ひと口の説得力の高さは他の追随を許さない! これぞ久留米とんこつ王者の一杯

大砲ラーメン (7)

大砲ラーメン 本店@久留米市通外町
昔チャーシューメン

 

久留米ラーメンの代名詞と言っても過言では無い「大砲ラーメン

めんむすびでは「天神今泉店」が一度登場しただけなのですが、大好きなお店です(^^ゞ

その割に登場回数が少ないのは・・・

僕の稼働エリアで言えば天神今泉店ですが、ここが「車で行くには面倒な場所だから」という理由だったりします(汗)

ちなみに稀少な暖簾分けのお店「天砲ラーメン 春日本店」も激ウマです!

今回はそんな大砲ラーメンの本店を巡礼しようとの目論見。

久々の本店なので、ちょっとテンション高めです^^

 

アクセス

西鉄久留米駅から600メートル(7~8分)程、中央公園方面に歩くとお店があります。

の場合、3号線 通町十丁目の交差点から路地へ入り、300メートル程進んだあたりです。

3号線からも、322号線(文化センター通り)からも見えない路地の中なので、地元の方か行ったことのある方しか知らないでしょうね(汗)

まず偶然通りかかることは無いかと思われます^^;

 

店舗外観

大砲ラーメン (16) 大砲ラーメン (17)

大きく立派な建物の、正面と右手に専用の駐車スペースがあります。

店舗入り口の左手には、「醤油工房」なるスペースが。

この日は学生らしきお客さんが大勢来店しており、午後遅い時間にもかかわらず大行列(汗)

日頃なら車で数分の「合川店」や「上津店(旧 昇和亭)」に行くという手もあるのですが・・・

今日は ”本店巡礼” がお題目のため、大人しく待つことにしました^^;

 

店舗内観

大砲ラーメン (2) 大砲ラーメン (4)店内右手は厨房に沿って、L字型のカウンター席が。

左手にはお座敷席があります。

お客さんは超満員。見事に男性ばかりです(笑)

 

卓上調味料

大砲ラーメン (20)

卓上にはコショウゴマなどがズラリと。

その他に ”からしニンニクのタレ” という味変アイテムもあったりします^^

大砲ラーメン (5)

そしてこれまたお約束
大砲名物、”アイスグリーンティー” がオン♪

めんむすびでは、一風堂の ”ルイボスティー”かなで食堂の ”プーアル茶” と共に、「福岡ラーメン店 3大茶」と名付けております(^^ゞ

 

おしながき

大砲ラーメン (3)

※上記メニューはクリックすると拡大します。

メインは全店共通の「昔ラーメン」と「ラーメン」です。

昔ラーメン” は、背脂&カリカリ入りコッテリ仕様。

文字通り、兄弟店である「清陽軒」でいうところの ”屋台仕込み” です。

ラーメン” は、ラードが入らずトンコツの旨さをよりダイレクトに味わえる、ややマイルド仕様。

こちらは清陽軒の ”すっぴん” にあたります。

ちなみに小さめサイズを両方を食べられる、”食べ比べセット” というステキなメニューも。

その他に黒マー油入りの ”ブラック” や、キッズラーメンなどもあります。

大砲ラーメン (21)

更には「厚切り炙りチャーシューメン」そして「チャーシューおにぎり」という本店限定メニューが♪

大砲ラーメン (18) 大砲ラーメン (19)

まずは毎度のお約束、昔チャーシューメンを。

そして未食の限定メニュー、厚切り炙りチャーシューメンチャーシューおにぎりシェアして楽しむことにしました^^

大砲ラーメン (1)

さらに、これまた気になるアイテム、”香味油”を両方頂くことにしました(笑)

 

ひと口の説得力の高さは他の追随を許さない! これぞ久留米とんこつ王者の一杯

大砲ラーメン (7)いよいよ登場。いつもながらド迫力のこのビジュアル!

キレイに炊きあげられたこの色合い。そそるねぇ~^^

大砲ラーメン (9)

ではではスープをズズッと・・・うぉ~っ、旨いっ\(^o^)/

上質なとんこつスープのコク、そしてパンチの効いた脂のコクがガツンと♪

”これぞ大砲!!”

一杯・・・いやひと口の説得力の高さは、他の追随を許しませんな (^^ゞ

これだけパンチの効いたとんこつスープともなれば、元ダレの効きが甘いと眠たい仕上がりになることも(汗)

しかし大砲の場合、そこの見切りがピシャリ!

スープの良さを損なうことなく、元ダレがキレイに輪郭を描いているイメージです。

旨いけどくさいと言われる(イメージがある)スープですが、不思議と食べてしまえば全然気にならないんですよね(笑)

 

スルスル&モチっと旨い。揺るぐこと無きデフォ=ジャストな仕上がり

大砲ラーメン (11)麺は博多に比べ、やや太めのストレート

久留米とんこつのスタンダードといったところでしょうか。

オーダー時に「硬さは?」と聞かれず、なんだかホッとしました。

今は東京の非豚骨のお店でさえ、聞かれることもあるので(汗)

決して硬さを聞くのが悪い訳では無く、「指定するのが当たり前」という文化が違和感なんですよね~

そもそも久留米とんこつに「カタメン」は無いでしょうから。

とか言いつつ、天神今泉店では皆が指定してた気がします(笑)

さすがに博多のど真ん中じゃ、断れないでしょうね^^;

 

閑話休題。
デフォの茹で上がりはまさにジャスト♪

スルスル&モチっとした食感が大変美味しゅうございました(^^ゞ

 

とろ~りコッテリのバラチャーシュー&カリカリが、昔ラーメンの醍醐味♪

大砲ラーメン (8)昔ラーメンとラーメンは、チャーシューも異なります

こちらはコッテリの昔ラーメン仕様なので、適度に脂が入ったバラ肉を使用しています。

シットリ&とろ~り♪とろけるような旨さがタマリマセン(^o^)

※ちなみに ”ラーメン” は、あっさりとしたモモのチャーシューを使用してます。

 

心地良いサクサク感が魅力のシナチク

独特のくさみや、スジばった食感など微塵も無し。

久留米ラーメンには付き物の海苔

食感、風味、色取り共に抜群の青ネギを含め、一切の隙は見当たりません。

そして薬味の王様である、カリカリ(=背脂を揚げたもの)が、これまた旨いっ♪

香ばしく終盤はややホワッとなってイイ感じ。

やっぱりコレが無いと、しっくりこないんですよね(笑)

 

香味油

大砲ラーメン (13)こちらは香味油。

左が「昔ラード(カリカリ付)」 →入れるとラーメンが ”昔ラーメン” に変化。

右が「黒マー油」 →入れると ”呼び戻しブラック” の味に変化します。

半分チョイ食べてから、昔ラーメンには「黒マー油」を加減しつつ投入。

ちょっとピリ辛でビターな味わいがステキ♪

さすがは大砲!自慢のスープを壊さない非常に上質な黒マー油です。

初めて試しましたが、これは面白いですね~^^

 

厚めで香ばしいチャーシューがタップリと。本店だけのレアな一杯

大砲ラーメン (10)こちらは本店限定厚切り炙りチャーシューメン

通常よりやや厚切りにカットされたロールチャーシューを、香ばしく炙ってラーメンにオン。

香ばしさと肉感がステキですね (^^ゞ

大砲ラーメン (14)

こちらは ”ラーメン” のスープを使用しており、昔ラーメンに比べてマイルドな味わい。

大砲ラーメン (12)

チャーシューの下にモヤシが敷かれており、サッパリ感を演出しています♪

後半は「昔ラード(カリカリ付)」を投入。

マイルドな味わいが、グッとパンチの効いた味わいに変化します。

食べ比べラーメンも楽しいですが、ラーメンでオーダーして後半は「昔ラード(カリカリ付)」追加。

という流れもアツいですね!

 

チャーシューおにぎり

大砲ラーメン (6)

チャーシューおにぎりも旨いっ。

やや小ぶりですが、味付けのバランスが良く肉の旨味もしっかり楽しめます。

チョイとマヨが付くあたり、”分かってるねぇ~♪” と言う感じです (^^ゞ


 

久々の本店巡礼、心ゆくまで楽しめました♪

大砲&久留米ラーメンファンなら、是非とも一度は訪れておきたいお店です^^

お馴染みのメニューを食べ比べてみるも良し、本店限定のメニューを楽しむも良し!

食べ比べラーメン or 香味油で味変どちらもお薦めですよ~

 

ちなみに久留米ラーメンに付き物の ”焼きめし” は残念ながら本店にはありません^^;

上津店には「五目チャーハン」
合川店には「たかなチャーハン」
天神今泉店には「えびチャーハン」があります。

よし、コンプリートしよう(笑)

まずは次回、上津店から行ってみます (^^ゞ

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

大砲ラーメン 本店

昼総合点★★★★ 4.5

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA