【麺や おの@中央区舞鶴】 親不孝通りのラーメン店と言えば、間違いなくココ!

中央区舞鶴にある、「麺や おの」 をご紹介します。

和食、中華、居酒屋、ビストロ、鮨などなど・・・

福岡エリアにおいて数多くの飲食店を展開する 「ONOグループ」 が手掛けるラーメン居酒屋がこちら。

親不孝通りで10年以上に渡って愛されるお店です。

 

3 BIG3セット(博多豚骨らーめん+ぎょうざ+半チャーハン)(2018年10月)

僕らが愛した ”麺や おの” いよいよ復調気配が濃厚に!(新店も有るよ)

昔からONOグループのお店が大好きで (^^ゞ

こちらのラーメンだけでなく、アチラコチラのお店を楽しんできた僕らですが・・・

実はこの2年ほどは、以前に比べて訪問頻度が低下中(汗)

少し前に行った 「小野の離れ」 などは変わらず魅力的であったものの、一番多くリピしてきた 「麺や おの」 「博多うまかんもん小野」 は本領を発揮できていないイメージが σ(・ω・*)ンート…

しばし間を置こうと、それぞれ2年・1年。

ここ数ヶ月 「そろそろ・・・」「もういいかな・・・」と思いながら・・・ようやくリピートしてきました。

そこにはいよいよ、ONOグループ×麺系 復活の兆しが!

 

アクセス

親不孝通りのど真ん中、”ビーンズビルの地下1階” にお店が。

ほぼ対面には先日オープンしたばかりの 「元祖長浜屋 親不孝通り LABORATORY」 が。

路地を北天神方面へチョイと行くと、「Shin-Shin 天神店」 があります。

 

店舗外観

階段を降りていくと左手に入り口があります。

 

店舗内観

台湾屋台をイメージさせる賑やかな店内。

早い時間なので空いていましたが、遅い時間になるほどその熱を帯びていくようです^^

ざっくばらんで気兼ねなく寛げる雰囲気。

カウンター席、テーブル席が用意されています。

 

卓上調味料

卓上にはコショウやゴマ、紅ショウガなどの定番アイテムが並びます。

 

おしながき

こちらは2018年10月のお品書き。

以前に比べて結構絞り込まれたイメージかな?
それでも結構な数、幅広いメニューが並びます。

ラーメンのラインナップは・・・

デフォの豚骨に加え、醤油・柚子塩・担々麺・焼きらーめんなどもあります。

以前は月替わりメニューもありましたが、今は提供されていないようです。

そしてここからが、太っ腹な ONOの本領発揮!

今回新たに発見したこのシステム ”17~19時限定のせんべろシステム

1,000円=木札5枚を購入でき、数多くのメニューを組合せて楽しめる仕組み♪

つまみもアレコレ木札1枚(200円相当)で!
一部メニューも2枚、3枚でオーダー出来ます。

つまり例えば ”BIG3セット” の場合、木札4枚(800円相当)で・・・

らーめん+ぎょうざ+半チャーハンが楽しめるということに♪(´ε` )

シミュレーションすると、
らーめん 600円 +ぎょうざ6個 360円(仮)+半焼き飯 380円=1,340円!?→800円(税込)

・・・でた、ONOグループの衝撃プライシング!
脅威の約40%OFFということに(爆)

※餃子は6個入りが単品メニューにないので、8個=480円から試算

ちなみに単品飲み放題90分=1,000円という激安システムもあります!

 

素朴・本筋・ど真ん中。しかし同時に感じる、確かな洗練とアップデート感

さてまずこちらは、BIG3セット(博多豚骨らーめん+ぎょうざ+半チャーハン)

こ、これで800円相当^^;
ちょっと申し訳ないくらいかも。
チャーシューを+150円で増量してます

まずはモチロン、らーめんから。
スープをズズっと・・・お~っ、こりゃ旨い♪( ´▽`)

とんこつ”らしさ”はキッチリと保ちつつ、妙な酸味やくさみはナシ。

結構サラリとした仕上がりで脂っこさは控えめながら、その味わいは実に力強いっ!

実に秀逸な出来映えのとんこつスープです (^o^)

麺はシュルリと啜り心地が素直自家製のストレート麺

小麦の風味が良く、滑らかな口当たり頼もしいヒキを併せ持っています。

肉感溢れる厚切りのチャーシューも旨いっ♪

サクサク歯切れの良いメンマ青ネギもタップリです。

素朴で本筋を外さない、”博多とんこつ” ど真ん中の切り口。

それでいて、確かな洗練とアップデート感もヒシヒシと。
ONOの矜持を感じる一杯です。

 

2 醤油らーめん+煮玉子(2018年10月)

醤油は、より醤油らしく。 香り&旨味際立つ、力強い一杯

続いてこちらは、醤油らーめん に煮玉子をトッピングしたもの。

こちらもシンプルな出で立ちです。

レンゲを口に運ぶ時から心ときめくような香りが。

しっかりとしたコクを感じるスープの上で、醤油ダレの香り明快なキレがその魅力を余すことなく発揮します^^

むぅ~、こりゃナカナカの個性派ですぞぉ~(^^ゞ

この豊かな香りは・・・生醤油に由来するものでしょうか?

一般的な醤油らーめんに比べ、より力強くその存在感を示す醤油の香りと味わい

もしかすると好みは分かれるかも知れませんが、僕はかなり気に入りました♪(´ε` )

思わず ”醤油は、より醤油らしく” という言葉が蘇ります。

シュルリと潔い旨さの細麺とのマッチングも上々だと思います!

 

サイドメニュー

こちらはサイドメニューの数々。

ぎょうざは、熱々の鉄板で供するのが ONOの流儀。

アッツアツのパリジュワ♪
やけどに注意しつつ、出来たてをいただくのがおススメです^^

半チャーハンは、ホワッと優しい食感しっかりめの味付け

ボリュームの方もなかなかのものです。

BIG3セットを選んで1枚木札が余ったので、唐揚げを追加。

しっかりとタレが沁みた、香ばしい仕上がりでございました。


 

ふくめん2号と共に 「確かな復活の兆しを感じるね♪」 とテンションを上げつつお会計に。

ん?なんだろコレ。

おおっ!なんと、10/25(木)筑紫口に 「博多小野酒場 豚麺家」 なるお店が新規オープンとのこと!

豚麺家ということは、こちらもラーメン居酒屋でしょうな~(^-^)

ちなみに裏を見ると・・・あれ?セントラーザの地下にあった 「博多うまかもん」 が移転?

場所は、豚麺家と同じみたいです。
並んで入るのかな?

コチラも楽しみ~(о´∀`о)

生意気を言うなら、まだ全開とまでは言いませんが、確実に復調気配!

僕らが大好きだった 「麺や おの」 の魅力を取り戻してきております^^

さらには新店+リニューアルまで♪
こりゃ ONOがグイグイくる予兆を感じて、今日のリピに繋がったのかも(笑)

新店、どうなるか楽しみです!

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 太麺とんこつラーメン+黒チャーハン(2015年2月)

CHINA STYLE 麺や おの (1)

モッチリ太麺×タップリ具材が特長の醤油とんこつラーメン

 

 親冨孝通りでラーメンを食べるならココがイチ押し

CHINA STYLE 麺や おの@中央区舞鶴」です。

福岡で数多くの人気飲食店を営むONOグループのお店でございます^^

以前にご紹介しました「博多うまかんもん小野@博多区博多駅中央街」と同じく、ラーメンを主軸としたお店です。

基本的に僕らの麺活は“昼間”がメイン。

その為お気に入りであっても、夜営業のみのお店はなかなか行く機会が少なく…(汗)

この日はちょうど良くタイミングが合ったので、久しぶりに訪問してきました。

 

店舗内観

CHINA STYLE 麺や おの (13)CHINA STYLE 麺や おの (8) CHINA STYLE 麺や おの (13)

以前はスタンダードな内装でしたが、数年前に改装してこのような内観に。
中国の繁華街を思わせる演出です^^

それに伴い「CHINA STYLE」の名を冠することになりました。

テーブル席がいくつかと、カウンター席があります。

 

卓上調味料

CHINA STYLE 麺や おの (12)

卓上調味料はシンプルな構成。

この日は平日の23時頃
それでもほぼ満員と盛況でした。

 

メニュー

CHINA STYLE 麺や おの (9)CHINA STYLE 麺や おの (6)CHINA STYLE 麺や おの (7)

中華系を中心に非常にメニューが豊富
もちろん僕はらーめんを頂きます。

イチ押しは「とんこつ」ですが、「坦々麺」「焼きラーメン」「タンメン」等々、ラーメンだけでも種類が豊富です。

かけラーメンもあり(笑)

もう一つの名物は「月替わりの限定麺
今月は”春菊と蛤の醤油麺”とのこと。

こりゃ気になる(^^ゞ
しかしオーダーするも、終わってしまったとのこと…

ならばと未食の「太麺とんこつ」をお願いしました。

CHINA STYLE 麺や おの (9)

ラーメンを頼むと、ビールや餃子、ごはんモノなど、多彩なオプションが付けられます。
これがとってもお得!

CHINA STYLE 麺や おの (8)

さらにお得なのが、平日~22:00までの「夜ランチSet

ラーメンに、ごはんサラダ6種から選べるメインまで付いて960円と超お値打ち!!

博多の小野もそうですが、太っ腹過ぎてビックリです^^;

 

甘みのある醤油とんこつスープには、具材の旨味がタップリと!

CHINA STYLE 麺や おの (2)

オーダーからしばらくすると、具材テンコ盛りの一杯が登場!

なるほど、麺が太麺に変わるだけという訳では無いんですね~

お値段の違い(+200円)を考えると、そりゃそうだよね(^^ゞ

おの自慢のとんこつスープ。

コクはしっかり楽しめるのに、キレが良く軽やかさも兼ね備えたチューニング。

一杯ラーメンだけ食べてもしっかり満足!

お酒の後に、〆でも無理なくイケる。

バランス感に優れたハイブリッド仕様です^^

太麺とんこつは、デフォより醤油ダレを効かせた醤油とんこつライクな一杯です。

やや甘めのコッテリ感高めの仕上がりです。 

タップリ具材の旨味が溶け込み、より豊かな味わいになっています。

 

食べ応え満点の中太麺。スープと良く馴染む仕上がりがイイ感じ

CHINA STYLE 麺や おの (3)

麺はモッチリとしたストレート麺。
食べ応え抜群の中太サイズです。

チャンポン麺よりさらに一回り以上太い位かな?

デフォでやや柔らかめの仕上がりでしたが、程よいソフトな食感がスープと良く馴染んでいました。

量も結構多めの印象でしたが、これは具材の兼ね合いかも^^;

 

炒めた具材がタップリ。チャンポンライクな一杯

CHINA STYLE 麺や おの (1)

豚肉野菜など、炒めあげられた具材がタップリと♪

いつもの調子でチャーシューをトッピングしたので、さらにスゴイことに(^^ゞ

麺の太さも相まって、どちらかと言えばチャンポンに近い仕上がりかも。

空腹な時にガッツリと!
〆に食べるなら2~3人でシェアするのもアリかも(笑)

 

黒チャーハン

CHINA STYLE 麺や おの (15)

一緒に黒チャーハンをオーダー、シェアして頂きました。

見た目はすっごく味が濃そうに見えますが、全然そんなことはありません。

香ばしくほんのり甘めの味わいと、ふんわりとした仕上がりがたまらない逸品! 

一度食べればハマること請け合いです^^

 

鉄鍋餃子

CHINA STYLE 麺や おの (12)

超アッツアツの餃子は鉄板に乗せて供されます。

表面はカリカリと香ばしく、中の餡はとってもジューシーで旨いっ♪


 

何も考えずに頼みましたが、パンチの効いた一杯に驚きでした^^

書こうかどうか悩みましたが、一点だけ残念なことが…

最初に限定麺をオーダーするとき、何気に僕が「限定麺できますか?」って聞いたんです。
そうしたら「ちょっと終わっちゃって…」との回答が。

ならばと別メニューを頂いたのですが、その後きたお兄さんが「限定麺」っていったら普通に通ってしまい

なんか無いって答えの時、調理場がバタバタしてたんでイヤな感じはしたんですよね…
バタついてたんで手間のかかるメニューは避けたかったのかな。

好きなお店なんで残念でした。
本来のONOグループは、接客も良いイメージだったのですが。

とりあえず僕の教訓。
今まで良く使っていた「できますか?」はこれから使わないことにしよう(汗)

できるか?と聞かれれば、混雑状況によって「できない」という回答はありえます。

以前にも別のお店で同じようなことがありましたので(怒)

でも今日のことはさておき、太麺とんこつはナカナカ旨かったし、本来のONOは良いお店です!

 

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方からの来店等の際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

 

店舗情報はこちらから