一切の外連味無し! 揺るぎ無きその味わいは、芳醇にして力強くも柔らか♪

支那そばや (1)

支那そばや@新横浜ラーメン博物館
ミニ醤油らぁ麺

 

東京ツアーの途中、少し足をのばして新横浜ラーメン博物館へ。

フードテーマパークの元祖と言われる存在であり、既にオープンから20年を超える歴史を有しています。

我らがラーメンスタジアムも15年の歴史がありますが、さらに先輩ですね^^

出店数は9店舗であり、ラースタと概ね同等。
福岡からは「名島亭」が出店中です!

 

現在登場している店舗のイメージとしては、「超王道の老舗と、世界市場(海外からの逆輸入)」という、ある意味では真逆の個性が同居している感じです(^^ゞ

超王道の老舗名島亭(福岡)、すみれ(札幌)、こむらさき(熊本)、支那そばや(神奈川)など

世界市場(海外からの逆輸入):ツヴァイテ(ドイツ)、カーザ ルカ(イタリア)

まずは醤油ラーメンの王道と言っても過言では無い「支那そばや」へ。

 

店舗外観

支那そばや (5)地下1Fに降りて直ぐ、右手にお店が。

入り口には、ラーメンの鬼と呼ばれた、故 佐野実さんの写真が飾られています。

まずは左手にある券売機へ。

 

券売機

支那そばや (6)※クリックすると拡大します。

醤油&塩の2本柱に加え、味噌辛ネギなどのメニューも提供されています。

ブランド豚を使用したチャーシュー麺に非常に魅かれつつも、連食中なので ”ミニ醤油らぁ麺” を頂くことにしました ^^;

 

店舗内観

支那そばや (7) 支那そばや (8)木目調の店内。歴史を感じさせる佇まいです。

きっと元からそういう作りであると思われますが、オープンなら長い年月が経ち、実に良く馴染んだ雰囲気になっているようです^^

 

卓上調味料

支那そばや (9)

卓上にはコショウのみ
納得です。

 

一切の角が無く、力強くも柔らかな味わい♪ まさにお手本というべき見事な一杯

支那そばや (1)あっという間に着丼。
こうやって写真にすると、いまいち ”ミニ” であることが伝わり辛いですね(笑)

心和む、芳醇な香りのスープ。
さっそく心してズズッと・・・旨いっ♪

支那そばや (3)

鶏ダシの旨味、非常に円やかで優しい醤油ダレの風味。

尖った所が微塵も無く、力強くも柔らかな味わいがなんともステキです^^

2度、3度をスープをレンゲで運びつつ、「あぁ・・・普通サイズにすれば良かった」と後悔(汗)

思わずスープを完飲してしまう、見事な一杯です。

 

スープとの一体感が実に見事! しなやかさと風味の良さが抜群のストレート麺

支那そばや (4)風味豊かな麺は、細めのストレート

滑らかな啜り心地を楽しませつつ、スープと実に良く馴染む優れた麺です♪

柔らかすぎることも無く、硬くも無く、実にしなやかで絶妙の弾力感!

フルサイズでしっかりと存分に味わうべきでした (/_;)

 

サイズはミニでもラインナップはキッチリと。ひとつひとつが確かな味わい

支那そばや (2)具材はチャーシューが1枚、小さめの海苔メンマが1本。

ミニサイズながら、キッチリとひと通りの味わいを楽しませてくれます。

ひとつひとつが確かな味わいです^^

普通のチャーシューでも十分旨いのですが、これがブランド豚の極上チャーシューだったなら・・・

想像するだけでもヨダレが出ます^^;


 

流石というべき隙のない仕上がりでした。

厳選を重ねた良い素材を用いて、確かな腕でキッチリと仕上げた一杯。

そんな印象です。

何のごまかしも、ハッタリも無い。

一切の揺るぎが無い、完成された味わいであると思います。

次回訪れた際には、必ずや未食のメニューを!

そう心に誓ってお店を後にしました。

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

支那そばや 新横浜ラーメン博物館店

昼総合点★★★★ 4.0