【長浜御殿 長尾本店@城南区長尾】 普段着のおいしさ。ここが長浜御殿の本店なり

城南区長尾にある、「長浜御殿 長尾本店」 をご紹介します。

創業は昭和46年長浜屋台がそのルーツであると伝え聞きます。

2019年3月時点で、長浜御殿は「本店」「住吉店」「堤店」「長尾店」「荒江店」を展開しています。

ちなみに同じく福岡の老舗である 「長浜屋台 一心亭」 とは姉妹ブランドにあたるとのこと。

飾りっ気の無い、肩ひじ張らずに楽しめる庶民の味を楽しめます。

 

2019年3月 ラーメン

働く男のパワーランチ! スムーズでスマートな味わいをサクっと楽しもう

どちらかと言えば元々、明らかにニューウェーブ&アッパー系が好き好きな僕らですが…

近年は、庶民派・老舗・普段着の味といった良さが、少しずつ分かるようになってきたように思います(^^ゞ

そんなこんなで最近は、これまでは一部の店舗しか訪れたことが無かったお店にアプローチ中。

今回は 「住吉店」 しか知らなかった、長浜御殿でございます。

 

アクセス

油山観光道路 長尾1丁目から、ちょっと路地へ入ったところにお店が。

直線距離では100メートルと離れていない場所には、なんと「長尾店」が。

六本松方面へちょっと進むと 「ラーメン基峰」 や 「らぁめん 高砂家」 があります。

 

店舗外観

大きな赤いテントに、大きな赤い暖簾、そして提灯。

チラリと見える柱やガラスに至るまで、赤尽くしのファサード^^

店頭には駐車スペースが用意されています。

 

おしながき

老舗らしく、お品書きもオーセンティックなスタイル^^

こちらは2019年3月時点の構成です。

デフォのラーメンはワンコインを切る490円
ラーメンはとんこつ1本で、ギョーザなどのセットも提供されています。

とん足、おでん、骨付カルビといったオツマミ系メニューもあります。

そして長浜御殿といえばコチラ!
バッファローズの帽子を被った小学生は、なんとラーメン=120円!

さらに長尾本店では(他の店舗も?)
プロ野球チームの帽子でも、200円!」という設定が。

なんとも粋な計らいですよね^^

 

卓上調味料

卓上には定番アイテムがズラリ。
最近はなかなか見なくなってきた食卓塩、懐かしさマシマシです。

 

働く男のパワーランチ! スムーズでスマートな味わいをサクっと楽しもう

手際よく調理され、あっという間に着丼。
こちらはデフォのラーメンです。

なんとも風情のある出で立ちにボルテージはググンとUP!

ブワッと立ち上るとんこつフレーバー

適度に元ダレが効いており、ス~っとスムーズな飲み口が印象的。

決して打ち出しは強くないものの、普段着の魅力が詰まった味わいです。

麺はパキパキの極細ではなく、しなやかさを併せ持ち、程よい細さストレート

カタでお願いしたところ、馴染みの良い仕上がりでした^^

具材は極めてシンプル。
ガシッとストロングスタイルのイニシエ系チャーシューが2枚。

タップリの青ネギが実に良いアクセントです。

ゴマ、コショウ、紅ショウガなどをプラスしながら、あっという間にフィニッシュしました。


 

サクッとシンプルに楽しんで、ササっとお店を後にする。

そんな粋な楽しみ方がハマるイメージです(^o^)

接客もキチンとしていてイイ気分♪

次はどの長浜御殿に行ってみようかな~

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

長浜御殿 長尾本店