太めのモチモチ麺が実に食べ応えあり。
タレが塩梅良く行き渡ることで、シンプルなのに奥深い味わいを生み出します。

風味の良い刻み海苔刻みチャーシュー青ネギ、そして全体を包み込む温泉玉子

メンマのコリっと感がナイスなアクセントになっています^^

さて、1/3ほど食べたら、味変タイムへ♪

まずはお酢&ラー油を控えめにプラス。
円やかなタレに、心地良い酸味と辛味が加わりメリハリの効いた味わいに。

2/3まで食べ進んだら、こがし一味&にんにく醤油固体)を少量追加。

香ばしくビターな辛味と、にんにくのパンチが加わってアゲアゲな旨さに♪( ´▽`)

とくに後半2つのアイテムは僕の中で激アツな存在でしたねぇ~

 

焼きめし

こちらは毎回の様にオーダーしてしまう、人気の焼きめし

本店で食べる時のように神がかった味とはいきませんでしたが、なかなか楽しめました。

ちなみに今回はしませんでしたが、こがし一味&にんにく醤油チョイ足しは焼きめしにもおススメです (^^ゞ


 

清陽軒らしい、安定感あるウマさでした。
トッピングバリエーションや、調味料を変えることで何度でも楽しめそうですね♪

欲を言うなら、久留米らしい独自性が加わると更にアツいメニューになるのではないでしょうか。

次回は久々に本店を訪問しなければ!
福岡市内にも進出してくれないかなぁ~^^

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

清陽軒 小郡店