【麺屋ゆぶき 粕屋店@糟屋郡粕屋町】 飯塚の非とんこつ店が福岡エリアに登場

糟屋郡粕屋町にある「麺屋ゆぶき 粕屋店」をご紹介します。
飯塚に本店があり、その2号店となるコチラ。

2017年10月に、店主さんのご両親が営む形でオープンしたお店です。
醤油塩、味噌などの非とんこつをメインとしたラインナップで人気です。

 

1 地鶏かぼす(2017年10月)

少し大人気分♪ かぼすのほのかな苦味と酸味を合わせた醤油ラーメン

以前同じ場所で展開していた「ラーメン匠」が夜だけの営業だった?!ため、結局行けずじまいでブランド変更したタイミングに、早々に行って参りました。

 

アクセス

吉塚から篠栗方面に続く、県道607号線沿いにお店があります。

「若宮」交差点の少し手前、サニー原町店福岡銀行などの向かい。

 

店舗外観

本店と同様のメニュー写真を打ち出した看板。
人気の「地鶏かぼす」を前面に打ち出したターポリンが大きく掲げられています。

入店前からどんなメニューがあるのか、分かりやすくて良いですね。

 

店舗内観

店内は比較的コンパクト。
厨房前と壁沿いにカウンター席があり、窓側に小上がりの座敷テーブルが2つほどあります。

 

卓上調味料

卓上にはごまコショウが置いてあります。

 

おしながき

ラーメンは3種の味を基本としたラインナップ。

2種の醤油を使った「醤油
塩水を用いたという「
・珍しい赤味噌を用いた「味噌

醤油には、トッピングやテイスト違いがあります。
梅わかめ、ピリ辛、地鶏かぼすなど。

〆の雑炊ねぎめしなどのご飯もの。
手作り餃子もあります。

今回は、地鶏かぼす味噌ラーメンねぎめしを頂くことにしました。

 

少し大人気分♪ かぼすのほのかな苦味と酸味を合わせた醤油ラーメン

まずは、地鶏かぼすより。
カボスの香りがふわっと舞います。

スープをゴクっと。
2種の醤油を使ったというスープは、前面に醤油を押し出した味わいです。

鶏ダシベースと思われるスープは、グッと奥深さとコクが楽しめます。

醤油の明快な旨さがズバッと効いており、頼もしい一杯。

製麺屋慶史謹製の麺。
やや平打ちがかった中太のストレート麺を使用。

食べ始めはややハリがあり、食べ進めるごとにスープに馴染んできます。

地鶏は、しっかりとした弾力旨味が特長。
結構たっぷり入っているので、食べごたえもあります。

甘すぎない味付けがスープを邪魔せずマル。

かぼすは、徐々にほのかな苦味と酸味がスープに溶け出し、グッとツボをつく味わいに変化していきます。

 

2 味噌ラーメン

こちらは「味噌ラーメン
赤味噌を使った味噌ラーメンは珍しいからか、オーダーを受けるごとに「赤味噌ですが大丈夫ですか?」と聞かれていました。

パッと見は濃いめの醤油ラーメンのようなビジュアル。
丼からは、少し酸味を感じる味噌の香りが漂っています。

スープを一口。
おっ、今まで食べたことのない味わいかも。

かなりキレのある赤味噌の味わいが非常に印象的です。

円やかな味噌というより、少し酸味も感じられるシャキーンとしたイメージのスープ。

確かに、好みが分かれそうなチューニングですね。

 

ねぎめし

こちらは「ねぎめし
青ネギ、かつおぶし、カイワレを乗っけたご飯にスプレー状に醤油がかかっています。

よく混ぜて頂くのがオススメとのことで、しっかり混ぜて頂きました。

サッパリとしつこさのない味わいがラーメンによく合います。

半分残して、地鶏かぼすの方のスープをかけて頂きました。


 

福岡エリアにまたもや、醤油ラーメンのお店が増えましたね♪

現在、めんむすびでは「醤油ラーメンのまとめ記事」を作成中。

こちらもぜひお楽しみに( ^ω^ )

 

良かったらいいね!お願いします♪

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

麺屋ゆぶき 粕屋店