【一楽ラーメン 名島店@東区箱崎】 やっぱコレだね~♪ ズバッと切り込むパワフル味噌

東区箱崎にある、「一楽ラーメン 名島店」 をご紹介します。

博多駅を中心とした場合、南&西エリアに多い老舗グループが「一九ラーメン

北エリアに集中しているのが「一楽ラーメン」です。

とんこつ王国である福岡の地にありながら…
一楽と言えば味噌!」と言われる個性派!

あの大人気漫画「NARUTO」のモデルとなった「九産大前店」は閉店してしまいましたが…

松島店」 「志免店」 「糟屋店」 などなど…多数の支店が。

松島⇔名島なんて、かな~り近い距離にあるのにどちらも常にお客さんが多いイメージ。

用意されている駐車スペースの量が物語っています^^

 

2019年3月 味噌チャーシューメン

ウキウキ、一楽のフルコース♪ 味噌チャーシュー+皿うどん+焼めしを総ざらい

世の中には、解けない疑問ってありますよね…

「名島店と松島店はどっちが旨いのか?」 という疑問を追って数ラウンド。

その答えを出すべく、交互に訪問してきましたが…
今のところ食べ比べても決着には至りません^^;

そんな訳で今回は、名島店のターン(笑)

 

アクセス

箱崎と名島をつなぐ名島橋のすぐ近く。

天麩羅処ひらお 貝塚店を過ぎて少し進むと、右手にお店があります。

 

店舗外観

メチャメチャ民家そのままの外観(笑)

1階がお店、2階が住居スペースなのかな?

アットホームな雰囲気がイイですね^^

一楽ラーメン名島店 (14)

お店の前に加え、対面の敷地も専用の駐車スペース

それなりの台数が停められますが、それでも埋まっていることがしばしばです^^;

 

店舗内観

一楽ラーメン名島店 (13)昔懐かしい雰囲気の店内はなかなか広め

厨房を囲むカウンター席と、テーブル席があります。

 

おしながき

食券制なので、まずは左奥にある券売機へ。
こちらは2019年3月時点のラインナップです。

ラーメン=とんこつ 、そして名物みそラーメン

ちゃんぽん皿うどんソース焼きそばという幅広い麺メニューが提供されています。

更には、焼めし野菜炒め焼肉定食といったメニューもあります。

一楽はお店によって、ちょっとずつメニューが異なるんですよね~

…ん?
よく見ると、「Miso Ramen」 とか 「Fried rice」 といった表記が。

一楽も外国のお客さんが増えたのかも知れませんね♪

Chanpon」 がちょっとツボりました(笑)

 

卓上調味料

卓上には定番アイテムが並びます。

…醤油は、何用だろ(笑)

 

ズバッと切り込むパワフルな味噌味!山盛りモヤシ&ガッツリ中太麺も頼もしいっ

こちらは味噌チャーシューメン
すり鉢ライクな丼?すり鉢そのもの?で供されるのが一楽流のスタイル(笑)

幾重にも重なったチャーシューの下には、たっぷりのモヤシが潜んでいます。

まずはスープをズズッと・・・うんうん、コレコレ♪(´ε` )

味噌の香りとコクがガツンとくる、パンチの効いた味わいが一楽の魅力。

甘めでホッコリ円やかなスタイルではなく、ズバッとパワフルに切り込むイメージです。

麺は食べ応えある、中太ストレート麺を使用。

モチモチとした食感で、力強いスープの味に埋もれてしまわない存在感があります^^

シャキシャキのモヤシ肉肉しさチョイとろ感を楽しめるチャーシューと共にワシャワシャと食べ進めていきます。

エッジの効いた味噌スープに、ちょっとクセのある青ネギの風味が実に合うんですよね~

スープの熱でしっとりしてくると、また新たな魅力が。

とんこつでも味噌でも、使い方も種類も色々ですが…ネギって偉大ですね(o^^o)

 

モッチリと香ばしい太麺がたまらないっ♪ ラードの旨さが効いた力強い一皿

こちらは皿うどん(太麺)です。

「皿うどんは、パリパリ派? or 太麺派?」という論争は、本場長崎でも絶えることがないとか(笑)

僕は断然、太麺派です (^^ゞ

このモッチリ存在感ある太麺の味わいは、パリパリあんかけ系には無い充実感!

※もちろんパリパリには異なる良さがありますが(汗)

一楽ラーメン名島店 (7)

豚肉、カマボコ、野菜などを、麺と共に濃いめの味わいで炒め上げた一皿。

ラードが強めに効いたオイリーな仕上がりなんですが、そこがまた実に頼もしいっ。

やっぱりコレだよね~♪( ´θ`)ノ

 

焼めし

まさにイニシエ系ラーメン店&中華料理店といった雰囲気の焼めし

パラッパラなタイプとは全く異なる、ホックリとした食感こそが醍醐味♪

本格チャーハンとはまた異なる、”焼めし”ならではの味わいです^^

今日のはまた一段と焼き強めの武骨な仕上がり。
しかしそれもイイっ(笑)

普通サイズの焼めしには、スープが付きます。

ここが鶏清湯スープではなく、白濁とんこつスープというトコが泣かせるなぁ~
この組み合わせにも惚れてます (^^ゞ

 

ギョーザ

今回はギョーザも一緒に。

ちょっと焼きムラ強めですが(笑)

適度に厚みのある皮キッチリ餡が詰まった、素朴で懐かしい味わいです^^


 

気取らない&飾らない、懐かしさを感じる味わいに今回も満足♪

全体的にやや濃いめのテイストもまた、”庶民の味”という感じでアリだと思います。

洗練されたラーメン店や中華料理には無い、ノスタルジックな魅力は何物にも代えがたいものです。

一定以上の年齢層の方々なら、きっと「コレコレ♪」「ふと食べたくなる~」という味わいでしょう^^

どちらかと言えば、”先進的&エクストリーム系” がツボの僕らですが・・・

改めて色々なお店を食べ歩くなかで、それぞれが持つ魅力を行き来しながら楽しんでいます♪(´ε` )

さて、「松島店とどちらが…?」
それはこれからも追いかけていきます(笑)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

一楽ラーメン 名島店