【麺屋 波のおと@博多区上牟田】塩と醤油。2つの波音が奏でる新世界を満喫♪

博多区上牟田にある、「麺屋 波のおと」 をご紹介します。

2020年2月22日にオープン!
一風堂出身の店主さんが営む、塩&醤油の新ブランドです。

 

1 塩 特製&醤油 特製(2020年2月)

力強くも穏やかな塩+見事な攻めっぷりの醤油。静と動、2つの波を楽しめる♪

とんこつ王国福岡においても、醤油は以前に比べて随分増えてきた印象ですが…
塩は未だ結構レアなイメージ。

新たな一杯の登場にワクワクです(o^^o)

 

アクセス

都市高速 半道橋ランプの近く。

上牟田3丁目交差点のそばにお店があります。

 

店舗外観

開放感ある、ガラス張りのファサード。
事前告知はそれほどしていなかったと思われますが、かなりの行列ができていました。

 

おしながき

まずは入って右手の券売機へ。

こちらは2020年2月時点のラインナップです。

ラーメンは塩と醤油の2種。
全部入りの特製や、コーンバターなどもあります。

なるほど、トッピングなら醤油にコーンバターも可能なのか( ̄ー ̄)

サイドメニューは肉味噌ごはん餃子がスタンバイ。

ランチセットは、かなりお得感が高いですね〜♫

 

店舗内観

真新しくて清潔感溢れる店内。

テーブル席も充実しているので、グループでも来やすいですね。

 

卓上調味料

卓上にはコショウ餃子系の調味料に加えて…

ガリ切り昆布といった珍しいアイテムもあります。

 

① 塩 特製

こちらは 塩 特製
キラキラと黄金色に輝くスープは、良い香りを漂わせています

早速ひと口…うん、こりゃ旨い

ひと口目から、しっかりと旨味を楽しませつつ…
スープ、タレ、脂ピタリと一体感を発揮。

何か1つだけが飛び出さない、計算された見事なバランス感です(о´∀`о)

合わせるのは、中太の平打ち麺
かな〜り滑らかな仕上がりで、個性的な食感を生み出しています。

バランス感際立つスープに対して、なんともアグレッシブなアプローチ
予定調和では終わらせない。
そんな想いが感じられました。

具材もまた、1つひとつが実にハイクオリティ。

スープの旨味を際立たせつつ、リッチな肉感とコクを楽しませるチャーシュー

ふわりとたおやかな食感のツクネ

ジャストな厚みに仕上がったワンタンは、滑らか&存在感アリです

玉子はやや火が強めに入ってましたが、ここはご愛嬌。

そして際立っていたのが、スープに気持ち良く溶ける海苔の存在

後半はトロトロに溶け出して、時間差で仕掛けてくるナイスな味変アイテム(o^^o)

香り、舌触り、旨味共にマーベラスでした。

 

② 醤油 特製

続いてこちらは 醤油 特製

打って変わって、醤油の香りとコクが際立つアグレッシブな仕上がり。

ズン♪とくる醤油のビター感が、実にやみつき感アリです(*´∀`)♪

現在は一時休業中の、あのお店の醤油にも通じるイメージ。
このチューニング、好きです。

 

③ 肉味噌ごはん

こちらは 肉味噌ごはん

一見すると、ごくオーソドックスな出で立ちですが…これがウマいっ♪

パサパサしたソボロとは一線を画す、しっとり&ジューシーな味わい。
なんともリッチで、シズル感あるおいしさでした。

次回もマストだなっ。

 

④ 餃子

餃子 は王道の一口サイズ。
これがまた、なんとも絶妙の焼き加減!

これ以上カンペキな焼きは無いのでは?
そう思うほど、ハイクオリティな塩梅でした。


 

力強くも穏やかな塩

見事な攻めっぷりの醤油

静と動2つの波を楽しめるアツイお店が登場しました!

まずは塩から行くのが良さそうですが、醤油もメッチャお奨めです。

次回は敢えて、コーンバターにもいってみたいかも?

これだけこだわりを感じるお店だけに、きっとラインナップにはワケがあるハズ。

塩が間違いないでしょうが、敢えての醤油も試してみたいですね ( ̄ー ̄)

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

麺屋 波のおと