【ザ・ナガハマラーメンⅡ@博多区神屋町】 5色のメニュー×ガンソインスパイア系

博多区神屋町にある、「ザ・ナガハマラーメンⅡ」 をご紹介します。

五号線沿いの元祖長浜ラーメン@太宰府市」がセカンドブランドとして展開する「ザ・ナガハマラーメン@大橋」の2号店。

長浜ラーメンの祖である、ガンソをインスパイアしたお店です。

 

1 ラーメン+替肉(2018年5月)

手堅くデフォか? 4種の変化球か? そこが問題だ

大橋の1号店オープンから、なんと半年で2号店が登場するとは驚きです。

この1年の間に
元長屋@今泉
長浜男@東光
はかたやExpress@箱崎

そして、こちらのザ・ナガハマラーメンが2軒とガンソインスパイアなお店が続々と登場。

むしろラーメン店の新店登場が鈍化するイメージもある中、このジャンルだけがやたら元気です^^;

 

アクセス

福岡国際センターや福岡サンパレスからチョイ離れた場所。

昭和通りと那の津通りをつなぐ、西町筋の中ほどあたりにお店があります。
※以前は僕の空 神屋町店があった場所です

少し離れた場所には、「博多 元気一杯」 や 「家系ラーメン 壱壱家」 といったラーメン店があります。

 

店舗外観

大橋店と同じく、ポップな雰囲気のファサード。
暖簾のキャラクターのジワジワくる感じがイイですね~

店頭のポスターには 「スープは五号線沿いの元祖長浜ラーメンで炊いてます」 的な記載がありました。

 

店舗内観

おそらく以前のお店そのままの内観。
ぐるりとコの字にカウンター席が並びます。

 

卓上調味料

卓上には、タレ入りのミニ薬缶や、DIY的に穴を開けたゴマの入れ物など、お約束の品が。

 

おしながき

こちらは2018年5月時点のメニュー。

デフォに加え、赤・黒・味噌・魚介と、実に5種ものラインナップが。

魚介とんこつにチト驚きましたが、そう言えば大橋店に魚粉が有りましたね^^;

夜は唐揚げ、餃子、チャーハンもあるようです。

 

ドーピングは不要! シャバさを感じさせないとんこつスープ

あっという間に登場、こちらがデフォのラーメンです。

しれっと替肉もセットでオーダー。
チャーシューメンライクに楽しむのが、めんむすびのスタイルです(笑)

スープをズズっと・・・うん、適度な濃度で食べやすいね^^
いわゆる ”シャバさ” は感じさせず、ちゃんと豚骨感がある仕上がり。

タレも明快に効いていて、ドーピング無しで完食できるタイプ。
替肉も投入するので、タレ増量は不要ですな (^^ゞ

この仕上がりをイメージして、今回はベタナマを封印。
麺だけカタメにしていただきました。

 

そうそう、コレコレ♪シュルっと&バツっと細麺にほぐし肉を絡めてススル

シュルっと&バツっとした、細めのストレート麺
やっぱコレコレです♪

めんむすび的に、”ゴング&替肉” が定番スタイルになってからというもの・・・
ほぐれたお肉を麺に絡めて楽しむのがやみつきでして (^^ゞ

麺量は少なくない方ですが、イッキに完食でございます。

 

肉とネギ。足りないものは何もナシ!

シンプルイズベスト
肉とネギのシンプルなハーモニーこそ、この一杯に良くあいます^^

しかし、メニューにある ”生たまご” は、チト気になる存在かも?

シャバくないこちらのスープなら、月見を楽しむのも一興かも知れませんね~


 

大橋オープン時のような盛り上がりまでは有りませんでしたが、ちゃんと手堅いイメージ。

「ガンソたるもの」みたいな話は横において、柔軟性を持って味わうのが吉かと思います^^

しかし改めて・・・
手堅くデフォを味わうべきか?
味噌、魚介、赤、黒といった変化球こそ楽しむべきか?
なかなか悩ましいところ^^;

大橋で食べた味噌はそれはそれでアリだったし、思い切って魚介とか黒とか食べてみるのもアリかも?

ガンソベースの魚介とか、黒マー油入りとか、他所では味わえませんからね~

ガンソライクな味と、レアな変化形
アナタはどちらを選びますか?

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。