【あご出汁中華そば 六味亭@糟屋郡志免町】 出汁の旨さを活かした中華そば&担々麺が楽しめる

糟屋郡志免町にある、「あご出汁中華そば 六味亭」 をご紹介します。

須恵町の“六味旬蔵”が手がけるセカンドブランドとして2018年6月にオープン。

あごだしをキーワードとした、中華そば&担々麺が楽しめます。

 

肉盛り中華そば(2018年6月

九州の味にピタリとアジャストした中華そば。出汁香る担々麺。どちらもイイ感じ♪

一時期の白熱した新店ラッシュが懐かしいほど^^;

最近は新店がめっきり減ってしまったイメージですが・・・

この度、糟屋郡志免町に ”非とんこつ” の新たなお店が登場しました。

通称 ”ドラゴンロード” を擁し、とんこつラーメンのイメージが強いこのエリアに新風を呼び込む存在になるのかも?

初訪問して参りました。

 

アクセス

九州道 須惠PAから少々。
68号線 吉原交差点の傍にお店があります。

以前は三洋軒の一つがあった集合スペースです。

もう少し進むと、TSUTAYA BOOK GARAGE 福岡志免があります。

 

店舗外観

白地のテントにロゴを配し、雷紋を添えたポップなファサード。

店頭には共用の駐車スペースがあります。

 

店舗内観

綺麗にリニューアルされたシックな店内。
カウンター席に加え、テーブル席もいくつかあります。

 

卓上調味料

卓上には、あご酢・六味スパイスといった調味料がスタンバイ。

 

おしながき

壁面に貼られたメニュー。慌てて撮ったらすさまじいピンボケでした(汗)

麺は 「中華そば(醤油ラーメン)」 と 「魚介担々麺」 のツートップ。

からあげ餃子ゴハンものセットメニューもあります。

 

絶妙のローカライズ。 香り高く九州人の舌に馴染む甘うまなスープ♪

まずは、肉盛り中華そば から。
琥珀色のスープには、小ぶりながら7枚ものチャーシューが乗っています。

早速スープをズズっと・・・あご出汁鶏出汁を合わせたというスープはなかなか良い香り

風味豊かなスープを、九州らしく甘みのある醤油ダレがギュっとまとめます。

中央に白ネギと共に乗るのは、鶏節&茎ワカメという珍しいアイテム。

僕らが知る限り、福岡で鶏節をトッピングしているお店は、ほぼ無いのではないかと思います。

僕らも久しぶりに食べました (^^ゞ

麺は 製麺屋 慶史 謹製の、中太ちぢれ麺

食べていて楽しい、チュルプリ系のウマイ麺で、スープとの相性も上々です。

チャーシューはスープを妨げないよう、控えめの味付け
しっとり、とろりと柔らかな仕上がりです。

海苔の風味とスープもよく合いますね~

 

出汁の旨味を活かした上質な担々麺。 自分好みの味変も楽しい!

続いてこちらは 魚介担々麺
一見すると、一般的な担々麺と大きく変わらないように見えますが・・・お味は結構違います

調味料が先行しがちな担々麺にあって、出汁の旨さを活かすサラリとしたスマートな仕上がり

のっぺりしていないので、後半までスープをズビズビとイケちゃいます^^

そのままでも充分フィニッシュまでたどり着けますが、せっかくなのでココで変化を。

卓上の ”六味スパイス” や ”あご酢” を少々。

山椒ベースの六味スパイスは、更なる香りと軽やかな刺激がイイ感じ。

東京あたりでも、”山椒” は今のホットワード、これから福岡でも増えてくるかも知れません。(今日は自重しましたが、中華そばにもアリだと思います)

あご酢は刺々しさの無い柔らかな酸味が魅力。
終盤に少量加えると、新たな趣を楽しめます。

 

唐揚げ

こちらはセットの唐揚げ
これがウマイ♪(´ε` )

六味旬蔵秘伝のタレに浸けているそうですが、2個といわずガッツリ味わいたいほどでした!

中華そばのスープにもよく合います。

 

餃子

餃子もパリッとジュワっとなかなか。

厚み、焼きともにしっかり目の皮がチャームポイントですね。


 

九州の味にピタリとアジャストした中華そば
出汁香る担々麺
どちらもイイ感じでした♪

きちんとコンセプトを掲げ、それを体現されていると思います。

強烈なやみつき感より、幅広いお客さんにすんなりと馴染むイメージ。

この地で末永く愛されるお店になって欲しいですね (^o^)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

中華そば担々麺 六味亭