【らーめん 陽八@博多区寿町】 八ちゃん~らーめん八のイズムを紡ぎ、南福岡に登場!

博多区寿町にある、「らーめん 陽八」 をご紹介します。

ガツっとパンチの効いたとんこつラーメンと、ウマいやきめしを楽しめるニューカマー。

太宰府 八ちゃんラーメン」 と、その流れを汲む人気店 「らーめん八@久留米市」 で修業されたご主人が営むお店だそうです。

 

1 やきめしセット(らーめん+やきめし)(2019年7月)

このラーメン&このやきめし♪ 近くにあるとホントに重宝する普段使いの鬼リピ系。

なかなか頻繁には行けないものの、らーめん八 はかなり好みのブランド。

その流れを汲むニューカマーが博多区に登場すると聞いて興味津々です (^^ゞ

ここ数日福岡を離れていたので、とんこつチャージをカラダが求めるこの日。

迷わず訪問して参りました♪

 

アクセス

JR 南福岡駅と、西鉄 雑餉隈駅、どちらからも400~450メートルほど。

NTT前交差点からちょっと路地に入った場所にお店があります。

 

店舗外観

真新しい壁面と看板。
白い暖簾がたなびくファサード。

少し先にはコインパーキングがあります。

 

店舗内観

営業時間はこんな感じ。
ランチとディナー、それぞれのコアタイムを中心に営業されています。

飲み始めが早ければ、夜は〆にも間に合うかも^^

 

おしながき

こちらは2019年7月時点のお品書き。

らーめんはデフォ1本!
サイドメニューも、やきめし・ぎょうざ・ごはんとシンプルです。

らーめん八を彷彿とさせる、やきめしセット(らーめん+やきめし)もあります^^

僕はモチロンこれ狙いで(笑)

 

卓上調味料

卓上にはニンニクゴマなど、定番アイテムがズラリと並びます。

 

このラーメン&このやきめし♪ 近くにあるとホントに重宝する普段使いの鬼リピ系。

手際よく調理され、ほぼ同時にラーメン&やきめしが登場。
この組み合わせはホント上がるよねぇ~(^^ゞ

まずはひとまず、らーめんから。
イニシエ系の丼の中には、い~い色のスープが。

早速スープを啜ると…おおっ、程よくコッテリ&甘ウマなスープがイイね~♪(´ε` )

とんこつ感脂の甘みタレの塩梅
三拍子がパン、パン、パンと揃った潔いウマさです。

合わせるのは、口当たりスムーズヒキの強いストレートの細麺

食感的には結構珍しいタイプかも?
歯切れよりも、しなやかなコシを持つたおやかな麺という感じですね~

具材は肉肉感のあるオーソドックスなチャーシューが2枚。

そしてネギのみという極めてシンプルな構成です。

この時代に迷うことなく/迷わせることなく、ストレートにズバッと。

この明快さと外連味の無さが、実に好感が持てます^^

 

やきめし

らーめん八を彷彿とさせる、ホワっとこんもりウマそうなやきめし (o^^o)

出来立てアツアツ、ふんわり&ホクホクの仕上がりです。

チャーシュー、カマボコ、玉子など具材もしっかりと。

これぞ、ラーメン店の ”やきめし”」 といった感じで、シンプルめの奇を衒わないウマさ!

まずはイッキに麺を啜り上げ、スープを飲み飲みじっくり味わいました♪


 

このラーメン&このやきめし♪
こういうお店が家や会社の近くにあると、ホントに重宝しますよね╰(*´︶`*)╯♡

気取らず、気ままに楽しめる、普段使い&鬼リピ系のお店です。

らーめん八が好きな人はきっとハマること間違いなし。
近くの人がうらやましいなぁ~^^;

 

 

掲載の内容は訪問時のものです。
訪問日とレビュー公開日、写真は異なる場合があります。
メニュー・価格・サービス内容などが異なる場合がございます。
店舗の営業時間や定休日などが変更となっている場合もあります。
遠方から来店される際など、事前に公式HPやお問い合わせにてご確認することをお薦めします。