【石田一龍 門司店@北九州市門司区】 一片の死角なし!熱き魂と絆に生み出されし一杯

北九州市門司区にある、「石田一龍 門司店」 をご紹介します。

北九州ラーメンフェスティバル(2013年)、北九州ラーメン王座選手権(2017年)で優勝した超実力派 ”石田一龍” は、小倉南区石田に本店を構える人気店。

「まこと家」 「飯塚店」 に続く新店が、2018年6月 門司にオープンしました!

 

1 濃厚炙りチャーシューメン(2019年1月)

石田一龍 最強のライバル現る!? もはや本店の座を揺るがすのは・・・

前回の本店訪問から、わずか1か月。

ちょうど門司方面を訪れるチャンスが♪
続く時は続くもので (^^ゞ

この時とばかり、もう少し足を延ばして門司店を初訪問してきました。

オープンから約半年が経過したタイミングでの訪問。

どんな一杯が登場するのか実に楽しみです。

 

アクセス

門司のフェリー乗り場から、約1.5キロほど。

九州道門司インターへと続く、25号線沿いにお店があります。

 

店舗外観

シックな外観の中で、ブランドカラーであるイエローがインパクトを放つファサード。

通り沿いには、代表である新森さんと店主である頼実さんの姿があります^^

 

おしながき

まずは入って左手の券売機へ。
こちらは2019年1月時点のラインアップです。

本店と同じく、”濃厚(こってり)” と ”屋台(あっさり)” の二枚看板をラインナップ。

ギョーザチャーハンが付くセットメニューもあります。

やはり石田一龍と言えば濃厚” が思い出されますが・・・

こちらの ”屋台” は、基本コッテリ派の僕でさえスルー出来ないバリウマ仕様

今日も直前まで悩みましたが、最終的には濃厚をいただきました(^^ゞ

ちなみにチャーハンは、本店ともちょっと異なるチューニングとのこと。

次回は是非とも味わってみたいですね~♪

 

店舗内観

明るく、清潔感ある店内。
カウンターに加え、テーブル&小上がりまであるので、どんなメンバー構成でも入りやすそうです。

石田一龍と言えば、極旨なラーメンの味はもちろん、接客の素晴らしさも大きな特長。

そのスタイルはキッチリと門司店にも継承されていました^^

店主さんを始め、みなさん笑顔で明るい雰囲気♪

パフォーマンス的な「無駄に威勢のいい感じ」「重苦しい雰囲気」 のお店と異なり、実に気分が良いですね (о´∀`о)

 

卓上調味料

卓上にはコショウ紅ショウガが並びます。

 

凛々しき佇まいに潜む怒涛の旨味! 熱き魂と絆に生み出されし一杯

手際良く調理され、スムーズに着丼。

「あ、これは間違いない!」
登場した瞬間にビビっとくる、実に美しいビジュアルです。

ふわりと漂うトンコツの良い香り。
スープをひと口啜れば・・・美味いっ♪( ´▽`)

ガツンと濃密でありながら、実に舌ざわりがスムーズ&クリーミーで飲みやすいスープ。

コッテリ系とんこつにおいて ”重厚なのに飲みやすい” というのは、極めて大きなポイントです。

例えるなら、市販車のように扱いやすいレーシングマシンという感じでしょうか。

タレの決まり方も実に秀逸
パワフルで重厚感ある仕上がりなのに、ノッペリ・ベッタリとした鈍重さを感じさせません

やはり、只ならぬ美味さです (о´∀`о)

 

濃厚スープをガップリ受け止める! スリムでいなせな中細ストレート麺

合わせるのは、心地良いヒキがたまらない中細ストレート麺

この濃度なら更に太くても問題無さそうだけど・・・このサイズがまさにジャスト!

どこか粋でいなせな雰囲気さえ漂う、まさにベストマッチなコンビだと思います♪(´ε` )

スリムでスマートな出で立ちなのに、これだけパワフルなスープに飲まれない力強さとしなやかさを持つ麺は・・・

なんだか代表と店主さんを思わせるようです(笑)

 

イメージして欲しい。香ばしくジュワっと♪トロけるチャーシューに包まれた麺を

丼の全面を覆う、た~っぷりのバラチャーシュー♪

炙りをプラスすることで旨味が増し、ほど良く香ばしさをプラスされています。

スープ&麺のバランスを壊さない、ジャストな厚み柔らかさ

このチャーシューで麺をロールして味わうと・・・ニヤニヤが止まらない美味さです╰(*´︶`*)╯♡

キクラゲの食感と、青ネギのサッパリ感

どちらも無くてはならない絶妙のアクセントです。

闇雲に多くないのもイイんだよなぁ~”


 

オープン当初に訪れてシビれた、まこと家@戸畑の一杯。

昨年オープン当初に訪れた、飯塚店の仕上がり。

先日の本店を経て訪れた、この日の一杯。

全てが、妥協なき、魂をひしひしと感じる本物の美味さ!!

あまり言いたくありませんが・・・
「支店」 「FC」 に感じることも少なくない、ある種のネガティブ要素。

そういうものが露ほども感じられない、素晴らしい仕上がりでした。

中には残念ながら、優れた味を作りながら、「今では・・・」と感じるお店もあります。

しかしここには、そんな怠慢や驕りなど微塵もありません。

先日の本店で改めてまざまざと感じた、味と接客の両面において妥協無きスタイル

受け継いだのは味の良さだけではない!
石田一龍の矜持とも言えるものが、紛れもなくここにありました。

来る3月の 「北九州 ラーメン選手権2019」 には、グループの総力を結集して臨まれるとのこと。

名実ともに北九州の次世代を担うであろう彼らが、この先どんな高みに辿り着くのか。

これからの更なる飛躍を追い続けていきたいと思います (^^ゞ

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

石田一龍 門司店