秘伝の和だしを合わせた、上品なクラムポタージュヌードル

てしおベジポタ (1)[1]

麺処てしお ベジポタ専門店@熊本市中央区新町
クラムポタージュヌードル トリュフオイル&焦がしバター醤油

 

 
熊本遠征2軒目は「麺処てしお ベジポタ専門店」です。

塩・味噌・醤油それぞれの専門店を手掛けるてしお4店舗目として出店したのがこちらのベジポタ専門店。

ベジポタで有名なお店と言えば、東京の超人気店「ソラノイロ」ですよね。
私も博多阪急に催事で来られた際に頂きましたが、その美味しさに2回行きました(*^^)v

福岡でも滅多にお目にかかれないベジポタを熊本で食べられるなんてステキ♪
ということで、行ってまいりました!!

 

アクセス

熊本城の南西、熊本市電 新町⇔蔚山町駅の中間あたりにお店があります。

てしおベジポタ (6)

お店が入っているビルの1階に駐車場があり、2台ほどとめられます。
駐車する場所は奥まったところにあるので、バックで入らなきゃかな?!なんて思いますが、頭から突っ込んで大丈夫です。

 

店舗外観

てしおベジポタ (5)

外観からはラーメン店には全く見えません(^^ゞ
完全にカフェ化してて、女子向きのお店ですね♪
男の人が一人ではちょっと勇気がいるかも(笑)

店舗内観

てしおベジポタ (9)
てしおベジポタ (12)

テーブル席とカウンター席があります。

お店入ると右手には、ケーキなどのショーケースらしきものもおいてありますが、中は入ってなかったです。
何かを販売されることもあるのかな…!?

ダークブラウンと白を基調とした落ち着いた雰囲気。
間接照明などを使用されており、おしゃれなイメージです。

 

卓上調味料

てしおベジポタ (7)

シンプルにブラックペッパーのみ
一緒に折鶴をディスプレイされているところが洒落てます。

 

メニュー

てしおベジポタ (8) てしおベジポタ (10)

メニューは潔く、「クラムポタージュヌードル1本のみ!
麺の量違い追加トッピングなどもあります。

面白いのは、ソース1つ選べること。
焦がしバター醤油、大葉のジェノベーゼ、トマトソース、トリュフオイル、カレーソースの5つから選べます。

おススメは全部らしいのですが、それは流石に無理なので元祖である「トリュフオイル」と、「焦がしバター醤油」にしました。1つはこの後の連食を考え、量少なめの半盛りに。

その他、ご飯ものやデザートセットもあります。

 

秘伝の和だしを合わせた上品なクラムポタージュヌードル

てしおベジポタ (2)

既にトリュフの薫りがスゴイ…!
予想以上の薫りです。

色鮮やかで盛り付けもキレイです。

早速、頂きます。
ポタージュとメニュー名にもあるので、どろっとしたスープをイメージしてたのですが、こちらはサラッとしたタイプ。貝系の旨味だけが全体を支配することなく、控えめにした優しい仕上がり

てしお秘伝の和だしを合わせて、上品な一杯に仕上がってます。
私的には、もっとガツンとくる感じをイメージしてたので、あれ?ってなりましたが、これはこれで食べやすくてアリですね。

 

プリッとして美味しい中細のストレート麺に豪華な具材が盛り沢山

てしおベジポタ (4)

少しエッジのある中細のストレート麺
芯が残る感じがプリッとして美味しい麺です。

具材は豪華。
肉感を残した豚チャーシュー、鶏のコリコリつくね絶妙な半熟具合の1/4玉子ヤングコーンプチトマト、スライスしたたまねぎ水菜ベビーリーフなどなど盛り沢山です。

あさりの身もしっかり入ってます。
これだけ具材が入ると、華やか&賑やかで良いですね♪

 

焦がしバター醤油バージョン

てしおベジポタ (13)

こちらは、半盛り焦がしバター醤油バージョン。
麺が少ない分、具材が沈んじゃいました…

トリュフオイルバージョンは最初からソースが入っていたのですが、こちらは別皿で提供
最初はそのまま頂いてから、1/3くらい食べたらソースを投入♪

ほわっとバター醤油の薫りがたち、食欲を掻き立てられます。
バターのコクと、醤油の旨味や甘味が加わり、味わいが多層化

これは良いかも。私たちはこっちの方が好きでした(*^_^*)


以前は「こだわり和麺」というメニューがあったようなのですが、今はクラムポタージュヌードルのみのようですね。

他の3店舗の塩・味噌・醤油も気になるところです。

 

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方からの来店等の際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

てしお ベジポタ専門

昼総合点★★★☆☆ 3.0

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA