【きてん@久留米市】 おいしくて、お手頃で、接客もマル♪ 新店にして早くも隙ナシ。

久留米市合川町にある、「きてん」 をご紹介します。

とんこつラーメン歴20年の店主さんが、2019年9月にオープン。
こだわり抜いた一杯を、お手頃な価格で味わえるニューカマーです。

 

1 きてんラーメン(2020年1月)

丁寧な仕事ぶりを感じる秀逸な一杯。 こんなお店が近くにあればありがたい限り♪

きてん” という、シンプルにして力強いネーミングが実に印象的。

新たなブランドの始まりである ”起点” かな?
食べに ”来てん” というニュアンスかな?
などと思い浮かべつつ…

「まずは一度行ってみたい♪」と思っておりました (^^ゞ
覚えられる&忘れないというのはお店にとって大切な要素。
改めてネーミングって重要ですね!

 

アクセス

久留米インターから3キロちょっと。
久留米総合スポーツセンターのそば、中央公園通り沿いにお店があります。

 

店舗外観

大きな白い暖簾が印象的なファサード。

一瞬 ”KITEN” が、”KIRIN” に見えたのは内緒です(笑)

 

おしながき

こちらは2020年1月時点のお品書きです。

ラーメンは、デフォの ”きてん” と、コッテリ仕様と思しき ”けいてん” の2種。

ランチタイムはオトクに楽しめるセットメニューもあります。

かり玉丼ぎょうざ、どっちも気になるけど…この日は後があったのでグッとガマン。
しかし改めて写真を見ると、食べてみたかったなぁ~^^;

 

卓上調味料

卓上には紅生姜辛子高菜などがスタンバイ。
キチンと清潔に保たれているお店って、好感度高いですよね~

 

丁寧な仕事ぶりを感じる秀逸な一杯。 こんなお店が近くにあればありがたい限り♪

スムーズに着丼、こちらは きてんラーメン です。

パッと見だけでも、なんだかグッとくる引き締まったビジュアル。
実際に向き合うと、急激に興味と食欲が加速してきました^^

それではスープをひと口…うん、旨いっ (o^^o)
ドロリと重たくなく、さりとてサラサラでもない実に良い塩梅に炊き上げられたスープ。

とんこつの旨味は存分に楽しませつつ、脂っこさやくさみは感じさせないバランス感がイイですね♪

20時間かけて炊き上げたという熱々のスープは、柔らかで甘みのある円やかな口当たり
しっかりと打ち出しを感じさせながらも、そこに刺々しさはありません。

合わせるのは、かなり細めストレート麺
どちらかと言えば博多のラーメンに近い印象で、スルスルとスムーズな食感を楽しめます。

風味豊かな麺は、福岡県産小麦 ”ラー麦” を用いた麺とのこと。
実に啜り心地が良く、一気呵成に食べ終えてしまいました (^^ゞ

赤身と脂身のバランスが良く、肉感を感じさせながらも柔らかなチャーシュー
手切りされたネギに至るまで、丁寧な仕事ぶりを感じます。


 

このクオリティで、なんと 570円!!
素晴らしいコストパフォーマンスだなぁ~♪( ´▽`)

価格で選ばれるのではなく、「おいしくて、しかもお手頃」 となれば一番ありがたいですよね~

ご夫婦なのかな?
店主さんらしき方と、ホールを回す女性がお二人とも実に気持ちの良い接客で^^

なかなか「ここまで気持ち良く食べさせてくれるお店も少ないのでは?」
そう思うほど、清々しい応対にも魅了されました。

やはりカリ玉丼と餃子もキニナルところ(笑)
次回はフル一杯で楽しみたいと思います!

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

きてん