【東洋軒 本店@大牟田市不知火町】 間もなく創業70年!大牟田ラーメンと言えばこちら

大牟田市不知火町にある、「東洋軒 本店」 をご紹介します。

昭和26年(1951年)創業とのことなので、実に70年近い歴史を持つ老舗中の老舗ブランドです。

…なんと!? ということは僕のホームである 「東洋軒@小倉」 より、10年以上もこちらの方が古くからあるということに。

今気づきました^^;

大牟田を代表するコッテリ濃厚とんこつの人気店。

西日本新聞 のれんのヒストリー” によると、なんとそのルーツは久留米ラーメンではなく、”岡山から来た男衆だった” とのこと。

九州のとんこつラーメンと言えば、(鹿児島ラーメンなど一部を除き)その多くが久留米の流れを汲むイメージ。

しかも立地環境からして、まさかの情報に驚きました (^^ゞ

 

2019年6月 チャーシューメン+やきめしセット

そのルーツは岡山に? 濃厚&太麺とんこつに舌鼓

大牟田の東洋軒を味わうのは、2017年に久留米で開催されたイベント

とんこつラーメン誕生祭~久留米で生まれて80年~」 以来のこと。

ちょっとお久しぶりでございます^^

 

アクセス

大牟田駅から徒歩2分ほど。
駅前の一等地にお店があります。

近隣にはこちらも人気店のとんこつラーメン店 「福龍軒」 が。

 

店舗外観

元祖 大牟田ラーメン” の文字が掲げられた、打ち出し強めの看板。

大きな暖簾がはためいています。

お店の横には専用の駐車場スペースが。

埋まっている売は有料パーキングを使用すると、こんな特典があるようです。

 

おしながき

こちらは2019年6月時点のお品書き。

基本はとんこつラーメン1本
海苔、チャーシュー、野菜トッピングに加えて、ピリ辛もあります。

替玉・大盛が両方あるシステム。

その他に、人気のやきめし野菜炒めなどもあります。

 

卓上調味料

卓上には定番アイテムがズラリ。

む?よく見るとその後ろに 大牟田 炭鉱ラーメン なる期間限定メニューが。

竹炭を練り込んだ自家製麺を使用しているようです。

 

そのルーツは岡山に? 濃厚&太麺とんこつに舌鼓

いよいよ着丼、こちらは チャーシューメン です。

改めてみると、ビックリするほどスープが少なかったものの…

かなりの濃度だったので、食べている時は気づかなかったという^^;

とんこつフレーバーがギュっと立ったスープは、ひと口目からインパクト抜群!

ドロリと濃度が高めのスープは重厚感溢れる味わい、タレもギュギュっと効いたパワフルな一杯です。

なかなか武骨で頼もしい味わい♪(´ε` )

合わせるのは結構太めストレート麺

エッジが立った麺に濃厚なスープが絡み、かなり打ち出し強めの仕上がりです。

タイプ的には、替玉より大盛が合いそうですね^^

チャーシューは薄手のバラロールタイプが6枚

スープの味わいを活かした控えめな味付けです。

くちどけの良い海苔が、濃厚スープと意外にマッチします。

なんとなく気になったので、半やきめしが付くセットをチョイス。

レギュラーサイズは700円と結構いいお値段ですが、セットは+280円とオーダーしやすい設定。

ホクホクとした昔懐かし系の味わい&食べきりサイズでございます^^

濃厚スープとの相性もなかなか♪


 

ガツンと濃厚タレもギュギュっと、明快なウマさのスープ♪

食べ応えある太めの麺もまた、このスープとよく合う(^^ゞ

大牟田の筆頭格に相応しい、説得力ある一杯でございました。

同じくラーメン処の玉名エリアとも近いので、大牟田⇔玉名で食べ比べしてみるのも楽しいですよ~

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

東洋軒 本店