【鳥鶏研究団@博多区博多駅前】 鶏料理専門店の矜持がキラリ! 3種の麺でお出迎え

博多区博多駅前にある、「鳥鶏研究団」 をご紹介します。

はかた地どりを食べつくす」をコンセプトとした、こだわりの鶏料理専門店
2013年にオープンしました。

焼鳥を始めとする鶏料理の旨さは言わずもがな!
塩・鶏白湯・醤油の3種が味わえる、〆のラーメンも絶品と評判のお店です。

2019年6月、以前の店舗から80メートルほど離れた場所に移転。
装いも新たにリニューアルオープンしました。

※現在の所在地=博多駅前4-18-19

 

8 こってり白湯らーめん 煮玉子入り(2019年9月)

3種の鶏ラーメンそれぞれに輝きが♪ 焼鳥と共に心ゆくまで堪能すべし

僕らメンムスビは、基本ランチタイムの活動がメイン

ゆえに夜営業専門のお店は、行きたくても思うように訪問できない傾向にあります。

移転後、すぐにでも訪問したかった鳥鶏研究団もこのパターンでして^^;

「そろそろランチが始まるんじゃないか?」 と待ちに入ってはみたものの、現在は夜専門での営業。

どうしても再訪したくなったので、夜行けるタイミングに合わせてようやく訪問してきました (^^ゞ

 

アクセス

幸田口通 博多消防署前交差点のすぐ近く。
博多駅からも徒歩圏内の立地です。

旧店舗より80メートルほど住吉通り沿いになりました。
ふくちゃん英美@宗像市」 が移転する前、「ふくちゃんラーメン 博多店」 だった場所だと思います。

 

店舗外観

移転前よりぐ~~んとオシャレ感が増したファサード。
シックでモダンな雰囲気が実にイイ感じです^^

 

店舗内観

清潔感のある真新しい店内。
結構な奥行きがあり、想像以上に広いです。

食べログで見ると35席もあるものの、この日も満席に賑わい。

隠れ家的な以前のお店も良かったですが、開放的で明るくて更にイイ感じになりましたね (o^^o)

 

おしながき

こちらは2019年9月時点のお品書き。

もの凄い数の部位が載った ”トリ扱い説明書
ナイスなセンスです(笑)

実に驚くべきラインナップ!
はかた地どりを食べつくす」 というキャッチフレーズはダテではありません (^^ゞ

その他にも、炭火焼をはじめ目移りするようなメニューがズラリと。
鶏すきやきとかも食べてみたいなぁ~♪

まずは串をアレコレと味わってから、ラーメンへと進むことにしました(^o^)

ちなみにラーメンは、塩・白湯・醤油の3種が楽しめます。

 

卓上調味料

「まずは焼鳥をじっくり…」 と、いつもとは違う展開なので、うっかり卓上調味料を撮り忘れ(汗)

卓上には柚子胡椒などが並びます。

 

レバー

まずはシットリと香り豊かなレバーから。

塩とタレが選べますが、タレで頂きました。

絶妙に焼き上げられたレバーは、滑らかな食感とコクがステキ。

 

続いて皮をタレで。
皮は旨いお店で食べてこそ!その真価が分かる気がします^^
鳥鶏はもちろんバリウマ♪

 

白子

続いて白子をポン酢仕立てで。
レバーよりもプリッとした食感、そしてアッサリとした味わいが印象的です。

 

四ツ身とあか(もも肉の赤身)

四ツ身あかもも肉の赤身)も。
ふっくら&しっとり瑞々しい旨さ

もはや思わず、小躍りしたくなるような旨さです♪( ´▽`)

 

豚バラ

福岡県民としては ”焼鳥” といえども、豚バラは外せないところ。

やよい豚のバラを味噌でいただきました。
歌いたくなるほどの美味ですなぁ(笑)

思わず気になって追加した、とあるメニュー。
ネタバレになるので、ボカシをかけて公開します(^o^)
どんなメニューかはお店でご確認ください。

まだまだいくらでも食べられそうでしたが…
ふくめん2号が怖いので、ここら辺りで〆のラーメンへ^^;

 

フレッシュ&芳醇な香りと味わい♪ 鶏専門店が手掛ける極上鶏白湯

まずこちらは、こってり白湯らーめん 煮玉子入り

黄金色のスープがたゆたう丼からは、鶏の芳醇な香りが立ち上ります。

スープをひと口…ふわぁ~旨いねぇ♪(´ε` )
わずかにトロミをたたえたスープは、フレッシュで深~い鶏の旨味を存分に楽しませてくれます。

粘度は控えめ、くさみも無いので、良いトコだけをピュアに味わえますね。

麺は製麺屋慶史特注の、中細平打ストレート麺
柔らかなスープの旨味を纏いつつ、滑らかに口の中へと滑り込んできます。

きちんと存在感は示しつつも、スープのおいしさを損なわないバランス感が見事ですね。

具材はキメ細やかな肉質がステキな鶏チャーシュー、そしてシットリと旨い肉味噌が。

チャーシューはそのままでも充分に旨いのですが…
僕らは丼の縁に柚子胡椒を添えて、それをチョイと乗せつつ味わうのが大好き\(^o^)/

円やか&穏やかテイストの中に、ピ~ン♪と爽やかな辛さが加わり悶絶モノです(笑)

スープに肉味噌が馴染んでくると、更に深みのある味わいに。

ミンチのひとかけらすら残したくないくらいの旨さですねぇ~^^

 

7 黄金スープのあっさり塩らーめん 煮玉子入り(2019年9月) 

続いては、黄金スープのあっさり塩らーめん 煮玉子入り を。

こちらもまた、輝くスープの美しさに目を奪われるようなビジュアルです。

スープをひと口…うん、少し穏やかかな?
二口、三口…飲み進めるほどにその旨さがグイグイと加速

たおやかな味わいの中にも、ゆったり&じっくりとした旨さが潜む癒しの一杯です♪( ´▽`)

丸みを帯びた塩味は、佐賀県一の塩」 が生み出しているそうです。

あっさり仕立てのスープにも、上手くなじむ平打ち麺

こちらも柚子胡椒 on 鶏チャーシューで変化をつけてみるのもアリですよ~

 

6 昔なつかしい味 醤油らーめん(2019年9月) 

本当は「今日のところは一旦ここまで」の予定でしたが…
「もっと食べたい(汗)」 という僕の表情を察した2号のはからいで、醤油のハーフサイズを追加 (^^ゞ

こちらは、昔なつかしい味 醤油らーめん ハーフ です。

糸島にある優れた醤油醸造元 ”ミツル醤油” を用いたタレを使用。

極めて香り高く、落ち着いた中にも華やかさを感じる味わいでした (o^^o)


 

いや~来てよかったぁ~╰(*´︶`*)╯♡

更にブラッシュアップされた3種のラーメンは言うまでもない旨さでしたが…

改めて焼鳥のクオリティの高さにも舌を巻きました。
間違いなく博多でも指折りの存在ですよね!!

ちなみに、いよいよランチ営業の見通しも立ってきたとのこと。
ランチ再開後は当然ながら即行でリピしますが…その前に焼鳥とかをもっとじっくり味わいたいかも (^^ゞ

ランチ再開後にラーメン狙いも有りですが…
未食の方は是非とも一度、極上の鶏料理を味わってみてはいかがでしょうか?

 

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

5 白湯らーめん(2018年3月)

はかた地どりの絶品鶏白湯&醤油ラーメンと、バリウマなからあげに舌鼓♪

 

旨い鶏白湯&塩ラーメンが食べたくなったら、必ず思い浮かぶのがこちら。

昨年11月、ヤオクドームで開催された 「日本一!ホークスラーメンフェス」 には 「らぁめんシフク@榎田」 とのタッグで登場しました(^o^)

非とんこつラーメンの飛躍が目覚ましいと言われる、福岡ラーメン界ですが・・・
こちらは中でも秀逸な、指折りの存在です!

 

旨味がギュギュっと♪ とろ~りウマイ、黄金のスープにメロメロ

まずこちらは、白湯らーめん
玉子をトッピングしてみました。

黄金色に輝くスープからは、ふくよかな鶏の香りが♪
思わず頬が緩みます。

ズズっとひとくち啜れば・・・むふ~っ、旨い♪(´ε` )

トロリと円やかでスムーズな口当たりと、溢れ出る鶏の旨味に思わず舌鼓を打ちます。

慶史謹製の中太麺
滑らかな食感スープに負けない存在感で、丼全体を盛り立てます。

しっとりキメ細やかな鶏チャーシューは、流石専門店というクオリティ!

見た目だけでは分かりにくいですが、ひと口食べれば食感&コクのある味わいに驚くハズです^^

甘みがステキなそぼろがコレまた、アクセントとして秀逸。
一杯の満足感・説得力が素晴らしいですね♪

 

全てがツボにハマる♪ 懐かしくも洗練された極上の醤油ラーメン

続いてはしょうゆらーめんを。
なぜかこちらは玉子が丸のままという謎が(笑)

鳥鶏の醤油ラーメンは、ものすご~~く僕のツボでして (о´∀`о)

甘みがイイ感じなんだけど甘ったるくない。
どこか懐かしいのに、洗練された味わい。

ベーススープの良さと、醤油ダレのバランスが極めてハイレベル!
シェアして食べているのに、うっかり独り占めしそうな勢いです。

柚子胡椒を乗せて味わうとひと際ウマイ、鶏チャーシュー
カットの仕方からしてアツい白ネギ。スープと馴染む青菜も最高の箸休め

もっともつと多くの方に知って欲しい一杯です。

 

ゴハン+からあげ

こちらは、からあげ+ごはん=250円というお得なセット。

これまた、とりあえず出してます的なから揚げとは訳が違いますよ~(^o^)

シットリ&カラリ
ガブリといけばジュワっと肉汁が溢れます♪

このクオリティのからあげとラーメンと一緒に味わえるなんて、ホントシアワセ!

思わずパクパクとゴハンが進みますが、半分ほどでセーブ。
最後にスープ茶漬けを楽しんでシメとします(^-^)


 

今回もバリウマでした!
もっともっと多くの方に知って欲しい、食べて欲しいお薦めのお店です。

なかなか夜は動きづらい僕らですが・・・
鳥鶏は焼鳥なども絶品なので、次回は夜にリピしたいなぁ~(^^ゞ

 

4 塩らーめん(2017年3月)

はかた地どりの旨さを知り尽くす専門店が贈る、珠玉の鶏ラーメン3種をランチで堪能♪

しばらく夜営業のみとなっていましたが、久しぶりにランチ営業が復活したと聞きつけ再訪してきました。

基本、昼専門の僕らにとっては朗報です (^^ゞ

 

塩らーめん

まずは、塩らーめんから。

芳しい鶏ダシの香りが鼻腔をくすぐります。

それではズズっと・・・うん、旨い♪

円やかでキレのある鶏の旨味が、外連味なく押し寄せます。

輪郭がぼやけることはなく、しかし塩だれが勝ちすぎないバランス感

慶史特製の中細平打ち麺と、スープの絡みも上々です。

これは確実に以前からブラッシュアップされてますよっ\(^o^)/

 

3 しょうゆらーめん(2017年3月)

詳しくはこちらをタップ

続いて、しょうゆらーめんを。

これまたフワ~っと立ち上る香ばしい風味が、既にご馳走ですね。

ではではスープを。

鶏の旨味がギュ~っと詰まったスープに、キレの良い醤油ダレが効いてます♪

これまた旨いっ!

ダシ感たっぷり&変に甘くないのでメッチャ僕好みだなぁ~ (^^ゞ

 

2 白湯らーめん(2017年3月)

詳しくはこちらをタップ

ラストは白湯らーめん

こちらの白湯は、かなり黄色味がかった色合いが特徴。

トロリと円やかな味わいで、芳醇な鶏の香りがドバ~っと♪

それでいて妙なクセや重い感じはなく、軽やかさも持ち合わせています。

口当たりの良い平打ち麺との相性もバッチリ!

一体感が素晴らしいですね。

そして鶏チャーシューの旨さもまた特筆すべきポイント。

単にしっとりウマいレベルではなく、とにかく鶏の旨味が濃いっ (^o^)

そのままでも充分ですが、柚子胡椒を添えるとそれはもう堪えられない旨さ♪

鶏料理専門店の矜持を感じさせる仕上がりです。

 

ゴハン+からあげ

もちろん唐揚げも桁違いの旨さ^^

しっとりジューシーで、非常にコクのある味わい。

ある程度ゴハンと一緒に食べて・・・

残りはプチスープ茶漬けに。

お米の甘みと円やかスープのハーモニーが絶品です♪


 

明らかにパワーアップしてのカムバック!

清湯好き&鶏白湯好きは、見逃せない旨さだと思います (^^ゞ

是非ともお試しあれ。

次回は夜に、串もの・すきやき・親子丼なんかを楽しんでみたいです。

 

1 鶏白湯らーめん(2014年7月)

鳥鶏研究団 (1)

鶏を丸ごと食べつくす!鶏専門店で啜る上質な白湯らーめん

 

マイフェイバリット、シフク@榎田と深い関わりを持つ鳥鶏研究団。

上質な鶏スープ仕立ての醤油&塩を頂いたことはあったものの、鶏白湯もラインナップに追加されていることに気付かず^^;

そうと聞いてはじっとして居れず、早速行ってきました。

 

 店舗外観

鳥鶏研究団 (5)

住吉通り、ANAクラウンプラザの斜向かいにある、東住吉通りを300mほど進み、JRの高架に突き当たる手前あたりの右手にお店があります。

鉄人28号のオブジェが目をひく建物の1F

 

入口に看板が多数出ています。

周辺にはコインパーキングもあります。

 

食券機&メニュー

鳥鶏研究団 (8)鳥鶏研究団 (6)

お昼は食券制なので、入口すぐの券売機で購入して奥へ入ります。

ランチは塩・醤油・白湯3種のラーメンを提供。

唐揚とご飯がつくおトクなセットもあります。

 

ラーメン無しで唐揚定食というのもあり。

迷わず鶏白湯の唐揚げセットをチョイス^^

 

営業時間 

鳥鶏研究団 (7)

は博多地どりが主役の居酒屋さん。

お昼ラーメン唐揚のランチが頂けます。

テーブル席+カウンター席を完備しており席数もソコソコあるのですが、8~9割が埋まってました。

ランチは14時までなので、早めの来店がおススメです。

 

 より”鶏”に特化した印象のコクウマ白湯スープ

鳥鶏研究団 (1)

敢えてシフクで聞いたことは無かったものの、ネットの情報によるとシフクさんとこちらの”団長”は以前に鶏料理のお店で働いていたときからの仲間で、ラーメンはシフクさんがレクチャーしたとのこと。

真偽のほどは分かりませんが、確かに清湯(醤油・塩)のビジュアルも通ずるものがあります。

だからこそ、その味が気になる訳で^^

ビジュアル的にはシフクの白湯に比べシンプル

 

さてさて気になるお味は…

レンゲでひとくち啜ると、鶏の旨味と甘味がふぁ~っと広がります♪

鶏独特のクセを全く感じさせない、雑味のないスープは、程良いこってり具合で誰にでも好まれそうです^^

勝手なイメージで言うなら、鶏を主軸に魚介の旨味を重ねることで、更に奥深い味わいに仕上げているシフクに対して、こちらは鶏の味わいをストレートに打ち出した印象です。

おそらく鶏の種類や炊き方を含め、色々と異なるだろうと思いますので素人のイメージですが(^^ゞ

軽やかなトロミ舌触り、そして優しくコクのある味わいがイイですね~

 

スープと麺の一体感も上々

鳥鶏研究団 (3)

麺はかなり緩めのウェーブがかかっており、ほど良い太さ

おそらく清湯と同じ?麺だったと思いますが、マイルドな仕上がりの白湯スープとのマッチングも上々です。

 

 この発想が面白い!徐々に溶け込む鶏そぼろが独創的

鳥鶏研究団 (2)

主役はもちろん自慢の博多地どりを使ったチャーシュー

レア感を残した仕上がりで間違いない旨さ♪

面白いのが鶏そぼろ

しっかりと味付けされたそぼろが食べ進めるごとにスープへ溶け込みほんのりと味変する仕掛け。

これは面白いな~^^

大き目にカットされたキクラゲの食感もナイスなアクセントです。

 

 鶏唐揚は流石の旨さ

鳥鶏研究団 (9)

流石は鶏専門店。

サックリと揚がった唐揚は肉質も良くプリプリと旨いです。

ご飯と唐揚で食べちゃうのもアリですが、僕はご飯を半分残してスープ茶漬けで〆ました^^


 

通ずるものがあれどもシフクの白湯とはまた異なるベクトル

それぞれの味わいを楽しめます。

前回は夜行ったので串ものや焼き物を頂きましたが、これまた間違いない旨さでした!


良かったらいいね!お願いします♪

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日は異なる場合があります。

メニューや価格、内容などが異なる場合がございます。
また、店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
特に遠方から来店される際は、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認をお薦めします。

店舗情報はこちらから

鳥鶏研究団

昼総合点★★★★ 4.0