【古式生そば ひさや@博多区店屋町】 創業70年を超える福岡市初の本格そば店

博多区店屋町にある「古式生そば ひさや」をご紹介します。

昭和21年創業、なんと70年を超える老舗そば店

しかも福岡市内で初のお蕎麦屋さんだったそうです。

 

1 天ざる(2017年9月)

しっとり甘みのある海老天に、しみじみ染み入る蕎麦が風情を感じる旨さ

絶品のそばは勿論、合わせて人気の「A丼」というメニューが気になり、初訪問です。

 

アクセス

明治通りから、土居通りへ。
50メートルほど行くと左手にすぐお店が見えます。

お店の左側には、結構広めの専用駐車場が。

 

店舗外観

風情ある佇まいのファサード。
何とも良い味を出しています。

 

店舗内観

店内も味のある雰囲気。
照明の色合いと言い、使い込まれたテーブルなどなど、一気に落ち着きのある空間へ引き込んでくれます。

テーブルを中心とした作りで、いくつかお座敷席もあります。

お店の中央にレジがあるのも面白いですね。

 

卓上調味料

卓上には唐辛子がスタンバイ。

 

おしながき

おそば屋さんですが、うどんもラインナップ。
丸天きつね鴨南など定番メニューがズラリと。

なぜか「おじや」が麺類部門に記載されています(笑)

丼物も幅広く取り揃えられています。
親子丼、天丼、カツ丼などのお馴染みのものから、丸天丼A丼などのレアなものまで。

A丼とは
カットした丸天玉子でとじた、ひさやオリジナル丼。

えぇ丼」ということで”A丼”だそうです。

因みに、釜喜利うどんには”B丼”という雲仙ハムの玉子とじ丼があります。

A丼のミニセットがないか期待していたのですが、ないとのことだったので、天ざるにしました。

 

しっとり甘みのある海老天に、しみじみ染み入る蕎麦が風情を感じる旨さ

結構スムーズなサーブ。
厨房と、素敵なお姉さん方の慣れたオペレーションが良いですね。

そばと天麩羅が区切られている器に乗って登場。

ダイヤの5」に見える海苔と、ドドンと大きな海老天がパッと目の中に飛び込んできます。

それでは、お蕎麦をズズズっと♪
蕎麦の香りがフワリと舞う、優しくもしっかりとした味わい。

モッチリとした食感で、食べやすいですね。

ツユはキリッと濃いめ
蕎麦の甘みが際立つバランス感です。

途中で多めにわさびを溶かして頂くと格別♪

お楽しみの天麩羅は、
大きめの海老2尾玉ねぎとシンプル。

うっかり撮り忘れましたが、
海老の下にはそばを素揚げしたものがありました。

この海老天がまた旨し。
プリプリというよりは、しっとりと甘みを感じるタイプ(*”▽”)

海老本来の味わいを楽しめる感じの、私好みでした。

衣もしっかりなので、食べごたえも満点

足りるかな~なんて心配は要らない、ボリューム感です。
※食いしん坊の私で結構お腹一杯でした(笑)

最後はお約束のそば湯で。
ツユのダシ感と、蕎麦の風味が、改めて楽しめます。


 

常連さんらしきお客さんや、ココを目当てに初めて来られたお客さんなど。

どんなお客さんにも分け隔てなく、親しみをもって接してくれる女将さんや店員さん。

と~っても居心地が良くて、ついつい長居してしまいそうな雰囲気でした。

次は複数で訪問して必ず「A丼」を食べることを心に誓いました。

 

良かったらいいね!お願いします♪

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

古式生そば ひさや