【とまと家@博多区綱場町】 浅草開花楼の太麺を楽しめる♪ 博多つけ麺界のパイオニア

博多区綱場町にある、「とまと家」 をご紹介します。

つけ麺文化がなかなか根付かない」 と言われ続けてきた博多の地において、昔から本格派のつけ麺を提供し続けてきた草分け的ブランド

全国の有名店で使用されている ”浅草開花楼” の麺を福岡で楽しめる稀少な存在です。

 

4 綱場つけ麺(2019年9月)

王道の濃厚魚介つけ麺を味変しつつ楽しむ♪ 麺のスタイルは3種から選べます。

ひと昔前に比べると、福岡でつけ麺が食べられるお店も随分増えた気がします♪

しかし ”看板メニューがつけ麺” というお店は、まだまだ限られた存在ではないでしょうか?

こちらは紛れもなく、つけ麺を主軸とした稀少なブランドです。

僕らは放浪の身ゆえに(笑)
訪問頻度は決して高くありませんが、通い続けたいお店のひとつです^^

 

アクセス

呉服町の駅から150mほど中洲川端に進み、明治通りからちょっと入り込んだところにあります。

キャノンと東京海上のビルの間(一方通行)を15mほど入ると右手にあります。

”博多の石畳”で有名なチョコレートショップの裏側の辺りです。

 

店舗外観

木目を基調としたモダンな佇まい。

”つけ麺”の文字を掲げた提灯が目印です。

浅草開花楼” の文字が記されています。

 

店舗内観

店内には結構な数のテーブル席があります。

オープン直後からお客さんが続々と。
しばらくすると店内は満席+ウェイティングが出るほどの盛況ぶりでした。

 

おしながき

こちらは2019年9月時点のお品書き。

メインのつけ麺は、デフォ辛いタイプの2種を提供。
麺量は4段階から選べる仕組みです。

まずは基本の冷たい麺がおススメですが、「あつもり」や「だしあつ」といった麺を熱い状態で供するスタイルでも楽しめます。

スープ割りや、無料・有料のトッピングも。
玉ねぎが欲しい時は、オーダー時にお願いしましょう。

つけ麺以外に、豚骨ラーメン・魚だし豚骨ラーメン・焼きラーメン・ちゃんぽんなどのメニューもあり。ランチタイムは唐揚ごはんセットも提供されています。

 

卓上調味料

卓上には、ゆず酢辛子にんにくといった個性派のアイテムが。
味変アイテムとして、有効に活用しましょう^^

こちらはお店からのお願い。

楽しみ方も掲示されています。

 

モッチリ&モチモチの弾力感が魅力! 濃厚スープ&太麺=個性派の共演

いよいよ登場、こちらはデフォの 綱場つけ麺 です。

浅草開花楼謹製の太麺は、モッチリ&モチモチの弾力感が魅力^^

豚骨&魚介ベースの濃厚なつけダレとガップリ組みあう、個性派同士の共演です。

一度に食べられる量を箸で持ち上げつけダレへ。
そのままでも充分おいしいのですが、折角なので色んな食べ方を楽しみましょう♪(´ε` )

①まずは何もプラスせず、そのままで。麺を浸す量で味わいがグッと変わります。

②続いて無料トッピングの”刻み玉ねぎ”をプラス。シャキシャキ食感清涼感がイイですね~。

③更に50円でプラスできる、”サクサク海老”を投入。海老の香ばしさクリスプな食感がステキです。

④終盤は卓上にある”ゆず酢”をチョロっと。ゆずの爽やかな香り心地よい酸味が加わります。

その他ににんにく辛子味噌などもありますが、僕らは大体このパターンです。

太麺の弾む弾力感を楽しみつつ、重厚なスープの濃密さを堪能。
改めて打ち出しの強さに驚かされました (^^ゞ

 

3 綱場つけ麺 だしあつ(2019年9月)

モッチリ豊かな弾力感+出汁&小麦の香りを楽しむ”だしあつ”もウマし♪

こちらは同じく綱場つけ麺
だしあつ” バージョンでございます。

麺はダシに浸された状態で登場。
丼からは鰹節&イリコ出汁良い香りが立ち上っています。

つけダレに潜らせて麺をズルズルと…うん、こっちも旨い^^
冷水で〆た麺とは食感が大きく異なり、ムッチリと口当たりの良い弾力感豊かな香りを楽しめます。

コシの強さはデフォの方がダイレクトに楽しめると思いますが、だしあつもまたオツなもの♪( ´▽`)

つけダレが冷めにくい
普通のあつもりの様に麺同士がくっつかない
というメリットもあります。

これからの寒い時期にピッタリの食べ方ですね♪
ちなみにスープに沈んでいるので見えませんが、チャーシュー玉子もちゃんと入っています。

こちらは チャーシューごはん
写真がちょっとピンぼけ気味かな^^;

ゴハンがススム、濃いめのチャーシューがたっぷりと載った一品。
ブラックペッパーを振ると抑揚が生まれてイイ感じです。

こちらはセットの ごはん+唐揚げ
なかなかジューシーな仕上がりでした。

ゴハンは唐揚げと楽しむのもアリですが、半分ほど残しておいてスープ割の時におじやにしちゃうのもアリだと思います^^

〆はスープ割で。
ランチタイムはセルフサービスです。

厨房の前にあるポットに割りスープが入っているので好みの濃さに割って楽しみましょう。

ちなみにまだ量がイケるかたは、+160円で雑炊にもできるようです。
(現在は夜のみになっています)


 

改めて食べて驚いたのは、認識していた以上に濃厚な仕上がりだったこと。

濃厚なイメージはあったものの、ここまでガッツリ濃密だったかな~と驚かされました^^

同じく、昔から福岡のつけ麺をけん引してきた
郷家」 や 「まるげん

福岡に東京の味をダイレクトに持ち込んだ
麺や 兼虎」 「つじ田」 「古賀一麺庵」 など。

色々と食べ歩いて、それぞれの魅力を楽しんでみるのもお薦めですよ~(o^^o)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

2 綱場つけ麺 大盛 だしあつ(2017年1月)

 

 

1 綱場つけ麺 大盛(2014年7月)

とまと家 (1)

博多で唯一!?あの浅草開化楼の麺が啜れるつけ麺の人気店
 

関東つけ麺の代名詞とも言える「六厘舎」で使われている事でも有名な、浅草開化楼(東京の製麺所)の麺を使ったつけ麺が有名なお店。

僕の知る限りですが、博多で浅草開化楼を使っているのはここだけではないかと。

ムチムチとした極太麺を啜りたくなり、久しぶりに行ってきました♪

  

力強い弾力としなやかさを併せ持つ、浅草開化楼謹製麺

とまと家 (3)

緩いウェーブがかかった太麺は、モチモチ&ムチムチとした弾力が魅力的♪

それでいてしなやかで、単に硬い麺で無いあたりはさすが。

小(200g)&並盛(350g)は750円、大盛(500g)は850円、特盛(700g)は950円と、残念ながら一律価格ではありませんが、博多という立地を考えると仕方ないですね~。

写真は大盛です。

重さは茹で上がりなので、数字のイメージ程とんでもない量ではありません。

旨い麺なので結構、ペロリとイケると思います^^

 

つけ汁は濃度&元だれの塩気、共に結構強めのチューニング

とまと家 (2)

いわゆる魚介豚骨系のつけ汁は、かなり濃度&塩気が強め

粘度&濃度が高いので、麺がつけ汁をかなり持ち上げます。

 

おすすめの食べ方

とまと家 (8)とまと家 (4)

まずは半分弱くらい麺に浸して啜ってみましょう。

1/3~半分くらい食べたら、玉ねぎや桜海老を加えて味の変化を楽しむのもマル。

テーブルにある「ゆず酢」を加えてサッパリさせたり、「辛子にんにく」を加えて辛味をプラスしたり…お好みで楽しみましょう^^

 

〆のスープ割は無料。130円でたまご雑炊も

麺を楽しむことに重点を置いていると思われ、具材は控えめ

チャーシューは薄目ですが、なかなか悪くありません。

固ゆでの玉子がトレードマークです^^

〆は鰹と椎茸でダシを取り、柚子を効かせた出汁でスープ割を。

お腹に余裕があればたまご雑炊にすることもできます。(厨房で仕上げてくれます)


 

本格的な魚介豚骨つけ麺を食べられるお店は、今でも博多では稀少な存在。

そのなかでこちらのお店では、結構昔から本格つけ麺を提供しています。

余計なことですが…雰囲気とサービスがちょっと変わって、もう少しブラッシュアップされたら、もっともっと人気店になってもおかしくないと思われ、ちょっと勿体ない感じもします。

博多のつけ麺好きなら、啜っておきたい一杯です。

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方からの来店等の際などは、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから