【鯛だし担々麺 GOMABO@東区香椎駅前】鯛だしを使ったニュータイプの担々麺が登場

東区香椎駅前にある「鯛だし担々麺 GOMABO」をご紹介します。

2017年10月にオープンした新店。

 

繊細な鯛のダシと、スパイシーな担々麺を融合させた新しいタイプのメニューを引っ提げて登場しました。

 

1 鯛だし担々麺(2017年10月)

辛麺キング「担々麺」 × 魚の王様「鯛」 が 見事なコラボレーションを実現!

 

アクセス

西鉄貝塚線香椎宮前駅」のすぐ近く。
JR香椎駅」からも300~400mほどの位置にお店があります。

国道3号線「香椎参道口」交差点を香椎宮方面へ進むと、線路の手前右手に。

 

店舗外観

ポップで可愛らしいファサード。
鯛なのか、鯨なのかよく分からないアイコンがキュートです。

 

店舗内観

明るく清潔感のある店内。

厨房前にはL字のハイカウンター席が、壁沿いにはテーブル席がいくつかあります。

 

おしながき

メニュー表は現在作成中とのことだったので、次回訪問時に撮影して参ります。

この日は、「鯛だし担々麺」と「潮?塩?ラーメン」の2種のみの提供。

その他、醤油や、夜限定の「麻婆担々麺」も用意しているとの話でした。

 

辛麺キング「担々麺」 × 魚の王様「鯛」 が 見事なコラボレーションを実現!

スムーズに登場。
こちらが、看板メニューの「鯛だし担々麺

スパイシーな香りの奥から、を感じます。

一口スープを。
お~、もう一口、もう一口とレンゲを進めるほどに、美味しさを感じるタイプです。

香りと同じく、まずゴマのコクや辛味を感じ、その後に鯛の上品な旨味が口の中に残ります。

非常にバランス良くまとまったイメージ。

「ダシ感を優先して、担々麺らしさが感じられない」
「担々麺感が先行してしまって、ダシの旨味が楽しめない」

といった心配は無用。

鯛の旨味をきちんと感じられ、担々麺としての良さもしっかり”といった一杯。

これは、新しい出会いですね。

モッチリ感を楽しめる中太ストレート麺

スープとのバランスを重視したイメージで、すんなり馴染んでいます。

スープと麺、どちらかだけが主張するわけではなく、お互いを引き立てあう、そんな麺かな。

ボリュームも少なすぎず、多すぎず丁度良い塩梅。

単品だけでも、ごはんと一緒でも、お腹の具合に合わせて楽しめそうです。

具材は、サッパリ感シャッキリ食感を楽しめるもやし

旨味しっかりしっとり食感肉ミンチ
結構たっぷり入っていて、食べごたえもありますね。

ご飯をお供にするなら、残ったミンチをかけて食べたいくらい。

水菜やネギの、清涼感も良い感じです。

 

2 塩ラーメン(2017年10月)

こちらは「塩ラーメン
運ばれる時から、鯛出汁の良い香りが立ち込めます。

鯛のみで出汁を取ったというスープは、白湯系。

ギュインと鯛の旨味だけを抽出してあり、臭みは全くありません。

鯛のみでこんなに奥深い旨味が楽しめるなんて・・・

スープを吸った生麩トロリ&モッチリ

ベビーホタテが高級感を、
シャキシャキ水菜もやしなどが、賑やかな食感を演出してくれます。

麺は強めのウェーブがかかった縮れ麺。

プリプリと踊るような口当たりが良い感じです。

全体的に良く出来た一杯ですが、私的にはもう少しタレがキュッと効いたらツボかな~。


 

辛麺キング × 魚の王様 が コラボするとどんな感じになるのか?

正直、最初は懐疑的でしたが、絶妙なバランス感を見切った秀逸な仕上がりでした。

新たな担々麺に出会いたい。」
「とんこつは苦手だから、和風なラーメンを食べたい。」

そんな方々にピッタリのお店が登場しました。

駅近の好アクセスなので、気軽に立ち寄りやすいのもポイントです。

新たな麺との出会いがあるから、食べ歩きは楽しいんですよね~( ^ω^ )

10月に入って、ラーメンが美味しくなる季節。
皆さんもぜひ新たな出会いを♡

 

良かったらいいね!お願いします♪

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

鯛だし担々麺 GOMABO(ごま坊)