【とまと家@博多区綱場町】 浅草開花楼の太麺を楽しめる♪ 博多つけ麺界のパイオニア

博多区綱場町にある、福岡では稀少なつけ麺を楽しめるお店 「とまと家」 をご紹介します。

「つけ麺文化がなかなか根付かない」 と言われ続けてきた博多の地において、昔から本格派のつけ麺を提供し続けてきた数少ないお店。

数多くの有名つけ麺店で使用されている ”浅草開花楼の麺を福岡で楽しめる稀少な存在です。

 

【2回目】 2017年1月 綱場つけ麺 大盛 だしあつ


王道の濃厚魚介つけ麺を味変しつつ楽しむ♪ 麺のスタイルも3種からチョイスOK

ランチタイムが11:30~14:00と比較的タイトなので、”昼遅め”の訪問が多い僕らにはハードルが高め^^;

「久々に再訪を」と思いつつ、なかなかタイミングが見つからなかったのですが、ようやくチャンスが。

今回はふくめん1号ひとりで訪問してきました。

 

アクセス

地下鉄箱崎線 呉服町駅から徒歩2分ほど。

明治通りにあるキャノンのビル横にある、一方通行の道を20メートル程進むと、右手にお店があります。

公共交通機関だとスムーズなのですが、この辺りは車だとちょい面倒なエリア。

コインパーキングが満車であることが多いうえに、ビックリ価格もチラホラあるのでご注意を(汗)

 

店舗外観

木目を基調としたモダンな佇まい。

”つけ麺”の文字を掲げた提灯が目印です。

 

店舗内観

前段のスケジュールの都合で、よりによって一番込み合うタイミングに訪問してしまい^^;

お客さんがずっと満員だったので、店内の写真は割愛でございます。

結構な数のテーブル席があります。

 

卓上調味料

卓上には、ゆず酢辛子にんにくといったオリジナリティあるアイテムが。

変アイテムとして、有効に活用しましょう^^

 

おしながき

メインのつけ麺は、デフォ辛いタイプの2種を提供。
麺量は4段階から選べる仕組みです。

まずは基本の冷たい麺がおススメですが、「あつもり」や「だしあつ」といった麺を熱い状態で供するスタイルでも楽しめます。

つけ麺以外に、豚骨ラーメン・魚だし豚骨ラーメン・焼きラーメン・ちゃんぽんなどのメニューもあり。

ランチタイムは唐揚ごはんのセットも提供されています。

お久しぶりなので、今回もデフォの綱場つけ麺をチョイス。

今回は 「だしあつ」 でいただきます^^

オーダーしたら、楽しみ方の説明などを読みつつ、のんびり待ちましょう。

 

モッチリ豊かなコシと共に、鰹節&イリコのダシを楽しむ ”だしあつ” を

一番混む時間帯×だしあつでのオーダーとあって、登場には20分を要しました(汗)

「時間掛かります」との説明は、実際それほどでもないケースが少なくないのですが、こちらではガチでした。

少し訪問する時間をずらせば良かったなぁ^^;

しかしビジュアルの方は上々♪

トロリと濃厚なスープはタップリと。

麺はダシを被った状態で登場です。

丼からは鰹節&イリコ出汁の良い香りが立ち上っています。

まずは麺を少しズルズルと・・・うん、ウマい^^

モッチリとした太麺は、ガシガシのコシではなくムッチリと口当たりの良い弾力感を楽しめます。

コシの強さはデフォの方がダイレクトに楽しめると思いますが、だしあつもまたオツですね。

スープが冷めにくい&あつもりの様に麺同士がくっつかないというメリットもあります。

この寒い時期にピッタリの食べ方ですよ♪

 

王道の濃厚魚介つけ麺! トッピング&調味料で味わいの変化を楽しむ

それではスープにドップリとつけて味わいます。

動物系と魚介系が上手く折り重なった、まさに王道の濃厚つけ麺♪

極端にハードなチューニングではなく、打ち出しはしっかりと。

それでいて誰もが食べやすい仕上がりです^^

 

折角なので、アレコレ楽しむのがおススメ。

①まずは何もプラスせず、そのままで。麺の浸し方で味わいがグッと変わります。

②続いて無料トッピングの”刻み玉ねぎ”をプラス。シャキシャキ食感と清涼感がイイですね~。

③更に50円でプラスできる、”サクサク海老”を投入。海老の香ばしさとクリスプな食感がステキです。

④終盤は卓上にある”ゆず酢”をチョロっと。ゆずの爽やかな香りと心地よい酸味が加わります。

その他ににんにく辛子味噌などもありますが、僕は大体このパターンです (^^ゞ

ちなみにスープに沈んでいて見えませんが、チャーシューや玉子も旨いですよっ♪

 

スープ割

〆はスープ割で。

お店の方にお願いすると、一度器を下げて割ったものを持ってきてくれます。

沢山は飲めなくとも、やはり楽しんでおきたいですね^^

ちなみにまだ量がイケるかたは、+160円で雑炊にもできるようです。

いつも満腹で到達したことが無いので、次回は麺量を抑えてチャレンジしてみようかな~


 

超極濃×極太麺など、エクストリームなベクトルもアツいつけ麺ですが、バランスの良い一杯にも魅力があります。

もちろん物足りなさなど感じさせない、しっかり満足感あるチューニング。

大枠は変わらないように思いますが、年月と共にじっくりと進化を重ねているのかも知れませんね^^

ランチど真ん中は、非常に込み合うのでやや遅めなどを狙えると、スムーズに食べられるのではないか?と思います。

兼虎などでつけ麺の魅力にハマった方は、こちらも試してみてはいかがでしょうか?

 

良かったらいいね!お願いします♪

 

【1回目】2014年7月  綱場つけ麺 大盛

博多で唯一!?あの浅草開化楼の麺が啜れるつけ麺の人気店

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

とまと家

昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA