アツアツ&トロっと♪ KENZO名物、ベビースターオンの焼きラーメンを楽しむ

屋台 KENZO (9)

屋台 KENZO@博多区須崎町
焼きラーメン & ラーメン

 

【屋台初心者 めんむすびが行く、博多屋台放浪記①】

僕、ふくめん1号は10年ちょい、”なんちゃって博多モン

ふくめん2号は生まれて30年ちょい、”生粋の博多モン

しかし、博多名物である ”屋台” には全然詳しくありません^^;

 

博多を代表するグルメブロガーである、「博多のあんさん」も仰せの通り、

・博多の人間は、毎日のように ”めんたいこ” を食べるワケでは無い

・それほど多くの地元民が日常的に ”屋台” に行くワケでも無い

僕らも同意見です (^^ゞ

※でも、大阪府民はお好み&たこ焼きを頻繁に食べると思っています(笑)

 

とは言うものの、僕らの大好きな”ラーメン”と”屋台”は、切っても切れない深い関係が。

そこで、”屋台初心者のめんむすびが研究してみよう” という試みをスタートします!

第1回は、KENZO Cafe@上川端の姉妹店である、屋台の ”KENZO” へ。

 

アクセス

昭和通り沿い ホテルオークラから川を挟んで筋向いにお店があります。

デュークスホテル中洲スグそば

何軒かの屋台が並んで登場するスペースの一角です。

食べログの地図が指す場所は、少しずれているのでご注意を(もう少し天神寄りです)

 

店舗外観

屋台 KENZO (3)外から混み具合が分かるのが、屋台の便利な所^^

どうやら上手いこと、1組分のスペースが空いている模様です。

既に3組/6名ほどのお客さんが。

その後の様子から察するに、今日の構成は・・・

地元の方:60
ビジネス&観光の方:40

といったところですね (^^ゞ

 

ちなみに食べログによると、営業時間は19時~2時頃まで。

日曜がお休みのようです。

 

おしながき

屋台 KENZO (1) 屋台 KENZO (2)

※クリックすると拡大します。

焼き鳥、炒めものなど、限られたスペースながらメニューは中々豊富です。

ラーメンはデフォに加え、もつラーメン等も。

さらにKENZO名物の、焼きラーメンもあります。

串モノを少しつまみつつ、焼きラーメン → ラーメンを頂くことにしました^^

 

串もの

屋台 KENZO (4)僕の好物である豚バラと、ふくめん2号が好きな鶏皮&砂ズリ

福岡式焼き鳥のトラディショナルスタイルである、キャベツに乗って登場です。

焼き鳥の多くは120~150円とお手頃。

ガッツリいきたいキモチを抑えて、ちょいちょいとつまみます^^

 

焼きラーメン

屋台 KENZO (9)グツグツ&熱々!

焼きラーメンは鉄板に乗って登場です。

半熟玉子の上に、ベビースターラーメンをトッピングしてあるのがKENZO流

フ~フ~しながら、アツアツのところを頂きます。

う~ん、コッテリ&トロウマ^^

屋台 KENZO (10)

ラーメンの細麺とんこつスープソースで仕上げており、甘味のあるテイストが印象的です。

焼きそばよりマッタリ滑らかで、重くない感じ♪

ごはんというより間違いなくオツマミ!

押し出しの強い味わいは、ビールハイボールピッタリかと。

食べ終わりの段階で出来る、鉄板についたオコゲ的な部分も何気にウマかったりします(笑)

 

ラーメン

屋台 KENZO (5)こちらはラーメン。

クラシカルな丼がピッタリくる、王道的な屋台ラーメンです。

とんこつらしい風味がありつつ、〆にピッタリの重くない味わい。

クラシカルな博多とんこつのスープには鶏が入ることも多いと聞きますが、こちらもそうなのかも?

ヘビーでは無いものの、マッタリとまろみのある味わいです^^


 

久々の屋台でしたが、その良さをしっかりと垣間見ることができました!

半オープンエアで楽しむ食事のウマさ

知らない人同士が、違和感なくテーブルを囲める独特の一体感

店主さんとのやり取りの楽しさ(自分達も、他のお客さんも)

などなど^^

改めて屋台には独特の魅力があると感じました♪

これからのんびり、じっくりと訪問して行きま~す (^^ゞ

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

KENZO

夜総合点★★★☆☆ 3.5

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA