【博多塩ラーメン 城@大野城市南ヶ丘】 極めてクリア&食べ応えしっかり&ローカロリー

大野城市南ヶ丘にある、「博多塩ラーメン 城」 をご紹介します。
福岡では極めて稀少な塩ラーメンを看板メニューとするお店。

中洲ゲイツの裏手にあった 「まるきゅうらあめん(東京池袋発の人気ブランド)」 を経て、2011年こちらにオープンしたそうです。

 

3 塩ラーメン(2018年2月)

この充実感のある味わいで400kcal! キリっと&円やかクリアな塩ラーメン

かれこれ10年以上も昔の話ですが・・・当時の僕にとって、まるきゅうとの出会いは衝撃的なものでした。

「こんな塩ラーメンがあったとは!」
すっかりハマって、しばらく通い詰めたものです (^^ゞ

まるきゅうだったお店は、えん舞博多塩らあめん えん と少しずつ変化。

同時に福岡市内の数か所に 「1杯=400kcal」というフレーズを掲げ、近しいお店が登場しました。

こちらの城はそれより以前、早い段階で大野城に登場。
人気のお店として定着しています。

場所柄なかなか行けていなかったので、今回は久しぶりの訪問です。

 

アクセス

春日から都府楼前へと抜ける505号線の中ほど。
Y字路を少し路地に入るとお店があります。

 

店舗外観

落ち着いた佇まいのファサード。
店頭には数台分の駐車スペースがあります。

 

店舗内観

内観はうっかり撮り漏れ。
入って正面には小上がりの席が、左手にはカウンター席があります。

 

卓上調味料

卓上には柚子胡椒などがスタンバイ。

 

おしながき

看板メニューはモチロン、塩ラーメン
さらには、醤油ラーメン・担々麺・つけ麺があります。

その他に一口餃子ゴハンものも。

ふと目を上にやると、「第4週 水・木・金は、濃厚鶏白湯ラーメン」 を提供との情報が。

この日は残念ながら対象ではなかったものの、これも気になりますね^^

今回はお久しぶりなので、デフォの塩ラーメンをいただきました。

 

この充実感のある味わいで400kcal! キリっと&円やかクリアなスープ

スムーズに着丼、こちらが塩ラーメンです。

この上なく透き通ったクリアなスープ。
塩ラーメンと言えども、ここまで透明度の高いスープは少ないでしょう。

では早速スープをズズっと・・・うん、旨い (^o^)
しっかりとしたコクがありつつ、キレ味の良い仕上がり。

モンゴルの岩塩+アンデスの岩塩+糸島の塩を合わせて使用しているそうです。

まるきゅうを始め、こちらのタイプは良し悪しではなく特性として 「キュッと塩が立っている」 というイメージ。

良く言えばエッジが効いている、悪く言えばちょっと塩が尖っている。そんな感じでした。

今回は直感的な印象として、丸みを帯びた味わいに感じましたね^^

それにしても、この充実感のある味わいで400kcalというのは驚異的!
福岡で最も罪悪感なく食べられるラーメンかも?

 

潔く&爽快な啜り心地がイイ感じ♪ シュルっとハリのあるストレート麺

合わせるのは細めのストレート麺
ハリがあってシュルっと啜り心地の良い食感がなんとも新鮮です♪

煮干し系なんかもそうですが、とんこつに限らずパツっとハリのある麺が基本的に好きな僕ら。

塩ラーメンは多加水麺を合わせることが多いなか、この組み合わせは激アツだと思います^^

 

炙りチャーシューがナイス! 具材・スープのアクセントとして大活躍

具材は炙りチャーシュー、メンマ、海苔など。
ネギは白髪ネギ青ネギをダブルで使用しています。

何と言っても炙りチャーシューがポイント
それ自体の味も然ることながら、香ばしさがスープにアクセントをプラス!

香りと味わいに更なる奥行きを与えていると思います(^o^)


 

スープの円やかさ、麺の感じ共に、以前とはまた少し異なるイメージ。
これもまたイイ感じだと思います^^

福岡の塩ラーメン好きなら、まずは一度食べてみて欲しいお店。
「こんな塩ラーメンがあったんだ♪」って驚く方も多いと思いますよ~

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

2 つけ麺(2015年8月)

淡麗なつけダレと極上中太麺の共演。稀少なアッサリ系つけ麺がここに♪

 

1 塩ラーメン(2014年9月)

塩ラーメン 城 (1)3種の塩で仕上げたクリアなスープ!淡麗系の塩ラーメン

 

店舗情報はこちらから

博多塩ラーメン 城