函館の塩ラーメン!というスタンダードな味わい

えん楽×次郎長 (1)

函館塩ラーメン専門店 えん楽 × ラーメン次郎長@福岡ラーメンショー2014
塩ラーメン

いよいよ第一幕、ラスト1軒!

最後は「函館塩ラーメン専門店 えん楽」 × 「ラーメン次郎長」です。

 

最終日の午前中に予定より出遅れてしまい…なんと60分待ち(汗)

ここまで上手いことタイミングを図ってきましたが…^^;

大行列が当たり前という東京の人気店を食べ歩いた際も、スケジュール調整でほぼ並ばずに啜ってきましたが・・・><;

 

ちなみに過去最高に並んだのは、4~5年前にモヒカンラーメンに初めて行った時。

90分超でした(笑)

今回は歴代2番目の行列

モチロン最終日なので並ぶしか!

 

イベント店舗外観

えん楽×次郎長 (4)

 

アッサリながら、昆布の甘みが印象的なスープ

えん楽×次郎長 (1)

鶏ガラがメインと思われるスープは、昆布の醸し出す優しい甘みが印象的。

いかにも函館の塩ラーメン!という感じです。

 

優しくアッサリとした口あたりでありながら、それほど物足りなさは感じません。

際立った個性は感じないものの、誰もが食べやすい味わいだと思います。

 

大行列・大混雑…いざ啜ると既にのびのび…

えん楽×次郎長 (3)

カネジン食品中太ストレート麺

”おそらく多加水ののびにくい麺だろう”と思いきやそうでもなく…(汗)

 

大混雑で席の確保も困難な状況であったこともあり、いざ啜ると既にのびのび(/_;)

タイミングが悪かったかと思いますが、悲惨な結果でした。

 

スタンダードな具材。盛込みはキッチリ

えん楽×次郎長 (2)

チャーシュー、煮玉子、メンマ、キクラゲ、ネギというスタンダードな構成。

特段変わった点は無いものの、盛込みはキレイでした。

 

 
タイミングが悪かった…これは間違いないと思います。

混雑度が最高潮のなかどうしようもない事かも知れませんが…長時間待ってようやく食べられる…というなか、のびたラーメンを多くのお客さん達が啜らざるを得ないのは、悲しいですね(/_;)

切替えて二幕を楽しもうと思います!