【双鶏@中央区渡辺通】 次は鶏白湯の戦いが開幕か? 謎に包まれた気鋭の新店現る!

中央区渡辺通にある、「双鶏」 をご紹介します。
2017年9月にオープンしたばかり。

とりかわを始めとした焼鳥と、鶏白湯ラーメンを始めとした豊富な麺メニューを楽しめるお店です。

大きな特長のひとつとして挙げられるのが、京都 「麺屋棣鄂」 の麺を使用していること。

全国の名店が取り入れている有名な製麺所ですが、福岡では滅多にお目にかかれない稀少な存在です。

 

3 双鶏醤油ラーメン(2017年9月)

いよいよランチ営業もスタート♪ 醤油やピリ辛鶏白湯など新メニューも登場

オープン時は夜のみの営業でしたが、ふらりと訪れてみると・・・おおっ、昼もやってる♪

さてメニューは・・・流石に台湾まぜそばやつけ麺はないみたい^^;

しかしよく見ると、醤油辛い鶏白湯など新登場のメニューが!
これは気になるね~

 

アクセス

渡辺通 電気ビルやBiVi福岡の裏手あたり。
薬院駅と渡辺通駅の中間にお店があります。

数多くの飲食店が軒を連ねる、超激戦区。
近隣には 「CHICKEN MEN 鶏麺」 や、「Chinese Kitchen 真心」 があります。

 

店舗外観

看板には 「とりかわ焼鳥」 「鶏白湯ラーメン」 の文字が。
シックな雰囲気のファサードです。

こちらは以前、博多牛スジラーメン 歩があった場所ですね。

照 TERRA 渡辺通店」 には行ったものの、こちらは行こう・行こうと思っているうちに(汗)

 

店舗内観

シンプルで落ち着いた雰囲気の店内。

手前にはL字型のカウンターが、奥にはテーブル席があります。

お客さんが多かったので、写真は割愛です^^;

 

卓上調味料

卓上には粗挽きコショウ唐辛子などが。

ラーメンをオーダーすると、小皿で柚子胡椒レモンが供されます。(ここはメニューによって異なるかも?)

 

おしながき

こちらは2017年9月下旬のメニュー。

ランチメニュー(昼)新たにスタートしたランチメニュー。
デフォの鶏白湯に加え、醤油辛い鶏白湯も楽しめます。

かしわご飯&小鉢が付くセットは、+150円とお手頃です。

 

グランドメニュー(夜)

鶏白湯ラーメン鶏白湯ベースの担々鶏魚介のつけ麺台湾まぜそばという4種をラインナップ!

福岡ではレアなメニューばかりですね^^

この時点では、鶏白湯ラーメンと台湾まぜそばを提供。

追ってつけ麺や担々麺も登場するようです。

ちなみに麺は、京都 「麺屋棣鄂」 の謹製♪

つけ麺&まぜそばは、あの特製ウイング麺を用いるようです。

 

ツマミ系メニュー(夜)こちらは焼鳥などのおしながき。
110円/1本の品が圧倒的に多く、お手頃な構成です。

やや太めの麺なので、麺を茹でるのに少し時間が必要です。

スープ、麺、香味油へのこだわりを読みつつ待つとしましょう。

 

鶏ダシに醤油ダレがギュっと効いた、明快で頼もしい一杯♪

いよいよ登場。こちらは、双鶏醤油ラーメンです。

2種のチャーシュー、ミツバ、白ネギが美しく盛り込まれた一杯。

盛り込みの丁寧さは、味にも繋がると思いますね^^

ではではスープからズズっと・・・お~っ、こりゃ旨い♪

鶏のダシにギュっと効いた醤油ダレ香ばしさ&コクが、明快で頼もしいイメージ。

醤油は醤油らしく” という言葉が浮かびます。
こりゃイイねっ♪(´ε` )

麺は麺屋棣鄂謹製エッジの効いた中太ストレート麺

全粒粉を練り込むことで、より一層香りが際立つイメージです。

極濃の鶏白湯スープ以上に麺の存在感を楽しめる一杯。

より麺を味わうタイプは醤油かも (^^ゞ

具材はしっとり鶏チャーシュー香ばしい豚チャーシュー

それぞれの旨さを味わえる欲張りな構成です。

ミツバ&白ネギの清涼感もイイ仕事してます。

添えられた柚子胡椒レモンで味変するのも楽しいですよ~

 

2 極濃鶏白湯スープ+ガッンと辛味。ガッツリ+スパイシー好きなあなたへ

こちらは、辛双鶏白湯ラーメン

デフォの鶏白湯をベースとしつつ、スパイシーなパウダーが表層を覆うハードな一杯。

はて、辛味と共に感じる風味は・・・

オレンジのパウダー、香味油、どちらかに由来するものかな?

いきなり混ぜずに味わうべきだったなぁ^^;

極濃のスープにガッツリ辛味

「スープの量をぐ~っと少なめにして、まぜそばライクに味わえるかも?」 と感じるほどパンチの効いた味わいです。

辛味は結構しっかりなので、濃厚+スパイシー好きな方におススメですね。

 

ランチセット

こちらはランチセットの、かしわご飯日替りの小鉢

かしわご飯は結構濃いめの味付け。
サービスで大盛にも対応してくれます。

卓上の粗挽きコショウをパラリと振って楽しみました。

小鉢ってなんとなくオマケ的で ”まぁ、有ったらあったで・・・” というものも少なくないですが(汗)

こちらの小鉢は味&食べ応えともに十分でした^^

これで+150円は非常にお得感ありますね♪


 

どちらも個性派の一杯でしたが、僕はズバッと明快で頼もしい醤油が好みでした (^o^)

登場予定のものを含めランチ+ディナーを合わせると、既に6種ものメニューが。

バラエティ豊かな構成で楽しませてくれるお店です!

次回は、つけ麺が登場した際に。
台湾まぜそばとセットで味わってみたいと思います。

 

1 双鶏白湯ラーメン 味玉入り(2017年9月)

重厚鶏白湯スープに合わせるのは・・・あの、京都 麺屋棣鄂 謹製の中太麺!

オープン当初は夜のみの営業」との情報を、イナッキーさんのツイートで確認。

僕らは基本的に昼の活動なので、事前に知ることができて助かりました (^^ゞ

 

おしながき

こちらは焼鳥などのおしながき。
110円/1本の品が圧倒的に多く、お手頃な構成です。

気になる麺メニューがこちら。

鶏白湯ラーメン鶏白湯ベースの担々鶏魚介のつけ麺台湾まぜそばという4種をラインナップ!

福岡ではレアなメニューばかりですね^^

この時点では、鶏白湯ラーメンのみの提供。
追って他のメニューも登場するそうです。

ちなみに麺は噂通り、京都 「麺屋棣鄂」 の謹製♪

つけ麺&まぜそばは、あの特製ウイング麺を用いるようです。

今回は、串ものを6本ほど食べ、双鶏白湯ラーメン 味玉入りをいただきました。

 

鶏皮

まずは鶏皮を、タレで2本ずつ。
写真を撮り忘れましたが、豚バラも2本いただきました。

お手頃価格で気軽に楽しめるのが嬉しいですね^^

 

博多モンも驚く! ガツンとパンチの効いた重厚鶏白湯スープ

いよいよ登場、こちらは 双鶏白湯ラーメン 味玉入り です。

見るからに頼もしい、重厚感ある鶏白湯スープ。

それでは早速、ズズっと・・・お~っ、こりゃスゴイ♪

まるで鶏にガブリと食らいついたような、ほとばしる旨味!

ガツンとパンチが効いた味わいに驚きです。

タレの効き方もピシャリ。
ビシッと輪郭を描く、パワフルな仕上がりです。

コッテリとんこつラーメンに慣れた博多の人も物足りなさは皆無だと思います^^

後半は、添えられた柚子胡椒レモンで味変を楽しみましょう。

柚子胡椒も鉄板ですが、おススメはレモン

重厚ゆえ、やや舌が重くなった頃にギュッと絞ると、グッと軽やかな後味に。

柚子胡椒と混ぜない方が、メリハリが効いて良いかも知れません。

 

京都 麺屋棣鄂 謹製! 重厚スープに飲まれない中太麺

麺は京都発の人気製麺所 ”麺屋棣鄂” 謹製!

7月、高宮駅そばにオープンし大人気を博している 「地鶏らーめん はや川」 も、棣鄂(テイガク)の麺を使用しています。

モッチリと口当たりの良い中太ストレート麺

重厚トロトロなスープだけに、麺のスープリフト力が半端ではありません(笑)

こんなにガッツリ! 麺がスープを連れてきます (^o^)

スープが超強力なので、すっかり麺が埋もれてしまいそうですが・・・

そこは流石の存在感控えめながらキッチリと主張しています。

 

デフォで鶏&豚の2種盛り♪ 具材もキッチリ抜かりなし

チャーシューは、しっとりながらコクのある鶏チャーシューと、

炙りを入れて香ばしく仕上げた豚チャーシューの2種を合わせ盛り。

どちらも間違いないクオリティでしたね♪

ちなみに添えられた柚子胡椒は、レモンと混ぜないために、鶏チャーシューのうえにチョイと乗せて味わってみました。

我ながら上手い使い方だったかも (^^ゞ


 

これまた面白いお店が登場しました^^

いずれスタートすると思われるランチ営業。
担々麺、つけ麺、まぜそばの登場も楽しみです♪

それにしても・・・少し先の 「CHICKEN MEN 鶏麺」 とは、メニュー構成が極めて近く・・・
かなり驚きました^^;

鶏白湯ラーメンは大好きなので、アツいお店が登場するのはウェルカムです!

最近の新店は、醤油・辛い系が圧倒的に多かったので、こうして別ジャンルが登場するのは嬉しいですね。

新メニューが登場したら、早々にリピしたいと思います。

良かったらいいね!お願いします♪

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

双鶏