【えびそば一幻@中央区地行浜】 甘えび好き歓喜♪ 札幌の人気ブランドが来福

中央区地行浜にある、「えびそば一幻 E・ZO FUKUOKA店」 をご紹介します。

ソフトバンクホークスが手掛けるエンタメ施設 ”BOSS E・ZO FUKUOKA” が、福岡PayPayドームのお隣に2020年7月にオープン。
王貞治ミュージアム、HKT48劇場などが入っているほか…

絶叫系好きの、ふくめん2号&8号が興味津々♪
つりZOすべZOといった、絶景アトラクションも楽しめる施設です^^

しかしまずは何より食べること(笑)
まずは3Fの The FOODHALL を目指します (^^ゞ

こちらにはなんと、あの札幌の人気ブランド 「えびそば一幻」 が登場!
福岡では地方の有名店の ”路面店” が極めてレアなので^^;
今回の登場は嬉しい限りです。

>メニュー

3 えびみそ(そのまま・太麺)(2020年7月)
2 えびしお(そのまま・細麺) (2020年7月)
1 えびしょうゆ(ほどほど・太麺)(2020年7月)

3×3×2=18通りのチョイス。 自分好みのベストチューンを見極めよう♪

これまで何度か食べてきた一幻ですが、かなりお久しぶりの再訪です。

前回は新宿店で食べたのですが…当時、虫歯が痛すぎて半泣きの状態で食べ…
おいしさより痛みしか覚えていないという、苦い思い出があります^^;
どうでもいい話ですが(汗)

しかしまぁ、まさか次なる訪問が我らが福岡になるとは♪

毎回のように大盛況ゆえ、デパートの物産展では北海道の名店が折々で登場しますが…
常設店となると話しは全く別。

「全国で唯一、すみれが並ばずに食べられる街」とさえ言われた福岡。
博多店、大名店が撤退した時は、ホント涙目でした (>_<)

しかし今回は、不特定多数の方が訪れる話題のスポットなんで♪
きっと多くの方が出会うチャンスがあると思います (o^^o)

 

アクセス

福岡PayPayドームの東側。
MARK IS 福岡ももちを背にして、右手側に建物があります。
ドームのデッキを歩いていくと、丁度そこが3Fの飲食フロアでした。

 

店舗外観

こちらの The FOODHALL には、8つの飲食店が登場。
大好きだった 「肉山食堂」 が復活したのは嬉しい限り♪( ´▽`)

東京 日本橋の人気店、焼肉 赤身 にくがとう や…
CHATTERBOX EXPRESS のシンガポールチキンライスなども気になるところです。

コロナ時代にも適した、フルオープンのファサード
お客さんが多かったので、写真は看板と暖簾のみで(汗)

 

おしながき

こちらは2020年7月時点のお品書き。

①味
えびしお、えびみそ、えびしょうゆ の3種から

②スープ
そのままえびの風味をそのまま活かしたストレートスープ
ほどほどえびスープ適度にとんこつスープをブレンド
あじわいえびスープとんこつスープをブレンド

③麺
太麺、細麺 の2種から

つまり、3×3×2=18通りから、お好みの味を選べる仕組みです。

今回は3人で訪問したので、味は3種
スープは ”そのまま” をメインで、1つを ”ほどほど” に。
麺は、太麺2つ+細麺1つでいってみました^^

あ、えびおにぎりも1つくださいな♪

 

えびみそ(そのまま・太麺)

まずこちらは、えびみそ(そのまま・太麺)です。
赤い丼えび粉のピンク青ネギの緑という、実にビビッド色合いが印象的。

店内全体(というか店外にもド~ンと)溢れている ”海老アロマ” ですが(笑)
着丼すると、その香りが更に際立ちます。

味噌仕立てゆえに濃厚そうに見えますが、ベーススープが甘えびなので飲み口は意外にスムーズ
それでいて背脂がプラスされているので、適度な重厚感があります。

”甘えびの頭を大量に用いてとった” という秘伝のスープ。
そこに ”えび油” そして、紅生姜にえびの風味をプラスした天かす ”えび粉” をプラス。

えび×えび×えびトリプルインパクトです (o^^o)

こちらに合わせた太麺は、札幌らしく食べ応えあるモチモチとした食感
しっとりチャーシューに加えデフォでハーフの味玉も付くので、見栄えも食べごたえもUP。

デフォ一杯で、キッチリまとまっていますね^^

 

えびしお(そのまま・細麺) 

続いて2杯目は、えびしお(そのまま・細麺)
しおベース×えびスープ×細麺という、最もスマートなチョイスです。

みそ以上に、ベースの えびスープ が際立つ感じでアッサリ好きの方に喜ばれそうなチューン。
僕には少しおとなしく感じましたが、それでも一般的な塩ラーメンに比べるとしっかりボディかも (^o^)

 

えびしょうゆ(ほどほど・太麺)

ラスト3杯目は、えびしょうゆ(ほどほど・太麺)
こちらは とんこつスープをほどよくミックスした一杯。

おおっ♪
やっぱりこれ位の重厚感が好みかも (^^ゞ

しっかりと えび感 は保ちつつ、太麺にマッチする頼もしさが加わったイメージです。

さらに とんこつ度がUPする ”あじわい” を鑑みると、初球は ”ほどほど” から入るのが定石かな?
実にバランスの良いチューンですね。

こちらは えびおにぎり
えびの風味をさらに味わい尽くすサイドメニュー。

そのままでもウマいですが、個人的にはゴハン割り(スープにイン)にして食べた方が好みでした♪


 

これまでに3回ほど一幻を食べたと記憶していますが…
思い返すとおそらく毎回、みそ×あじわい×太麺 ばかりを食べてきた気がします^^;

続けて食べることが無いので、”ひとまずコレで” 無意識に選ぶのは濃厚&ガッツリ仕様(笑)

ストイックに ”そのまま” から入るのもアリですが、まずは ”ほどほど” で様子を見つつ…
次回は ”そのまま” か、”あじわい” へスイッチするのが良さそうだなぁ~

次回は組合せを変えて、あじわいなどを楽しんでみようと思います♪(´ε` )

 

掲載情報は訪問時、または記事作成時のものです。
メニュー・価格・サービス内容・営業時間・定休日などは、変更されている場合があります。
遠方から来店される際などは、必要に応じて事前に公式HPやお問合せにてご確認ください。
また訪問日とレビュー公開日には、タイムラグが発生している場合があります。
 

 

店舗情報はこちらから

えびそば一幻 E・ZO FUKUOKA店