【元祖 赤のれん 和亭@博多区博多駅前】 人気の赤のれん。博多駅前に”なごみ”有り

博多区博多駅前にある、「元祖 赤のれん 和亭」 をご紹介します。

現在は大名にお店を構える 「元祖赤のれん 節ちゃんラーメン」 をルーツとする ”赤のれん” ブランド。

博龍軒@馬出」 「三馬路(現:うま馬)」 と共に、博多ラーメンの源流と言われています。

 

1 並ラーメン(2018年5月)

赤のれん”和み(なごみ)”バージョン。らしさキッチリの一杯。

福岡で赤のれんの名を冠するお店は・・・

こちらの 「赤のれん 和亭@博多駅前」 「赤のれん 雄ちゃん@那珂」 「赤のれん 野間店@野間」 など、暖簾分けと思しきお店がいくつも。

東京の六本木や丸の内でも大変な人気を誇っているそうです。

今回は博多駅前にある、元祖 赤のれん 和亭 を訪問してきました。

 

アクセス

”博多駅前” と一言で申しましても、なかなか広うございまして (^^ゞ

どちらかと言えば立地的イメージは、住吉や美野島に近い感じです。

こくてつ通りを渡って反対側の路地へ入ると、「博多らーめん ShinShin 住吉店」 や 「長浜御殿 住吉店」 などがあります。

 

店舗外観

本家のトーンを受継ぐビジュアル。
博多ラーメン発祥の味」というフレーズが掲げられています。

1台分の駐車スペースが、お隣にあります。

 

店舗内観

落ち着いた雰囲気の店内。
カウンター席テーブル席があります。

 

卓上調味料

ゴマコショウなど定番アイテムに加え、一味食塩などが並びます。

 

おしながき

本店の構成を踏襲しつつ、ややコンパクトにまとまったメニュー構成。

ラーメンは基本的にとんこつ1本ですが、トッピングバリエーションが多くラインナップ。

ちゃんぽん皿うどんに加え、各種定食メニューも提供されています。

赤のれんに来たらやっぱりコレ。
ラーメン定食=並ラーメン+半炒飯+餃子3個=720円(ランチ価格)
というフルセット。

イマドキはデフォのラーメンが700円超えも珍しくないので^^;
かなりのコスパだと思います。

 

”和み”を感じる穏やかな味わい。 赤のれんらしさをキッチリと

こちらは、並ラーメン
この丼とスープの色合い、所々に見える平打ち麺

これぞ赤のれん” というビジュアルです。

スープはトンコツ感がフワリとくる、ちょいワイルド系

脂の溶け込みは適度に。タレもバランス良く効いています。

トータル的に少しおとなしめでしたが、赤のれんらしさを楽しめました^^

麺は伝統の平打ち麺
カタメでオーダーしてもやはり、フニッと柔らかな食感(笑)

でもむしろ、この麺の仕上がりとスープの馴染みこそ、赤のれんの真骨頂と言えるかも♪

何度も食べると、やみつき感が生まれてきます。

具材はガッツリめのチャーシュー、赤のれんといえばメンマ、多めの青ネギ

本店も550円とリーズナブルですが、こちらは500円=ワンコインという設定。
さらにお手軽に楽しめます。

 

半炒飯

こちらはセットの半炒飯

お昼真っ只中という事もあり、超高速サーブ(半炒め置きとも)となっております (^^ゞ

しかしお店だけでなく、お客さんも忙しいお昼時。
スピードはある意味正義と言えるかも知れません。

しかも+120円と超お手頃ですからね~

 

餃子

こちらはセットの餃子
どこかお家っぽいこの感じがイイですね^^

野菜まで添えられた心遣いにもホッコリします。


 

お昼ど真ん中の店内には、次々にお客さんが。
ほとんどの人が、半炒飯付き or 半炒飯&餃子付きのセットをオーダーしていました。

赤のれんに来るたび思うのですが・・・

ここの付け率は、驚異的な”やきめしセット率”を誇る久留米を上回るかも!?

むむっ。久留米焼きめしが食べたくなってきたぞぉ~

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

赤のれん和亭