【いちむじん@博多区榎田】 とんこつに真っすぐ! 完成度と懐の深さを併せ持つ気鋭店

博多区榎田にある、「いちむじん」 をご紹介します。
2020年2月にオープン。

とんこつラーメンを学びたい!」との想いで来福した、高知出身の店主さんが営むお店。
丁寧に作り込まれた、上質なとんこつラーメンが味わえます。

いちむじん一無尽わき目もふらずに行動する様子」 とのこと。

この一杯には、とんこつラーメンと真っすぐ向き合う想いが表れています。

極めてハイクオリティなとんこつラーメンに加え、豚そば&つけ麺といったメニューも楽しめます。 

 

4 豚そば(醤油)玉子入り(2020年4月)

剛の豚骨、柔の豚そば、そこに激のつけ麺まで♪ 若き店主の引き出しの広さに舌を巻く!

オープンから約2か月。
「そろそろリピしたいな~」 と思っていたタイミングで、”新作メニュー登場” の噂を聞きつけての再訪です♪(´ε` )

 

アクセス

福岡空港 国際線ターミナル側にある 榎田エリアにお店があります。

3号線からちょっと入った場所なので、たまたま通りかかることは少ないかも?
榎田南の交差点(ミニストップの有るとこ)から路地へ入ると右手にあります。

端的に福岡のラーメン好きに伝えるなら、「らぁめんシフク」 があった場所です (^^ゞ

 

店舗外観

シフクの面影を受継ぎつつ、新しくなったファサード。

以前と同じく、店頭&最寄りに専用の駐車スペースがあります。

 

おしながき

食券制なので、まずは入って右手の券売機へ。
こちらは2020年4月時点のラインナップです。

いよいよ新作メニューが登場!

①豚骨らぁめん
②豚そば(醤油)
③サンマ豚骨つけ麺
3本立てになりました^^

ちなみにつけ麺は、14時以降提供可能なようです。
(訪問時点の内容なので、変わる可能性もあります)

サイドメニューは、餃子・唐揚げに加え、チャーハンも登場。
高菜チャーシュー丼もありますよ~

所々にシフクの名残が見え隠れするのも、ツボなんだよねぇ~(^^ゞ

 

店舗内観

ゆったり広めの店内。
一人でも、グループでも訪れやすい造りです。

入口そばには、ゴハンがおかわりできるセルフコーナーがあります。

 

卓上調味料

卓上には辛子高菜紅生姜が並びます。

ティッシュペーパー&箸箱が一緒になったステキなケースも^^

 

豚そば(醤油)玉子入り(2020年4月)

まずは1つめの新作メニュー、豚そば(醤油)玉子入り から。

パッと見はシックなルックスの一杯ですがどれどれ…ムハ~っこりゃウマいっ(*´∀`)♪

落ち着いた出で立ちとは裏腹に、華やかさを隠し持った味わい
しっかりとふくよかな動物系のコクと、鼻に抜けていく豊かな香りがこれまたステキ!

スムーズな口当たりで、食べていて実に癒される中細麺との相性もバッチリ^^
スープと麺の一体感あるマッチング、ハイセンスだなぁ~(^^ゞ

香ばしく炙りを入れた肉感あるチャーシュー。
サクサクと上質なメンマは、贅沢にタップリと。

タップリとスープが馴染んだ刻みネギまで、どれもが沁みるっ。

控えめに見えて、メッチャおご馳走ですよ~(o^^o)

 

3 サンマ豚骨つけ麺 玉子入り (2020年4月)

続いて2つ目の新作メニュー、サンマ豚骨つけ麺 玉子入り

立ち上る香りからして、既に隠し切れないアグレッシブ感が漂う一品(笑)

まずは少しだけ麺を。
ゴリゴリと極太ではないものの、しっかりと小麦の風味と甘み、そしてキモチ良い弾力感を楽しめる麺!
うんうん、バッチリ^^

それではスープに潜らせてズズっと…ウハハっ\(^o^)/

クリーミーでありながら、シビれるくらいパンチの効いた濃厚なとんこつスープ。

そこにサンマの薫りとコクがガツンと重なり、酸味の効いた味わいが輪郭をギュっと描く。

なんとも大胆でアグレッシブなチューニング。
誰もが無難に楽しめるチューンとは一線を画す、小さくまとまらない豪快さが実にイイ♪( ´θ`)ノ

食べ始めはシフクの絶品メニュー ”鶏白湯つけ麺” を想い出しながら啜り…
食べ進めていくうちにふと、今は無き つけ麺 海鳴 の “黄金の鶏白湯つけ麺” を想い浮かべました。

これらはどちらも鶏ベース
こちらはトンコツベース。

ゆえに旨味の主軸は全く異なるのですが、ベクトルというか世界観というか…
思わずあの味を思い浮かべずに居られなかったのは、僕のセンチメンタルだけではないハズ!

間違いなく、バリウマ (o^^o)
しかし僕にとっては、それ以上の何かを持った一杯でした。

 

2 豚骨らぁめん全部入り (2020年4月)

こちらは看板メニューの 豚骨らぁめん 全部入りです。

…明らかに、更においしくなってるよね、これ!?

オープン時から既に、実にハイクオリティな一杯に仕上がっていましたが…
より力強さが増して、驚くほどの説得力へと進化した印象です。

「これが、いちむじん的アプローチかも!?」 と思いながらも、ややスープとタレ味のマッチングが気がかりだったのですが…
ギュっと一体感が増したように感じられました╰(*´︶`*)╯♡

スムーズさも併せ持ちつつ、しっかりと存在感ある仕上がりのストレート麺
この麺があってこそ、スープの旨さを余すことなく楽しめようというもの!

具材も一つひとつ、実に丁寧な仕事ぶり
この力強いスープには、青ネギの鮮烈な香りが実に良いアクセントですね^^

 

こちらも新作の チャーハン
近年はワンコインをゆうに超え、なかなかラーメン+オンが大きくなりがちですが…
嬉しい450円♪

ふっくら&ホクホクピリリとコショウが効いた仕上がりで、オトナ喜ぶおいしさです(^-^)v

チャーハン好きはマストでいっときましょ!


 

初回の時点で既に高い完成度だったのですが…

個人的には更にグイっと!!
早くももう一歩先へと進んだ印象。

いや、マジでスゴイですよ♪(´ε` )

とにかく改めて、合間を置かずにリピしなければっ。

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

1 豚骨らぁめん 玉子入り(2020年2月)

塩とんこつの名に感じるこだわり。上質クリーミーなスープを彩るタレ味に注目

 

らぁめんシフクの移転から約1か月。
期待の新ブランドが船出を迎えました^^

”塩とんこつ” というアプローチには目が無い僕ら♪
どんな一杯が登場するのか、期待に胸を膨らませて行ってきました。

 

塩とんこつの名に感じるこだわり。上質クリーミーなスープを彩るタレ味に注目

いよいよ着丼、こちらは 豚骨らぁめん 玉子入り です。

華やかな赤の丼に、玉子の黄とネギの緑が映えますね~

まずはスープをひと口…お~っ、ウマいっ♪(´ε` )

口当たりは実にクリーミー
くさみの無いとってもスムーズな味わいに、丁寧な仕事ぶりを感じます。

で、一般的にはここから、甘みのある九州の醤油ダレ…と行きそうですが、クイっと入る切り返し。

スープの味わいを立たせつつ、ややキリっとした後味へと繋ぐあたりに個性を感じます!

当然、醤油も使用していると思われますが、タレ味のキメ方に ”塩とんこつ” と銘打つこだわりを感じます。

合わせるのはしなやかだけどコシのある、ストレートの細麺
スープとの馴染み存在感が両立されており、実に良いマッチングです(o^^o)

チャーシューはなかなか立派なサイズのバラロール
しっとり&柔らかに仕上げてあります(^-^)

適量のキクラゲもナイスなアクセント。
玉子の火入れも、ピッタリとジャストでございました♪

 

豚骨らぁめん チャーシュー増し

こちらは 豚骨らぁめん チャーシュー増し
上質なチャーシューが3枚も増えて、+150円というのは相当お値打ちです(*´∀`)♪

 

餃子セット

+250円で餃子3個おかわりOKのゴハンが付く餃子セット。

餃子はタレ無し&辛子を添えて味わう、海鳴風のアプローチ
きっちり味がついているので、そのままでもバッチリうまいですよ~(^o^)


 

オープン時点から、既にキッチリとハイクオリティな仕上がり^^

スープ・麺・具材の全てにおいて、丁寧な仕事ぶりと綿密な作り込みを感じました。

このとんこつスープを活かした新たな味が登場してきたりしたら、更にアツいなぁ~(^^ゞ

2020年、今後の動向をしっかり追っていきたいと思います。

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

いちむじん

関連記事

  1. 【春陽軒@東区箱崎】 愛され続けてきたものには理由がある。

  2. スープ・麺・肉が三位一体となるウマさ♪ CoCo壱番屋プレゼンツのカレーラーメン

  3. 麺と具材。個々の良さをクッキリ・じっくり味わえるのが天ざるの魅力♪

  4. 【元祖ぴかいち@博多区博多駅前】 博多のソウルフード、皿うどんはココで食べるべし!

  5. 【麺処 金田家 博多店@博多区下川端町】 行橋発 黒豚とんこつの名店が博多座裏に!

  6. マイルド&コクウマな♪まさに絶品の長浜系豚骨ラーメン