【大地のうどん 福津店@福津市花見が丘】 豊前裏打会の人気ブランドが福津市へ登場

福津市花見が丘にある、「大地のうどん 福津店」 をご紹介します。

豊前裏打会の筆頭格といっても過言ではない人気ブランド

西区下山門の本店を皮切りに、博多駅ちかてん、筑紫野店、東京馬場店、福岡東店を展開。

2017年9月に、こちらの福津店がオープンしました。

 

1 大地の丸天うどん(2017年10月)

噛めばおダシがジュワ~っと♪ 手作り&揚げたての巨大丸天はコスパもバツグン

チャンスがあれば一度、福津店にも・・・と思っていたら、丁度良いタイミングが。
この時とばかりに、訪問してきました。

 

アクセス

495号線 旭橋交差点近く。
ルミエールなどが立ち並ぶ、フレスポ花見が丘の一角にお店があります。

 

店舗外観

ゆったりとした大きな建物。
イメージ的には、福岡東店に近いかな~

シャレた雰囲気の建物を、上手く活用しているイメージです。

 

おしながき

食券制なので、入って右手の券売機へ。

概ねメニューは共通ですが・・・
夜限定の ”肉ごぼう三昧” や、福岡東店に登場した ”シーザーサラダぶっかけ” が無いくらいかな~

大地のうどんと言えば・・・
ごぼう天
かきあげぶっかけ
といったメニューが、一番人気というイメージ。

モチロンこの2品は間違いないですが・・・
僕は、肉汁釜揚げが大好き (^^ゞ

しかし・・・おっ、そうかあの手があった♪
今回は ”大地の丸天うどん” をチョイス。
これがまた旨いんだよねぇ~

 

店舗内観

カフェっぽい作りのゆったりとした店内。
明るく、のんびりとした空気が印象的です。

福岡東店と同じく、ギャップのある物件の雰囲気を敢えて活かした空間づくり。
オモシロイですね~^^

 

卓上調味料

卓上には一味唐辛子がポツンと。
アレレ? ラベルは無いものの、明らかにお馴染みのS&B製。

いつもの裏打会オリジナル調味料3種は、無いみたいですね~

 

しみじみ旨いスメに、ド~~ンと浮かぶ巨大な丸天が圧倒的!

もしかするとタイミングにより多少異なるかも知れませんが、
こちらの丸天は ”オーダー後に生から揚げる手づくりのまる天” だそうです。

ゆえにお時間は少々かかります。
旨いものの為、のんびりと待ちましょう^^

さて、いよいよ登場。
こちらが大地の丸天うどんです!

丼を覆いつくす巨大な丸天
あまりの大きさに麺が全く見えません(笑)

コレコレっ♪と膝を叩きつつ、早速スメからいただきます。
ズズっと・・・ふぁ~~、優しいっ^^

ゆっくり、じわ~っとカラダに染み渡っていくようです。

 

プニっと&モチッと♪ 裏打会ならではのプニプニ麺がオモシロ旨い

丸天が気になりつつも、まずは麺を。
出ました、半透明の艶々な麺

これぞ豊前裏打会ならでは、プニプニとした不思議麺です (^^ゞ

日頃食べるうどんとは大きく異なるこの食感♪
タップリと水分を含んだ麺は、プニっと&モチッと

舌に吸い付くような快感を楽しめます。

ものすご~く柔らかいのですが、博多うどんのそれとは全く異なる柔らかさ。
一度食べるとやみつきです^^

 

うま味をタ~ップリと吸った揚げたての丸天。ジュワジュワのおダシを楽しめる♪

いよいよ今回の主役である丸天を。
箸で持ち上げると、あまりの大きいため自重で崩れてくるほど。

こちらの丸天は、日頃スーパーで買うような硬い丸天ではなく、”フワっ”と優しい食感が特長です!

魚のすり身に、ニンジン・玉ねぎ・キクラゲなどの具材がタップリと。

柔らかさの秘訣は・・・山芋や卵白でしょうか?

やや甘めに味付けされており、淡麗なスメとのコントラストも面白いっ (^o^)

うま味をタ~~ップリと吸った丸天は、まるでお揚げさんのように噛めばおダシがジュワ~っと♪
タマラナイ旨さです。


 

おダシがジュワっとお揚げさんは珍しくないですが(笑)
丸天でこの味わいは中々味わえませんよっ^^

しかもお値段はこれで550円!!
旨さとボリューム感は超絶なのに、お値段は一般的な丸天うどんと同等。

コスパの高さにも、ホント驚きです。
一度食べたら忘れられない一杯。
是非ともお試しください。

 

良かったらいいね!お願いします♪

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

大地のうどん 福津店