【博多うどん酒場 和八】誰もが食べやすいマイルドなカレーうどんが、看板メニューのお店

博多駅中央街(アミュプラザ博多 くうてん)にある、「博多うどん酒場 和八」をご紹介します。

2019年7月にオープンしたばかりのニューフェイス。

博多一口にら饅頭が看板メニューの「一優亭」などを手掛ける方がオープンされたお店だそう。

カレーうどんを主体として、昼間から飲める、うどん居酒屋スタイルです。

 

2 カレーうどん 揚げ湯葉&とり天(2019年8月)

野菜などの旨味が効いたカレーは辛さ控えめで、どなたでも楽しめるチューン♪

開業8周年を迎えるくうてんが、初のリニューアル。

4月から続々と新たなブランドが登場しています。

そんな中で、麺を提供する新店がコチラの「博多うどん酒場 和八」

カレーうどんが気になる~ということで、早速潜入してきました~👣

 

アクセス

博多駅から直結のアミュプラザ博多 くうてんの10Fにお店があります。

以前は確か、名古屋の味噌カツで有名な「矢場とん」があった場所だったような気がします。

 

店舗外観

白い暖簾と明るい木目の格子が、お出迎え。

うどんを持ち上げたようなロゴがステキですね。

 

店舗内観

カウンターとテーブル席で構成された店内。

店内奥には真っ青な空が見えます。

ちょっと細長い作りなので、通路とテーブル席の間が少し窮屈かも。

テーブル席同士もかなり近いので、壁側の席に行くにはちょっと一苦労です。

 

おしながき

こちらは2019年8月現在のおしながき。

メインのカレーうどんは色々とトッピングが選べる仕組み。

辛さも普通・辛口・ばり辛の3段階あります。

定番の温かいうどんや冷たいうどんもあります。

その他、創作系のうどんも。

マレーシア風の汁なしまぜうどんや、生からすみバターなどの珍しいメニューが気になりますね。

ご飯ものも充実。
親子丼やかつ丼の定番ものに加え、丸天丼といったものまで。

カウンター頭上には、おつまみ系のメニューがズラリ。

今回は、看板メニューであるカレーうどんに揚げ湯葉ととり天をトッピングしたものと、気になるのりわさびにしました。

 

野菜などの旨味が効いたカレーは辛さ控えめで、どなたでも楽しめるチューン♪

こちらが、カレーうどん 揚げ湯葉&とり天です。

ロゴマークが描かれた丼が印象的。

丼からは既にカレーのスパイシーな香りがしており、食欲をそそります。

トマトなどの野菜の甘みや旨味が効いたカレースープは、辛さがかなり控えめなので、誰もが食べやすいチューンです。

やっぱり辛口にしとくべきだったかな。

どことなくフルーティな味わいで、華やかな感じの味わいです。

麺は、博多らしいやわ麺タイプ。

モチモチで、口の中に入れた瞬間に小麦の甘みが広がります。

トッピングは、欲張りなので揚げ湯葉ととり天の2つをチョイス。

揚げ湯葉は、軽やかなパリパリ感とカレーに浸った際の湯葉独特の食感がイイ感じです。

とり天は、厚めの衣がフリッターっぽい食感で、かぶりつくと肉汁がジュワッとなります。

一緒に添えられた揚げネギも良いですね。

 

1 のりわさび(2019年8月)

こちらは、何とも気になった「のりわさび(冷)」

シンプルに茎わさびときざみ海苔が乗った一杯です。

うどんがちとヌルく、存分に楽しめなかったのが残念でした。

茎わさびは結構辛めで、うどんの甘みとのコントラストが良かったです。

海苔はもう少し量があると存在感が出て、良いかもなぁ~

 

肉巻きおむすび

こちらは、1号が大好きな肉巻きおむすび(笑)

甘めのタレに香ばしいゴマが効いた間違いなしの味わいです。


 

明るい雰囲気で、サーブも早いので、お仕事中のランチにもオススメ。

おつまみで一杯飲んだあとにも、食べやすいボリュームなのも良いですね。

カレーうどんは普通だと私には少し辛さが物足りなかったんですが、でも辛さが選べて、自分に合った食べ方ができるというのは大きなポイント。

蒙古タンメン 中本」や「辛麺屋 桝元」などのラーメン屋さん、「ココイチ」などのカレー屋さんでは辛さが選べるという文化はあるけれど、カレーうどんとなると少ないかも?!

選べるっていうのは、良い仕組みだと思います。

カレーうどんには目がないというそこの貴方、一度行ってみてはいかがでしょうか?

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

博多うどん酒場 和八