【鍋と酒菜 はま岡@中央区薬院】 鍋専門店が手掛ける、じっくり旨い2種のラーメン

中央区薬院にある、「鍋と酒菜 はま岡」 をご紹介します。

いずみ田」 出身の店主さんが2018年4月にオープン。

元祖もつしゃぶすき・慶州鍋・もつ鍋という、3つの鍋を看板メニューとする和食ダイニングです。

ランチタイムに醤油&塩ラーメンの提供をスタート。

専門店も舌を巻くような、高い作り込みを感じるラーメンが味わえます。

 

2 しょう油らぁめん+味玉(2019年6月)

専門店も驚きのクオリティ。 トレンドをキッチリと押さえた上質なラーメン

鍋を主軸とするお店のラーメン

調べてみると、なんだかビビっとくるものが (^^ゞ

SNSで情報を得てお店へ向かうも…

1度目は売り切れ、2度目はお休みに当たってしまい、3度目でようやく味わうことができました(汗)

 

アクセス

西鉄 薬院駅から桜坂方面へ徒歩3分ほど。
城南線沿いにお店があります。

 

店舗外観

シックで落ち着いた雰囲気のファサード。

店頭にはメニュー&慶史の木札があります。

入ってみて思い出したのですが、昔うどん屋さんがあった場所ですね。

 

おしながき

こちらは2019年6月のお品書き。

ランチタイムに、しょう油&塩ラーメンを提供しています。

塩は10食の数量限定なのでご注意ください。

 

卓上調味料

卓上にはブラックペッパーがスタンバイ。

オーダーすると、魚粉&柚子胡椒も登場しました。

 

専門店も驚きのクオリティ。 トレンドをキッチリと押さえた上質なラーメン

まずは、しょう油らぁめん+味玉トッピングから。

スープをひと口啜ると…むむっ、なかなかのアグレッシブテイスト!

ダシ感先行の控えめな味わいかと思いきや、グッと存在感を示す醤油ダレの香りと旨味が印象的です♪(´ε` )

もちろんベーススープの厚みもしっかりと。

脂っ気は強すぎずスムーズな飲み口。和の香りを残しつつ後味も軽やかです。

合わせるのは ”製麺屋 慶史” 謹製の中太ストレート麺

滑らかな舌触りと、モッチリ&プリっとしなやかな弾力感を楽しめます^^

しっとりタッチでしっかりと肉のコクが詰まったチャーシューも上々の出来栄え。

メンマ・青菜が添えられて具材も過不足なしという印象です。

チャーシューにパラリとブラックペッパーを振ってみたり、柚子胡椒を添えて味わうのもマル。

ゆったり穏やかな味わいに変化を与えてくれます (o^^o)

 

1 塩らぁめん+チャーシュー

こちらは、塩らぁめん にチャーシューをトッピングしたもの。

醤油ダレ香る&際立つ ”しょう油” とは打って変わって、ダシ感重視の優しい味わいです。

キレよりも、柔らかな膨らみ” というイメージ。

日頃ラーメンを食べる機会が少ない女性にも喜ばれそうなチューニングだと思います(^^ゞ

チャーシューはコクのある豚肉と、しっとり柔らかな鶏むねの合わせ盛りを楽しめます。

全国的にも2種盛りが、先端をゆく東京のお店では3種盛りが定番。

お馴染みのバラロールの薄切りカットもウマイですが、最近のチャーシューはグッと手が込んでますね^^


 

正直なところ、昔はラーメン店以外が提供するものと言えば…というイメージでしたが…

最近登場するものは、最初から完成度高いな~と思います。

味の組み立て方、具材の仕上げ方など、現代のトレンドをキッチリと取り入れた感じ。

ラーメン専門店も舌を巻くような、きっちりハイクオリティな仕上がりでした^^

確かな腕前を活かして、グッと振り切った感じのメニューも食べてみたいです♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

鍋と酒菜 はま岡