【島系本店 志免本店@糟屋郡志免町】 福岡における二郎インスパイア系の草分け的存在

糟屋郡志免町にある、「島系本店 志免本店」 をご紹介します。

2006年にオープンした、福岡における二郎インスパイア系の草分け的存在

二郎系と店主さんの地元である鹿児島のラーメンを融合して生み出されたという一杯は、優しく食べやすい味わいがポイントです。

 

4 島系ラーメン 太麺・麺増量+野菜増量(2018年4月)

”太麺オーダー”がマスト! ガッツリ噛み応えある極太麺で楽しむべし

どちらかと言えば、舞鶴店との相性が良いのですが、ちょっと久しぶりに志免本店にいってみようかなということに。

前回訪れたのは2017年4月に登場した、10周年メニュー 春薫る中華そば を食べに来て以来なので、約1年ぶりの訪問です。

 

アクセス

福岡空港国内線ターミナル近くにある、トライアル福岡空港店と同じ敷地にお店があります。

 

店舗外観

黒を基調としたシックな外観。
店頭右手に券売機があります。

 

おしながき

ラーメンは大きく分けて4種類

・デフォとなる二郎インスパイア系ラーメン
つけ麺
まぜそば
博多ラーメン

唐揚げや餃子のセットもあります。

インスパイア系のラーメンをオーダーする時は、「太麺」でとオーダーするのを忘れずに。
何も言わないと普通麺で提供されます。

野菜ドカ盛の、桜島なるメニューもあります。

 

店舗内観

店内はカウンターのみ
男性客が黙々と食べて、スッと出ていく感じです。

 

卓上調味料

卓上にはラーメン餃子のタレなどがあります。

 

大ぶりの ”煮ブタ” が島系スタイル。 必ず太麺でオーダーすべし

やってきました。
こちらが、島系ラーメン 太麺・麺増量+野菜増量 です。

デフォではややボリューム感に欠けるイメージなので、麺と野菜の増量はマストかな~

スープは比較的サラリとした仕上がりで、適度に脂が浮くタイプ。
タレの効き具合が丁度良い感じです。

麺はガッツリと噛み応えある極太のちぢれ麺
グムグムとした食感を楽しめます。

島系の特徴のひとつがこの ”煮ブタ
脂身控えめの角切り肉を、しっかりめの味付けで煮込んであります。

濃い味と野菜のバランス感がうまく折り合う感じ。

煮玉子はビジュアルがちとアレですが、これまた濃厚な味わい。

特にオーダーしなければニンニクはこれ位なので控えめですね。

 

3 つけ麺(2018年4月)

こちらは、つけ麺
かなりサラっとしたスープに、太麺を潜らせていただくスタイル。

これ位の麺になると、かなり濃厚なスープを合わせることが多いのですが、珍しい組合せだと思います。

ヘビーなスープが苦手な方には良いのかも?


 

福岡において、二郎インスパイア系の呼び水となった島系。

これまでに、つけ麺やまぜそばもいただきましたが、やっぱりラーメンが一番ですね~

意外にボリュームはおとなしめなので、

ラーメン+麺&野菜増量するか?
島+麺&煮ブタ増量するか?

どちらかがおススメかと思います。

とりあえず、太麺オーダーだけは忘れずに(笑)

本店と舞鶴店、どちらがしっくりくるか?
食べ比べてみるのも良いかも知れませんね~

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

2 まぜそば(2015年3月)

餃子が入るまぜそばは初。醤油強めでハッキリした味わい 

 

1  島系ラーメン(2015年3月)

福岡ではレア。穏やかなタイプの二郎インスパイア系

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

島系本店