【ラーメン工房 にへい@東区土井】 受け継ぐ伝統と切り拓く新時代。東区に新生現る!

東区土井にある、「ラーメン工房 にへい」 をご紹介します。

惜しまれながら閉店した 「山ちゃんラーメン」 の跡に、2019年2月にオープン。

博多だるまの流れを汲む、正統派のとんこつラーメンを楽しめます。

 

1 チャーシュー麺(2019年1月)

伝統を受継ぎながら、隅々に個性を発揮。これが ”にへい流” とんこつ!

「山ちゃんの跡にラーメン店がオープンするようだ」 という話は聞いていましたが…

まさか ”だるまの流れを汲むブランド” だったとは!

こちらの店主さんは、約1年前にオープンした 「博多だるまラーメンセンター@蒲田」 の立ち上げを一緒にされた方であると聞きます。

山ちゃんがあった場所+だるまの系譜 と聞けば、もちろん興味津々♪

早速訪問してきました。

 

アクセス

JR香椎線の土井駅から、800メートルほどの距離。

21号線 土井(桃田)の交差点から、八田側へ少し入ったところです。
※旧 山ちゃんラーメンの跡地

スグそばには、コメダ珈琲店 福岡八田店があります。

 

店舗外観

新たに生まれ変わったファサード。
テント&扉で随分とイメージが変わりました^^

店頭には2台分ほどの駐車スペースがありますが・・・

普通車はキビシイかも?軽でギリギリ線に収まる感じです。

少し八田の交差点側に進むと、コインパーキングがありますよ~

 

おしながき

食券制なので、まずは入って右手の券売機へ。

こちらは2019年2月時点のラインナップです。

基本、とんこつラーメン1本!
トッピングもチャーシュー、煮玉子と極めてシンプル。

セットメニューにも対応した、チャーハン&餃子もあります。

 

店舗内観

替玉はお手軽な100円。
やっぱ替玉は100円であって欲しいなぁ~と思います (^^ゞ

辛子高菜のサービスも♪
食べ残し厳禁ですよ~

 

卓上調味料

卓上には定番調味料がズラリ。
あれ?こ、これは!
なんと、山ちゃんのラー油がありました\(^o^)/

 

伝統を受継ぎながら、隅々に個性を発揮。これが ”にへい流” とんこつ!

まずはお約束の、チャーシュー麺から。

ちゃんと、チャーハンの進行を見ながらサーブのタイミングを調整している様子。

こういう気遣いができるお店はシンパ度上がりますよね~^^

明るめの褐色スープを脂が彩る一杯。

奥には ”だるま” の流れを感じさせつつ、グッと円やかで食べやすい仕上がり。

優しくもパンチのある味わいがイイですね~♪(´ε` )

こちらはカタメンでオーダー。

シュルリ気持ちいい啜り心地を楽しませつつ、円やかスープに馴染むスムーズな仕上がり。
実に良い塩梅です^^

チャーシューの旨さも大きなポイント。

スチームコンベクションオーブンで焼いたかのような、香ばしく&肉のコクを楽しめるタイプ!

全体の馴染みだけで終わらせず、グッと個性を打ち出したチャームポイントがにくいですね ( ´▽`)

こりゃ次回もチャーシュー麺だなっ(笑)

 

ラーメン

こちらはデフォのラーメン。
このクオリティで550円というプライスは、実に良心的な設定です^^

餃子&ゴハンと楽しむか?
やっぱりチャーシューか?
辛子高菜で味変しつつ、替玉か?

といった自分好みのアプローチで楽しめますね♪

 

チャーハン

こちらは単品のチャーハン
しっかりめの味付けで、ホクホク&ウマウマな一皿。

「これよコレっ♪」 ラーメン最強のオトモと言えばやっぱりコレですね (^-^)v

 

餃子

餃子は大き過ぎず、小さすぎずちょうど良いサイズ

手包みされた皮には、ジュワっとジューシーな餡が潜んでいます!

餃子もキッチリ手抜き無し!
まずは餃子で一杯やってからラーメンへ。
黄金のコンボだと思います(笑)


 

東区で生まれ、福岡全体に、日本で、世界にも広まった ”だるま”

その味は人と人の想いの中で、新たな形へと進み。
それぞれの世界・場所で息づいていっています。

愛され続けたブランドが幕を降ろし、新たなブランドの歴史がスタートする。

受継ぐのは、想い伝統、そして場所も。

この1~2年、勢いを増してきた東区エリア。
これからの展開が益々楽しみです (o^^o)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから