ひと口啜れば思わず頬がほころぶ美味さ♪ 味も香りも秀逸な極上鶏白湯らぁめん

シフク (2)

らぁめんシフク@博多区榎田
鶏白湯らぁめん 玉子入り

 

前々回前回と、福岡Walker限定メニューを味わった、らぁめんシフク@榎田へ。

週1ページで通いたいほど大好きな、鶏白湯らぁめんを食べに再訪^^

合わせてこれまた最近のお約束である、炙りチャーシューごはんも頂いてきました。

お店への行き方、雰囲気、実食メニューのレビューなどはこちらから

 

ひと口啜れば思わず頬がほころぶ美味さ♪ 味も香りも秀逸な極上鶏白湯らぁめん

シフク (2)スムーズに着丼。

味わいも然ることながら、ビジュアル的にも玉子入りがマスト!

クリーム色のスープに浮かぶ、ほんのりピンクの鶏チャーシュー、玉子の黄色、青ネギの、ナルトのピンク

このバランス感が素晴らしいですなぁ~^^

シフク (3)

ではではスープをズズっと・・・美味いっ♪

ベットリ妙に重い白湯でも、旨味の薄い清湯でもなく、しっかり奥深いのにフレッシュ感のあるスープ。

ジャンルで言えば鶏白湯なのですが、イメージ的には鶏白湯と塩のイイとこ取りという感じ(^^ゞ

今日も絶好調です!

鶏の旨味を生かしたスープを更に膨らませるタレには、カキアサリ、煮干し鰹節といった魚介の旨味を効かせてあるそうです。

 

スープとの一体感バツグン! 口当たりよく滑らかな舌触りの自家製麺

シフク (4)麺は自家製の中太ちぢれ麺を使用。

この麺がまた、素晴らしくスープによく合います!

モッチリと口当たり良く、チュルチュルと滑らかな舌触り^^

しっかりとスープの旨味をまとい、相互にその旨さを引き立てあっています。

僕はごはんモノ(鶏チャーシュー丼 or 唐揚げセットで雑炊)と一緒に頂くのがパターンですが、替玉でストレートの細麺を楽しむのもオツですよ~

 

旨いもの&上手いものをアレコレ。 スープ&具材を引き立てる具材も抜かりなし

シフク (5)しっとり柔らかだけれど、しっかりと鶏肉の旨味を楽しめるチャーシューがまた旨いっ♪

キクラゲはよくあるバサバサとしたものではなく、食感の良い上質なもの。

もともとキクラゲ自体が好きでは無い僕ですが、こちらのキクラゲは別物です。

写真では見えませんが、スープに沈んだ刻み玉ねぎも大きなポイント。

シャキシャキと食感が良く、スープの旨味に慣れてきた舌を上手くリセットしてくれます^^

 

炙りチャーシューごはん

シフク (1)一度食べれば病みつきになること請け合いの、炙りチャーシューごはん。

香ばしく炙った鶏チャーシューと、シャキシャキと風味の良い青ネギ相性抜群♪

タレの旨さに、ちょいとマヨネーズ&一味唐辛子がプラスされればグウの音も出ない旨さです(^^ゞ

サッパリと頂けるので、鶏白湯にも塩にも、もちろん醤油スープにもよく合います。


 

味はもちろんなのですが、香りの良さも非常に大きなポイント!

心をわしづかみにされるような香りに、着丼時点からメロメロです(^^ゞ

スープと麺の一体感の高さもまた、筆舌に尽くしがたいもの。

スープと麺の掛け算が成立した一杯だからこそ、これだけの完成度に至るのだと思います。

ま、僕の勝手な理屈はともかく、食べると笑顔になれる一杯ですよっ♪

 

これまでに”めんむすび”でご紹介したメニュー

27.イロトリドリ【限定】(2016/5/13)0513シフク (9)

野菜だけでなくスープも麺もイロトリドリ♪ 変化に富んだ味わいに楽しさ満載

 

26.イロトリドリ【限定】(2016/3/11)シフク (2)[1]まさに春爛漫♪ イロトリドリな野菜が丼を彩る、うららかさと幸福感に満ちた一杯

 

25.つけ麺(こってり) & つけ麺(あっさり)(2016/2/19)シフク (2)

鶏の旨味をよりストレートに味わう! シフクのつけ麺が新たなスタイルへと進化

 

お店への行き方、雰囲気、実食メニューのレビューなどはこちらから

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

らぁめん シフク

昼総合点★★★★★ 5.0

 

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA