【海物 山物@博多区博多駅南】 わらび野グループが手掛ける人気店にラーメンが登場

博多区博多駅南にある、「海物 山物」 をご紹介します。

篠栗の山中にある絶景カフェ 「茶房 わらび野」 をはじめ、「博多炊き餃子 池ぽん」 「豚ステーキ 十一」 「生うろん八幡」 などなどを営む、わらび野グループが手掛けるお店。

夜は結構リッチな居酒屋さんだそうです。

 

1 醤油らぁめん2017年12月

良いものを丁寧な仕事で。オシャレな空間でいただく上質な醤油ラーメン

そんな海物 山物がランチでラーメンの提供をスタート。
HENOさんや、みおせるさんのレビューを見て訪問してきました^^

 

アクセス

宮島交差点そばにある、フォルクス博多駅南店の裏手あたり。
竹下通りから一本奥まった通りにお店があります。

一方通行が多い界隈なので、ピンポイントにナビで行かないと迷うかも知れません^^;

少し先には、「海鳴食堂」 「住吉亭」 「杏仁荘」 などがあります。

 

店舗外観

なんともオシャレなファサード♪
凹の字型に建てられたお店は総ガラス張り

中央には大きな楓の木が植えられており、なんとも風情ある佇まいです。

入口にはランチ営業を知らせる看板が。
ゆったりとした駐車スペースに車を停めて中へと向かいます。

 

店舗内観

天井が高く、ゆったりとした造りの店内。
正面にオープンキッチンがあり、左右のスペースが客席になっています。

紅葉が彩る店頭の様子。なんとも趣があります。

 

おしながき

ランチのメニューはシンプルにらぁめんおにぎりのみ
折角なので、おにぎりも1ついただいてみました。

卓上にはコショウ、緑茶が配置されています。

 

和み系醤油ラーメン。香るのは”かの名作”を彷彿とさせるアレ♪

やってきました、こちらが醤油らぁめんです。
大ぶりのチャーシューに目を奪われつつ・・・むむっ、この香りは!?

早速スープをズズっと・・・ふう~ウマいっ (^o^)
けれんみの無いドッシリと落ち着いた味わい。

金気を感じさせないゆったりとした魚介の旨味に加え、なんとも優しい甘みが印象的です。

そしてこの香りは・・・ゴマラー油でしょうか?

この香りが立ち上るとどうしても、かの名作 ”出前一丁” を思い浮かべずにはいられません(笑)

元ダレ・油の塩梅もジャスト。
妙に難解に仕立てることもなく、かと言って安っぽさは皆無。

思わずいつまでも啜ってしまう、和み系の味わいです♪

 

ツルツル&モチモチ♪ ウマさもボリュームも満点のちぢれ麺

合わせるのは、かなり太めの縮れ麺
口当たりの良さと、モッチモチの弾力感が魅力の存在感ある麺です。

ツルツルと滑らかな啜り心地がイイ感じ♪
丼の形状からもイメージする通り、スープ&麺量共にかなりのもの。

食の細い方にはちょっとキツイかも知れませんね^^;

 

しっとり大判のレアチャーシュー。コクのある味わいで食べ応えアリ

具材の主役はレアチャーシュー
低温調理されており赤身がかった仕上がりですが、スープの熱で次第に色が変化

肉質が良いので、それでもシットリ感は結構保たれています。

玉子はしっかり固ゆで
旨さでいけば確実に半熟だと思いますが、固ゆでにはノスタルジーという別の魅力があるかな^^

メンマの仕上がりもキッチリ。
具材の満足感もなかなかのものです。

 

おにぎり

2色のゴマ塩をまとった作り立てのおにぎり。
握り具合、塩気のバランスも良くラーメンによくあいます♪

この緑茶がまたイイんだよね~(^-^)


 

良い素材を用い、きっちりと丁寧に作られたイメージ (^o^)

オシャレな店内でいただく一杯は、けれんみの無い素直な味わいがステキでした。

帰り際にお店の方から 「どこで知られたのですか?」 と聞かれたので 「ネットで~」 と。

立地的にも知る人ぞ知る感があるので、たまたま通りかかることは少ないかも?
こういう情報の広がりこそ、ネットのチカラだと思いますね~

いきなり夜はハードルが高いな~と思われていた方も。
ステキな空間でウマイラーメンを食べてみたい方も。
どうぞ一度お試しあれ。

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

海物 山物