【ラーメン こまどり@新潟県新潟市】 割りスープ付き濃厚味噌ラーメンはココで誕生!

新潟県新潟市にある、「ラーメン こまどり」 をご紹介します。

昭和48年(1973年)に現在の濃厚味噌ラーメンの原型が登場。

岩室温泉への出店と経て、平成4年(1992年)に現在の場所へと移転したと伝え聞きます。

新潟5大ラーメン” のひとつに数えられる ”割りスープ付き濃厚味噌ラーメン” はこちらのお店が発祥。

週末ともなれば、もの凄い数のお客さんが訪れる超人気店です。

 

2019年5月 味噌ラーメン

割りスープ付き濃厚味噌ラーメン=一度食べたらきっと忘れられない味。

燕三条背脂ラーメン→杭州飯店」 「長岡生姜醤油ラーメン→青島食堂」 を食べ、3つ目の ”新潟濃厚味噌ラーメン” を味わう為に新潟市西蒲区へ。

京都拉麺小路にも出店している 「ラーメン 東横」 で味わった時から、元祖である 「こまどり」 を訪れてみたい♪と思っておりました (^^ゞ

 

アクセス

新潟駅から26キロほど。
最寄りの巻駅から2.5キロほどの場所にお店があります。
のどかか田園風景が広がるエリアです。

 

店舗外観

広い駐車場に車を停めてお店へ。

シンプルなファサードだったため 「ここでいいとかいな~?」 と見まわしてみると…
木板の看板を発見しました。

中に入ると懐かしの自販機や、すっかり目にする機会が減った公衆電話が^^

 

おしながき

こちらは2019年5月時点のお品書き。

”味噌” と付くラーメンだけで、なんと10種ものメニューが!

細かな違いは分かりませんが、単に具材が異なるのではなくスープや麺にも違いがあるようです。

更には塩ラーメンソース焼きそばなどのメニューも。

そして忘れてはならないのが ”餃子”
メニューの裏側には、その他にも様々なオツマミ系メニューが載ってます。

 

卓上調味料

南蛮味噌おろしニンニク

コショウなど数多くのアイテムがスタンバイ。

 

チューハイ

今回はなんとなく、チューハイから始めてみたり^^

 

餃子5個

登場した餃子は、このジャンボサイズ!!

早速ガブリといくと…こりゃウマいっ♪(´ε` )
しっかりとした厚手の皮タップリの餡が詰まっており、ひと口ごとに充実感が得られます。

これはマストでオーダーしておきたいメニューですね~

 

割りスープ付き濃厚味噌ラーメン=一度食べたらきっと忘れられない味。

いよいよ登場、こちらが 味噌ラーメン です。
味の濃さを調整できるよう、割りスープ付きで供されます。

確かにビジュアルからしてかなりの濃度^^;
まずは割りスープを加えずそのままでズズっと…うん、ウマいっ (^o^)

ドッシリと重厚感あるスープは、味噌の香りと豊かなコクを存分に楽しめます。

ベーススープは豚骨・鶏ガラ・乾物など、味噌は数種をお店でブレンドして仕上げているそうです。

濃厚な味噌ラーメンと言えばやはり札幌系の味を思い出しますが、その味わいは大きく異なる印象。

脂っ気が強くないなので、よりズバッと味噌の風味と味わいがストレートに楽しめます^^

合わせるのはガッツリ太めちぢれ麺
プリっぷりのモッチもちでウマイね~♪

スープのインパクトに負けない食べ応えある弾力感が魅力です^^

好みで少しずつ、割りスープや卓上の南蛮味噌を食べ進めていきます。

具材やキャベツ・モヤシ・ミンチなど。
味噌スープと野菜を煮込んで仕上げることで、具材との一体感が生まれていますね♪


 

味噌ラーメンもさることながら、ジャンボ餃子もメチャウマでした♪(´ε` )
こまどりを訪れたら、是非とも一緒に味わって欲しいです。

残る5大ラーメンは、”新潟あっさりラーメン” と ”三条カレーラーメン
こちらのレポートも、追ってお届けします!

 

 
良かったらいいね!お願いします♪

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。

店舗情報はこちらから

こまどり