【かいの 糸島本店@糸島市二丈武】 福岡のチャンポン好きは糸島まで足を延ばすべし!

糸島市二丈武にある、「かいの 糸島本店」 をご紹介します。

かつて中央区高砂で人気を博していた 「高砂 かい乃」 が2017年夏に閉店。

しばしの沈黙を経て2018年11月、糸島市に移転してリニューアルオープンしました。

鶏のうまみをタップリと楽しめる絶品ちゃんぽん

有料道路を走ってでも食べに行きたい、バリウマメニューを楽しめます♪

 

1 ちゃんぽん(2019年2月)

美味さ、もう一歩先へ! 糸島の地で更なる進化を遂げた”かい乃”のチャンポン

福岡と言えば、ラーメン&うどんがメジャーな存在ですが、実はチャンポン好きの方も多いですよね^^

でもどちらかと言えば、「チャンポンも有る」 というお店でチョイチョイと楽しむというイメージ。
※リンガーハットを除く(笑)

そんな中、2013年に ”鶏白湯系チャンポン” の決定版として登場した ”かい乃” はお気に入りのお店でした♪(´ε` )

移転オープンしてずっと気になっていたものの、なかなかタイミングが合わず^^;
ようやく訪れることができました。

 

アクセス

福岡前原道路の終点 前原東から、1.5キロほど。
二丈武の交差点から路地に入った先に、お店があります。

 

店舗外観

なんともシックで落ち着いた雰囲気のファサード。
赤いのれん&のぼりが際立ってますね^^

店頭には専用の駐車スペースがあります。

 

おしながき

食券制なのでまずは入って正面にある券売機へ。
こちらは2019年2月時点のラインナップです。

基本、ちゃんぽん1本!
デフォに加え、麺1.5玉の中盛、麺2玉の大盛が選べます。

高砂時代にあった豚足や餃子は無くなったようですが、からあげが登場していました♪

店舗情報はこんな感じです^^

 

卓上調味料

卓上には黒/白のペッパー、そして柚子胡椒がスタンバイ。
シャレとります(^o^)

 

美味さ、もう一歩先へ! 糸島の地で更なる進化を遂げた”かいの”のチャンポン

オーダーが入ったら調理がスタート。
高砂時代と同じく、ライブクッキングを楽しむことができます。

手際よく仕上げてスムーズに着丼。
こちらがデフォの ちゃんぽん です^^

極めてシンプル&王道のビジュアル。
丼から立ち上る良~い香りが、一瞬にして腹ペコスイッチを ”Warning!” まで引き上げます(笑)

サラリとスムーズな口当たりの中に、ほんのりとトロミを感じる鶏白湯スープ。

ひと口啜ると・・・ムハ~っコレだ、コレコレ♪( ´▽`)

とんこつ仕立てのチャンポンとはひと味もふた味も異なる、実に円やかで伸びやかな味わい

確かなコクを存分に楽しませつつ、トゲトゲしさや鶏特有のひねたニオイは微塵も感じさせません。

モチっと&プリリンと頼もしい弾力感がありながら、スープとの馴染みも上々♪

絶妙の塩梅で火を入れた、豚肉・キャベツ・モヤシ・カマボコと三位一体のウマさを生み出しています (o^^o)

ズバっと鶏のうまみを外連味なく打ちだし、スープ&麺&具材の一体感が抜群。

オーソドックスな出で立ちとは裏腹に、非凡極まりない完成度です!

こちらは合わせてオーダーした からあげ

僕の中でカラアゲは、チャンポンに無くてはならないお供

井手ちゃんぽんですっかりハマって、行く先々で楽しんでおります (^^ゞ

そのまま食べるのではなく、チャンポンの上に乗っけて”スープがしゅんだトコ”を味わうのが醍醐味♪

もはやカラアゲ無しでは全力でチャンポンを楽しめないほど(笑)

かいのにもカラアゲが登場したのは、ホント嬉しい限りです^^


 

以前から相当なクオリティでしたが、糸島の地で更なる進化を遂げた印象です!

なんというか…より個性は強まったのに、全体のまとまりが増したイメージ♪(´ε` )

間違いなく福岡でTOP3に入る存在だと思います。

いや、僕の中では現在の1位ですね (^-^)v

以前にように気軽に行ける距離では無くなりましたが、

「糸島に来たら=かいのでチャンポン!」

行動パターンとしてインプットしておこうと思います。

次回はふくめん2号も連れてリピしなければ。

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

かいの 糸島本店