筑後うどんの人気店。 モッチリ平打麺の”粘りゴシ”は一度食べるとクセになる♪

%e9%ba%ba%e5%b7%a5%e6%88%bf%e3%81%aa%e3%81%8b-4

麺工房なか@中央区大名
牛若丸

 

福岡には ”博多うどん” だけでなく、”筑後うどん” というジャンルもあるそうです^^

そんな筑後うどんを、福岡の市街地で楽しめる人気店がこちら。

麺工房なか@大名」 です。

本来なら既にご紹介済のハズが、まさかの初登場でございます ^^;

 

アクセス

お店の場所は、地下鉄空港線 赤坂駅の近く

三方を明治通り、大正通り、昭和通りに囲まれるという、面白い立地です^^

近くには 「生うろん八幡」 があります。

 

店舗外観

%e9%ba%ba%e5%b7%a5%e6%88%bf%e3%81%aa%e3%81%8b-1

2016年9月にリニューアルされ、新しい外観になりました。

店外には ”筑後うどん” のがはためいています。

 

店舗内観

シンプルで落ち着いた雰囲気の店内。

10席を超える、L字型の長いカウンターがあります。

閉店間際にも関わらずお客さんが結構多く、内観は断念しました^^;

 

卓上調味料

%e9%ba%ba%e5%b7%a5%e6%88%bf%e3%81%aa%e3%81%8b-3

卓上には鷹の爪がスタンバイ。

後で少し使ってみようと思います。

 

おしながき

%e9%ba%ba%e5%b7%a5%e6%88%bf%e3%81%aa%e3%81%8b-2きつね、たぬき、ごぼう、わかめ等々、定番の温かいうどんがメイン。

ざるぶっかけごはんものも有ります。

今回は極めてオーソドックスなメニュー構成にあって、ひときわ目を引く ”牛若丸” を頂きます。

その正体はこの後スグ(笑)

 

まさかのネーミング(笑) 九州人にピタリと馴染む、ホッコリおツユが鉄板

%e9%ba%ba%e5%b7%a5%e6%88%bf%e3%81%aa%e3%81%8b-4登場しました、こちらが牛若丸です!

肉 + わかめ + 天 = 牛若丸

・・・まさかのダジャレ的ネーミング(笑)

一ミリたりともおちゃらけた雰囲気の無いお店だけに、このネーミングはなんともシュール。

日頃、一切冗談を言わない方に、不意打ちを貰ってリアクションに困る感じ ^^;

 

さてさてまずはおツユから・・・ふ~っ、ホッコリ甘ウマ♪

きっちりとダシの効いたおツユは、九州らしく甘めの味わい。

博多・筑後を問わず、地元民が懐かしさを覚える王道のテイストです。

こういうおツユには、一味や鷹の爪の様な辛み系アイテムがよく合いますね^^

 

この食感がクセになる♪ ソフトな口当たりと粘りゴシの二段構えが楽しい平打麺

%e9%ba%ba%e5%b7%a5%e6%88%bf%e3%81%aa%e3%81%8b-6麺は中太クラス平打ち

箸で持ち上げるだけで、プルルンとした柔らかさが伝わってきます。

優しい口当たりと、ふんわりとした食感。

粘りゴシが筑後の特長」 と言われるそうですが、確かにその通り!

非常にソフトなのに、引っ張ってみても簡単には切れません

柔らかく、プツンプツンと切れるタイプとはまた異なる、二段構えの食感を楽しめます♪

 

ネーミングでは主役でも、麺&ツユを引き立てる魅力的な具材

%e9%ba%ba%e5%b7%a5%e6%88%bf%e3%81%aa%e3%81%8b-5では牛若丸を(笑)

お肉は薄切りで柔らかく、麺の魅力を邪魔しない控えめな仕上がり。

食感&味わい共に、脇を固めることに努めています。

ワカメは妙なヌメリやくさみも無く、風味とザクザクとした食感を楽しめますね。

大判の丸天はなかなか食べごたえあり。

さすがはごぼう天と双璧を成す、九州うどんの定番具材♪

このおツユとの馴染みもバツグンです。


 

王道のツユはもちろん、この麺の食感は一度食べるとクセになるかも^^

柔らかさだけでは終わらない、もう一つの引き出しがあります。

非常に人気のお店なので、ランチの真っただ中はかなり混む可能性大。

タイミングを見てお試しあれ。

また営業はお昼だけのようなので、ご注意ください^^;

こちらに来ると温かいタイプばかりなので、次回はぶっかけにチャレンジしてみようと思います。

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

麺工房なか

昼総合点★★★☆☆ 3.7

コメントする

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA