【博多海老豚骨ラーメン 維櫻@博多区中洲】 豚骨×海老がテーマの新ブランド登場

博多区中洲にある、「博多海老豚骨ラーメン 維櫻」 をご紹介します。

2019年8月オープン。維櫻=いお と読むとのこと。

とんこつ×海老という珍しい組合せのラーメンが味わえるお店です。

 

博多海老豚骨ラーメン (2019年9月)

日本人の大好物=海老をフィーチャーした一杯。モチモチ麺と相性上々。

世界で一番の海老好き” とも言われる日本人
そして技法や食材に国境を持たない ”ラーメン” というジャンル。

僕自身 「これらを組み合わせれば人気を博すのでは?」 と思うものの…実は意外に少ない海老ラーメン

直ぐに思い出すのは、札幌発 甘エビの頭を大量に用いたラーメンで全国区まで上り詰めた 「えびそば 一幻」 でしょうか。

福岡には、そこからインスパイアしたと思しき 「えびえびそば@筑紫野市」 がありましたが、その後残念ながら無くなってしまいました。

限定麺などで時折顔を見せるものの、なかなか主軸とした一杯は少ないようです。

そんな登場したこちらの新ブランド。
果たして海老ラーメンの新機軸となりうるのか?
初訪問して参りました。

 

アクセス

リバレインの斜向かいにある、”ゲイツ” の地下1階にお店があります。

 

店舗外観

TSUTAYAの先から、エスカレーターで地下へ。
降り口そばには看板が出ています。

降りてすぐ右手に入口が。
この写真1枚だけでも、これだけの ”維櫻” という文字が。
デザインは雅ですが、打ち出しはかなり強めです(笑)

入口そばには、大きな提灯も。

こちらが訪問時点での営業時間です。

 

おしながき

こちらは2019年9月時点のお品書き。

ラーメンは、博多海老豚骨ラーメン博多豚骨のツートップ。

えび飯明太ごはんなどもあります。

モチロン ”推し麺” である、博多海老豚骨ラーメンをいただくことにしました^^

 

卓上調味料

卓上にはコショウお酢が。
最近は、”とんこつ店で酢を使う” というマナーが広まりつつありますね~

 

日本人の大好物=海老をフィーチャーした一杯。モチモチ麺と相性上々

しばらく待っていよいよ着丼。
こちらが 博多海老豚骨ラーメン です。

海老油桜海老の香りが、丼からフンワリと立ち上ります^^

スープはバランス感に秀でたとんこつベース。
海老の風味は漂わせつつ、ガンガン ”海老、海老、海老” という訳では無いので、海老が得意じゃない方でも楽しめそうです。

タレの塩梅はやや優しめかな?
海老感を損なわないためのチューニングなのかも知れません。

麺は100年以上の歴史を持つという、青木食産という製麺所の中太ちぢれ麺を使用。
モチモチとした弾力感は、タピオカでんぷんに由来しているそうです。

スープの絡みもなかなかイイ感じ。
麺量は程よい塩梅なので、飲みの〆にも丁度いいと思います♪

炙りの入ったチャーシューは食べ応えあり!
ちょっとお値段は張りますが、チャーシューのリッチ感は嬉しいところです。


 

スムーズで食べやすい一杯でしたね^^

ついついゴリっとエッジの効いたチューンを求めてしまいますが、そうなると人を選ぶ形にもなるので…
難しい所かも知れませんね (^^ゞ

香ばしくて風味豊かな海老ですが、打ち出し方によってはかなりクセが強くなりそうなので。

マイルドに海老感を楽しめる一杯。
ビビっときた海老好きの方はお試ししてみてはいかがでしょうか。

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

博多海老豚骨ラーメン 維櫻