今、福岡で啜るべきラーメン6杯 <2015年7月>~夏はやっぱり冷たい麺~

今、福岡で啜るべきラーメン6杯 <2015年7月編>

今、福岡で啜るべきラーメン6杯。

5回目となる今回のキーワードは、”ヒンヤリ冷たい麺”です!

あえてつけ麺は入れず、100%冷製メニューだけでまとめてみました^^

 

近頃の暑さは、昔に比べ相当ハード…(+o+)

さすがにアッツアツのラーメンがキツイ日もあります(汗)

そんな時でも思わず食べたくなる♪ヒンヤリ旨いメニューをズラリ集めました。

 

今年の夏は、旨い麺で元気に乗り切りましょう!

それではヌルくならないうちに、冷や冷やでどうぞ~(笑)

※今回は特に多く期間限定メニューが含まれます。終了時等はご容赦ください。

 

 

EM’S GRILLER (エムズグリエ)@中央区高砂
冷やチュー

EM'S GRILLER (エムズグリエ) (2)

炭火焼料理のお店である、EM’S GRILLER。

旨い料理が楽しめ、雰囲気も良いので、感度の高い方々に人気のお店です^^

 

以前、系列店である「むすまつ (musumatsu)@渡辺通」で食べた”冷やチュー”は、それまでの冷やし中華の概念を覆す旨さでした!

その本家であるEM’S GRILLER (エムズグリエ)で5月より、夏季限定メニューとして”冷やチュー”の提供が再開されています♪

 

EM'S GRILLER (エムズグリエ) (1)[1]

シコシコとコシのある中太麺を、ホロリと解ける分厚いチャーシュータップリのサラダと共に頂くメニューです。

麺はこだわり派のラーメン店御用達、”製麺所 慶史”謹製の、中太麺を使用。

茹で上げた後、冷水でキュッと〆た麺は、プリップリ&シコシコとしたコシのある旨さです^^

 

ボリュームタップリ柔らか~く口の中で解ける分厚いチャーシュー♪

キュウリ、モヤシ、プチトマト、カイワレ、ミョウガなどなど、タップリの野菜にドレッシングを纏わせたサラダと共に。

 

これが旨いっ!
凡庸な冷やし中華とは次元が異なる、未体験の味わいと食感を生み出します(^O^)

麺の旨さチャーシュー&タレの旨さ、絶妙の塩梅でドレッシングをまとった多彩な野菜達

一度食べたら忘れられない、オリジナリティ溢れる逸品です!

詳しいレビューコチラから

 

 

ラーメン仮面 55@中央区薬院
冷やしヌードル【限定】

ラーメン仮面55 (4)

不思議香菜ツナパハ(大名)や、東方遊酒菜ヌワラエリヤ(赤坂)という、スリランカ料理の専門店が手掛けるエスニック系ラーメンのお店。

それが「ラーメン仮面55」です。

 

エスニックラーメンや、キーマカレーラーメンなど、何を食べてもハズレが無い

しかもどれもがリーズナブルという嬉しいお店です^^

 

そんなラーメン仮面55で、夏季限定麺として冷やしヌードルが提供中。

蒸し暑い季節にピッタリ!
自家製ドレッシングが決め手の逸品です。

 

ラーメン仮面55 (1)[1]

赤・黄・緑の彩りが、とってもきれいな盛り付け♪

崩すのが勿体ないですが、少しずつ崩しながら口の中へ(笑)

カボス薫りと味わいが、適度な酸味を与えて旨いっ^^

酸味がきつくなく食べやすい味わいです。

 

店員さんによると、お店特製の醤油ドレッシングを使用しているとのこと。

後半は、小皿で付いてくるマスタードを少し混ぜて食べてみると、これまたイケます!

 

麺は中太クラスのちぢれ麺
水でしっかり締められており、ひんやり&プリプリとした味わいがステキ^^

 

具材は、きゅうり、トマト、鶏チャーシュー、赤パプリカ、カイワレ、半熟玉子玉子焼き

色鮮やかで見た目にも楽しく、タレ・麺ともバッチシ♪

味わい&食感ともに、それぞれの持ち味を楽しめます(^O^)

 

詳しいレビューコチラから

 

 

中華そば さくら@博多区美野島
冷やし担担麺 温玉・冷飯付

中華そば さくら (6)

美野島で人気の中華そば屋さん「中華そばさくら

は「中華そば屋」、は「居酒屋」として営業されています。

 

家庭的な雰囲気の良さと、キメ細やか丁寧な仕事ぶりが印象的。

旨くてボリュームも満点なのに、とってもリーズナブルというステキなお店です^^

 

中華そば さくら (2)[1]
担担麺と言うと辛いイメージですが、こちらは胡麻のクリーミーな味わいが前面に出ており、とっても優しい味わい

胡麻風味とコク、そこに少しだけピリッと辛さが広がります。

 

そぼろ肉は大ぶりで、肉感&ボリュームもタップリ。

スープ&麺&肉と一緒に口の中に運べば、肉の旨味が広がり堪らない味わいです。

 

麺は、中太ちぢれの中華麺
キュッと冷たく締められた麺は、プリプリ踊るような食感がバツグンです♪
食べ終えたら、温玉冷たいごはんを投入して楽しみます。

ごはんは、手間をかけ冷やしたものを提供。
せっかくの冷たいタレが、熱いごはんでヌルくなることがありません

何という細やかな気配り!素晴らしいですね(^O^)

 

一般的な辛い担担麺とは異なり、ほっこり・ひんやりできる一杯。

暑い夏でも、汗をかかずに食べられる清涼メニューです♪

 

詳しいレビューコチラから

 

 

ラーメン屋 游@城南区荒江
冷やし中華【限定】

ラーメン屋游 (4)

見た目は端正
丁寧なつくりで洗練されている印象がありつつ、その味わいはスープ・麺・具材共にストロング!

そんなハイレベルな「とんこつラーメン」「チャンポン」などを食べさせてくれるのが、昨年末にオープンした「ラーメン屋 游@荒江」です。

かのトンコツの名店で修業された店主さんが営んでおり、その確かな腕前で春先からは限定麺の提供もスタートしました。

 

ラーメン屋 游 (1)[1]

その第3段がこちらの「冷やし中華」

ぶっちゃけ歳をとるほどに、冷やし中華が好みで無くなった僕が、久々にシビれた一杯です(^^ゞ

僕が(おそらく世の中のおじさんも?)冷やし中華を苦手になったのは、クド~い甘さとツンツンした酸味が原因(+o+)

 

ところがこちらのタレは、適度な甘みと心地良く控えめな酸味
これならイケるっ、いやむしろ旨い♪

途中、好みでライムをギュっと絞ると、爽やかな清涼感が加わりこれまたイイ感じ^^

 

もう一つの大きなポイント麺の旨さにあります。

スープやタレはもちろん、游は麺がこれまたバツグンに旨いっ!

冷水でキュッと〆た細めの平打麺は、艶やかで官能的な滑らかさと、強めのコシが素晴らしいです(^o^)

 

上質な自家製チャーシューの細切りを中心とした、具材も秀逸

これぞまさに“オトナのための冷やし中華”と言えましょう♪

 

詳しいレビューコチラから

 

 

黄金の福ワンタンまくり 飯倉本店@城南区飯倉
盛岡冷麺【限定】

黄金の福ワンタン まくり 飯倉本店 (6)

多彩な麺メニュー点心が楽しめる人気店黄金の福ワンタンまくり

看板メニューのワンタンだけでも、醤油・塩・カレーが選べるなど豊富な麺メニューが揃います。

そんな”まくり”で、夏季限定メニューとして「盛岡冷麺」が提供中です。

 

黄金の福ワンタン まくり 飯倉本店 (1)[1]

見るからに涼しげなこのビジュアル!

この上なくキンキンに冷やされたスープは、ひと口啜るだけで蒸し暑さがスッと引くようです。

鶏ダシと思しきスープは、冷たさのなかにも旨味がしっかり閉じ込められています(^O^)

 

麺は本場、盛岡より直送

艶やかなビジュアルの中太麺は、本物の冷麺と見まごうほどの、非常に強いコシしなやかさを持っています。

 

一般的に焼肉店などで供される「冷麺」は、蕎麦粉を使用しています。

しかし盛岡冷麺は、麺のなかにジャガイモのでんぷん質が入っており、それが強烈なコシを生み出すのだとか。

ツルツルと滑らか&シコシコとしたバツグンのコシ!
この食感、何とも新鮮です^^

 

具材にはチャーシュー、キムチ、キュウリ、玉子などをオン。

なんと言ってもキムチの旨さ♪
清涼感溢れる一杯のなかで、心地良い酸味軽い辛味プラスする名脇役です。

 

ソバアレルギーを持っていて普段は冷麺が食べられない方も、これなら安心して楽しめるのではないかと(^^ゞ

 

詳しいレビューコチラから

 

 

大名ちんちん@中央区赤坂
冷やし汁なし担々麺【限定】

大名ちんちん

かの名店”四川飯店”で腕を振るった店主さんが営む、赤坂の人気店です。

坦々麺や麻婆豆腐を始め、本格派の味わいをリーズナブルに楽しめます^^

 

こちらのメニューは、胡麻ダレ仕立て冷製まぜ麺

昨年の夏に登場した際、僕らがめちゃハマった絶品メニューです!

 

大名ちんちん (1)

ピロピロ食感がタマラナイ官能的な旨さ平打ち麺を、何ともクリーミーでコクのある味わいのゴマダレ風のタレで頂きます。

タレの軽い酸味が心地良く、山椒の薫りシビ感がなんともステキ~♪

四川料理をベースとする大名ちんちんならでは!!
辛シビ使いが見事です(^O^)

 

もう一つのポイント香ばしいナッツの風味。

カリッ&コリッとした食感のアクセントがとっても楽しいです^^

 

肉味噌の旨味が全体に重厚感を与え、一方でレタスやモヤシといった野菜サッパリ感シャキシャキ食感を演出。

味、食感、薫りの全てを楽しめる、素晴らしい一杯です\(^o^)/

 

詳しいレビューコチラから

 

いや~改めて、どれもが傑作と言える素晴らしいメニューばかり♪

ラーメンに限らず、冷製のメニュー香りが立たせにくく味のふくらみも出しづらいという特徴があります。

そんな難しいメニューを、これだけ多彩な形で作り上げる腕前に、ただただ脱帽です(^^ゞ

 

昔に比べ、暑い時期が長~くなった感のある昨今。

旨い冷製メニューの有無は、今まで以上に重要なポイントになりそうです!

 

次回の厳選&テーマ別メニューでは、”うどん系”の冷製メニューを特集する予定です。

こちらもどうぞ、お楽しみに~(^o^)丿

 

過去記事はこちらから

今、福岡で啜るべきラーメン6杯 <2015年7月編>

今、福岡で啜るべきラーメン 6杯 <2015年7月編>

 

今、福岡で啜るべきラーメン5杯 <2015年6月編>今、福岡で啜るべきラーメン 5杯 <2015年6月編>

 

今啜るべき4杯 2015年5月[1]今、福岡で啜るべきラーメン4杯<2015年5月編>

 

今、福岡で啜るべきラーメン 5杯 <2015年4月編>今、福岡で啜るべきラーメン5杯<2015年4月編>

 

今、福岡で啜るべきラーメン 5杯 <2015年3月編>今、福岡で啜るべきラーメン5杯<2015年3月編>

 

コメント0
CATEGORY :

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA