【ラーメン家 みつ葉@奈良市富雄元町】 恍惚のアワアワ♪ 奈良を代表する極上の一杯

奈良市富雄元町にある、「ラーメン家 みつ葉」 をご紹介します。

2011年9月にオープンした、奈良を代表する人気ブランドのひとつ。

店主さんは京都の名店 「俺のラーメンあっぱれ屋」 で修業されたと聞きます。

きめ細かな泡が美しい、豚&鶏白湯スープの絶品ラーメンを味わうことができます。

 

2 豚CHIKIしょうゆラーメン(2018年12月)

念願の”みつ葉”で、しょうゆ&しお♪ 心安らぐ、ハッピーな味わいを満喫。

600キロ以上離れた博多の地に住むラーメン好き。

食べたことが無いのに、インスタなどで写真を見ると 「あ、みつ葉だ♪」 と気づくほど^^

恋焦がれたあの一杯がいよいよ目の前に♪
念願叶って訪問することができました\(^o^)/

 

アクセス

近鉄奈良線 富雄駅から500メートルほど。
閑静な住宅街の一角にお店があります。

 

店舗外観

なんとも味のある看板&暖簾がトレードマーク^^

店頭には数多くの説明書きがあります。

超人気店ゆえ、大行列は日常の事と思われ…

不要なトラブルを避けるために、お店さん側がキチっとルールを示してくれるのはありがたい限りです。

ファミレス等での ”ボード記入” という文化が根付いてからというもの…

”代表者が居ればOK” という解釈が広まってしまい、それがNGなお店でも見られるようになりました(/_;)

きっと悪意はなく、”ルールが分からないだけ” という方も居ると思われるので、こうしてお店がスタンスを明示する形がベストだと思います。

張り切って早々と到着したので1~2番をゲット^^

ずっと並ばずに済むのも本当に嬉しい限りです♪

 

おしながき

いよいよ入店。
まずは入って左手の券売機へと向かいます。

こちらは2018年12月時点のラインナップ。

ラーメンは、豚CHIKI しょうゆ&しお が提供されています。

しょうゆ&しおをオーダー、シェアしていただきました。

 

ふんわりクリーミースープ&モッチリ麺のハーモニー♪

いよいよご対面。
こちらは 豚CHIKIしょうゆチャーシューメン です。

なんともまぁ美しい出で立ち!
食べる前から思わずため息がこぼれます (o^^o)

早速スープをズズっと・・・ふぁ~っ、こりゃ美味いっ♫

3~5分おきにスープを撹拌しながら、約8時間をかけて炊きあげる」というスープ。

シルクみたいにキメ細やかな舌触りが心地良く、ひと口目でグッとハートをつかまれます (о´∀`о)

クリーミーで柔らかな口当たりでありながら、グングンと押し寄せる旨みの量に驚き!

しっかりと存在感を示しつつ、尖った所の無い醤油ダレの塩梅も実にマーベラスです^^

合わせるのは、加水率かなり高め中太ストレート麺

モッチリ豊かな麺の食感と、フンワリスープの相性が驚くほどピッタリ♪

この一体感にも度肝を抜かれました (^^ゞ

しっとりコクのあるチャーシューは、表面の香ばしさがスープのアクセントに。

極太サクサクのメンマからも、丁寧な仕事ぶりをひしひしと感じます^^

全てにおいて隙の無い仕上がり!

念願の一杯は、高き期待に余さず応えてくれる素晴らしい逸品でした (^-^)

 

1 豚CHIKIしおラーメン

こちらは 豚CHIKIしおラーメン

6種の塩をブレンドし、貝柱と昆布をふんだんに使用したタレ」 で仕上げているそうです。

醤油の香ばしさとコクでスープに磨きをかけた ”しょうゆ” に対して、

スープのうまみを真っすぐ引き出したというイメージの ”しお”

どちらもそれぞれに素晴らしく、甲乙つけがたい美味さ♪
僕は僅差で…しょうゆかなぁ~(^^ゞ


 

念願の”みつ葉”を心ゆくまで満喫することができました (о´∀`о)

心和む&幸せを感じるその一杯は、味の組立てこそ大きく異なるものの僕らのホームである 「らぁめんシフク」 にも通ずるものが♪

美味しいだけでなく、心まで満たされるような素晴らしいものでした!

いつかまた訪れたいと思います。

実は明日は 「あっぱれ」 に。
うふふふ~♪(´ε` )

 

[良かったらいいね!] [イチオシ記事リンク]

 

掲載情報は訪問時、または記事作成時のものです。
メニュー・価格・サービス内容・営業時間・定休日などは、変更されている場合があります。
遠方から来店される際などは、必要に応じて事前に公式HPやお問合せにてご確認ください。
また訪問日とレビュー公開日には、タイムラグが発生している場合があります。
 

店舗情報はこちらから

ラーメン家 みつ葉