コクとキレの良いトコ取り!アゴ出汁が効いた塩とんこつ

吉祥寺 武蔵家 (1)[1]

吉祥寺 武蔵家@ラーメンフェスティバル in下関大丸
とびうお塩豚骨ラーメン

 

 

ラーメンフェスティバル in下関大丸、3軒目は「吉祥寺 武蔵家@東京」です。

家系の名店として誉高き、東京・吉祥寺のお店。

まさか、こんなタイミングで啜れるとは♪

 

今回のイベントは、ディフォのラーメンではなく「とびうお塩豚骨ラーメン」で参戦。

お店では「アゴ塩ラーメン」として提供しているものと思われます。

 

家系ベースで塩仕立てというのは非常にレア!?

少なくとも福岡ではまずお目にかかれないタイプです。

ワクワク^^

 

ブース

吉祥寺 武蔵家 (5)吉祥寺 武蔵家 (4)

 

コクとキレの良いトコ取り!アゴ出汁が効いた塩とんこつ

吉祥寺 武蔵家 (2)

まずは早速スープから。

なかなかの豚骨アロマですね^^

福岡人はおそらく問題ないでしょうが、豚骨がディフォでない方にとっては強く感じるレベルかと(笑)

 

レンゲが無いのでドンブリフトでズズっと・・・ウンマイっ!

コクのあるとんこつの旨味がしっかり前面にでています。

 

それでいてメッチャキレも良し

アゴ出汁の使い方と塩とんこつだからでしょうか?

 

力強さライトヘビー級キレの良さウェルター級といったイメージ。

コクとキレの良いトコ取りといった感じ(^^♪

このチューニングは、とんこつ王国福岡でも普段まずお目にかかれないタイプです。

 

個性の強いスープに負けない、存在感抜群の中太麺

吉祥寺 武蔵家 (3)

麺は緩やかなエッジがある、中太麺

ゆるやかなウェーブがかかっているようです。

 

モッチリと食べ応えのあるタイプ。

個性の強いスープに負けることなく、がっぷりとかみ合っている印象です。

麺も旨いねぇ~♪

 

出で立ちは異なれど、イズムは紛れもなく家系

吉祥寺 武蔵家 (1)

具材はチャーシュー2枚に、水菜・玉ねぎ、そして海苔とシンプル。

海苔こそありますが、醤油ダレを際立たせず、ホウレン草やウズラ玉子も乗せず鶏油を過度に立てることも無く。

それでも家系のイズムを感じさせるあたりはさすが。

 

チャーシューはスープを活かす控えめな味つけ

ヤワすぎず、かたく無く肉の旨味を感じられる絶妙の仕上りです。

 

水菜玉ねぎサッパリ感も、この一杯に不可欠な存在だと思います^^
素晴らしい一杯!

かな~~り、僕のツボにズバッと刺さる味わいでした(^O^)

 

時折出会って感動するのですが、旨い塩とんこつって福岡でもウケるのではないでしょうか?

博多ラーメンは醤油ダレをハッキリ押し出すタイプが多いので、塩とんこつは新鮮な味わいです^^

 

アゴ出汁は博多の名物だし、こんな味が福岡でも食べられたらイイなぁ~♪

 

店舗情報はこちらから

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方からの来店等の際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA